10名様から催行出発日限定添乗員が同行します特別講師が同行します

熊野の語り部・宇江敏勝さん同行

11/24(金)発 熊野古道・中辺路を歩く

  • 苔むした石畳の古道を往く
  • 杉の木立が多い中辺路(11月下旬)
  • 蛇形地蔵尊にて
  • 熊野九十九王子のなかでもとくに格式が高い滝尻王子
  • 法螺貝を吹く講師の宇江さん
  • 杉の巨木がそびえる大門坂
  • 那智大社にて、願いを祈念し、お焚き上げ

熊野三山(本宮・新宮・那智大社)への信仰は、古代人が山や水や巨石に祖霊が棲むと畏怖した原始信仰に、渡来した仏教が影響し、さらに熊野修験が重なりあって厳しい野生的な信仰であった。平安中期から鎌倉時代にかけては皇族・貴族が、やがて武士・庶民層に広まって「蟻の熊野詣」というほどに熱狂的に人々の心を駆り立てた。

1・2日目は晩秋の山道を、3日目は青く輝く熊野川沿いに車で移動、新宮、那智へ。
熊野権現をまつった王子や、杉木立の峠を越える古道をたどり、信仰のルーツを考える上で重要な熊野川へも視点を落とす。

【2011年秋の豪雨後、一部の区間が迂回ルート利用となります】

講師

宇江 敏勝(うえ としかつ)

熊野の語り部

1937年生まれ。熊野の中辺路に暮らす。山仕事の傍ら、森の恵みを享受し暮らした熊野の民俗を検証し、活写する。近著『山人伝』他、『世界遺産 熊野古道』『山びとの動物誌』等著書多数。







このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1午後:紀伊田辺駅集合。
車にて、熊野古道の中辺路の起点となる滝尻王子へ。かつて熊野三山の聖域のはじまりとされていた滝尻王子を見学後、再び車にて牛馬童子へ。ここから徒歩にて、近露王子、継桜王子などを解説を聞きながら巡ります。 
 ○歩行時間=約2時間
 ○歩行距離=約5km
  宿泊●民宿ちかつゆ泊 食事● - /  - / 夕
2終日:徒歩にて、中辺路を熊野本宮まで辿ります。(岩神王子周辺〜三越峠〜猪鼻王子〜発心門王子〜伏拝王子〜熊野本宮大社)
 ○歩行時間=約6時間
 ○歩行距離=約14km

夕刻:熊野本宮大社から路線バス(各自負担)で湯の峰温泉へ。
  宿泊●湯の峰温泉よしのや旅館泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3午前:車で移動。もう一つの熊野古道・熊野川の崖道に張り付いて伸びる川端街道を対岸に眺め、講師の解説を聞きながら新宮へ。
熊野速玉大社、神倉神社、那智大社、青岸渡寺、那智の滝へ。
午後:紀伊勝浦駅解散。

  宿泊●泊 食事●朝 /  - /  - 
出発日・旅行代金
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
11月24日(金)〜11月26日(日)3日間53,800円
ご旅行条件・他
最少催行人員●10名(定員16名)
添乗員●同行します。
利用予定航空会社●
利用予定ホテル●1泊目/民宿ちかつゆ 2泊目/湯の峰温泉よしのや旅館
お一人部屋追加代金●設定ありません
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●
※宿のお部屋は原則として男女別の相部屋(3~4名)となります。ご夫婦や友人同士で1室ご利用になりたい場合はご相談ください。追加料金がかかる場合もありますが、可能な限りご相談に応じます。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求