芝田 勝茂(しばた かつも)

ファンタジー作家

石川県羽咋市生まれ。児童文学作家。著書にファンタジー『ふるさとは、夏』(福音館文庫・産経児童出版文化賞)『ドーム郡シリーズ三部作』(『ドーム郡ものがたり』『虹への旅』『真実の種、うその種』日本児童文芸家協会賞他・小峰書店)古典に題材をとった『サラシナ』『虫めずる姫の冒険』(あかね書房)。また近未来を描く『進化論』『星の砦』(講談社)がある。編訳に『ガリバー旅行記』『西遊記』『ロビンソン・クルーソー』子ども向けリライトに『銀河鉄道の夜』『坊っちゃん』(学研)伝記『葛飾北斎』(あかね書房2016)『織田信長』(学研2018)など。『空母せたたま小学校』シリーズ(そうえん社2015-2016)や『ぼくの同志はカグヤ姫』(ポプラ社・2018)では近未来と古典文学が融合する、ユニークなファンタジー世界を描く。日本ぺンクラブ会員。 2013年から2018年まで『縄文サマーキャンプ』を山梨県で個人主催で実施した。 HP『時間の木』http://home.u01.itscom.net/shibata/index.html


担当プログラム

講座

国内旅行

海外旅行

【講座】芝田勝茂『サラシナ』(あかね書房)より・イラスト佐竹美保[終了] 旅の原点を求めて -「更級日記」「伊勢物語」「土佐日記」に見る”旅と恋と人生”-