写真家・三浦和人さんと巡る

カメラ片手に旅に出る  『記憶に留まる「東京の名山」』

  • 撮影:三浦和人(講師)
  • 撮影:三浦和人(講師)

―俳句、短歌のように写真で「いま」を切りひらく―
あなたのいままでの蓄積を写真に表していきませんか、
そういう写真のありかたを身につけ永く楽しむための講座です。


東京の都心に山なんてと思っている人は結構いるでしょうね。でも地名に無くとも人々が山と呼び親しみ、憧れている場所があります。

れっきとした山、それに準ずる山、人造の山(築山・城山)、高台の総称としての山、今でも人々に親しまれ、憧れの的「山」を走破しようと計画を立てました。

どんな山が目の前に現れるか、記憶から表れるか、カメラ片手に登山と行きましょう。


撮影の際、路線バスや鉄道移動がある場合は、交通費は各自負担となります。

*撮影会と講評会の2回1セットの講座です。

【初めてご参加の方に限り、講評会のみ無料でご参加いただけます。参加者がどんな写真を撮っているのか、その講評とはどんなものなのか?ご興味のある方はお問合せください。】

※リバーサルフィルムを使用して、後日の講評会ではスライド投影していますが、デジタルカメラでのご参加も可能です。パソコンからプロジェクター投影、またはプリンター出力でお持ちいただいても大丈夫です。ご不明な点は、お気軽にお尋ねください。



講師

三浦 和人(みうら かずと)

何気ない日常や人々を素直に撮る

1946年東京生まれ。70年代に現れたコンポラ写真の代表的写真家。桑沢デザイン研究所写真研究科コース非常勤講師。写真集「会話 correspondence」、家族共著「もうひとつの天安門・親子で見てきた中国」ほか、1997年読売新聞に「夏六景」写真と文を掲載。1999年度「日本カメラ」フォトコンテストB部の選評を担当。易しい解説が好評。



スケジュール
内容
撮影会①2018年7月7日(土) 新宿区「おとめ山(御留山)」と「箱根山」 
11:00 JR山手線「目白」駅集合。16:00頃、都営地下鉄「若松河田」駅解散予定。途中、電車または地下鉄移動(各自負担)します。
※解散時間は当日の状況により前後する場合があります。


武蔵野台地の落合崖線に残された斜面緑地で江戸時代将軍家の狩猟場、御留山・御禁止山と呼ばれた。当時、谷中の蛍沢・王子の音無川・神田上水と妙正寺川の清流が落ち合うことが名の由来と言われている「落合」は蛍狩りの名所だった。今年は7月7日㈯・8日㈰に蛍祭りが開かれる。
箱根山は都内最高峰44.6メートルを誇る築山。江戸時代庭園を作る際に池を掘った残土で造成された築山で300年が経っている。その後、陸軍戸山学校用地になった頃から函根山・箱根山と呼ばれるようになった。
----
2018年8月5日(日)講評会
14:30-17:00 風の旅行社東京本社(中野区)7Fにて。
撮影した各自の写真をスライド投影しながら講評会。
-----------------------------------------------
撮影会②2018年9月1日(土) 渋谷区「西郷山」と港区「愛宕山」
 
11:00 東急東横線「代官山」駅集合。16:00頃、JR山手線「浜松町」駅解散予定。途中、電車または地下鉄移動(各自負担)します。
※解散時間は当日の状況により前後する場合があります。


「西郷どん」の実弟西郷従道が西郷隆盛の再起を願って当地付近を購入したが、西南戦争で隆盛が他界したため実現できず、従道の別邸として利用された。通称「西郷山」と呼ばれていた。
愛宕山は自然形成によって成立したものであると地質学的に立証されているが形成のメカニズムははっきりしていない。天然の山としては都内最高峰25.7メートル。江戸時代に撮影された愛宕山からの江戸市中の写真が残されている。NHKの前身の東京放送局は愛宕山から放送され、今は放送博物館となっている。
----
2018年10月6日(土)講評会
14:30-17:00 風の旅行社東京本社(中野区)7Fにて。
撮影した各自の写真をスライド投影しながら講評会。
-----------------------------------------------
撮影会③2018年10月20日(土) 城南五山 品川区 「花房山」・「池田山」・「島津山」・「御殿山」・港区「八ッ山」 
11:00 JR山手線「目黒」駅集合。16:00頃、JR山手線「品川」駅解散予定。途中、電車または地下鉄移動(各自負担)します。
※解散時間は当日の状況により前後する場合があります。


「花房山」は上大崎3丁目付近の高台で、明治・大正期の外交官であった花房義質の別邸があったことから呼ばれる。「池田山」は東五反田4・5丁目付近の高台で、備前岡山藩の池だけの下屋敷があったことから呼ばれる。また美智子皇后陛下のご実家旧正田邸跡も公園となっている。「島津山」は東五反田1・3丁目付近の高台で、旧島津公爵邸があり、今は清泉女子大学となっている。「御殿山」は北品川3・6丁目付近で、徳川将軍が鷹狩の折に休んだ品川御殿があったことに由来する。「八ッ山」は港区高輪3・4丁目付近の高台で、名称の由来は諸説ある。
----
2018年11月10日(土)講評会
14:30-17:00 風の旅行社東京本社(中野区)7Fにて。
撮影した各自の写真をスライド投影しながら講評会。
-----------------------------------------------
ご旅行条件・講座要項ほか

会場● いずれも東京23区内(集合解散地は別途ご案内いたします)
定員● 16名(最少催行5名)
参加費に含むもの●
講座代

この講座は撮影会と講評会で1セット、2日(2回)にわたる講座です。

ご出発日と料金
2018年
7月7日(土)11:00〜16:00
9,180円
2018年
9月1日(土)11:00〜16:00
9,180円
2018年
10月20日(土)11:00〜16:00
9,180円
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

▲ページの先頭へ