穂苅勲夫さんと歩く

関八州・日帰りの山

  • 出発前にコースの概要を説明
  • 講座風景(イメージ)
  • 過去の講座風景より(イメージ)

穂苅さんは実によく地図を見る。若い頃は“毛虫探し”と言われた岩場やルートが無いピーク、無名の渓谷などを穴の開くほど眺めたそうです。
樹木や山野草などにも詳しい穂苅さんが選ぶ静かな山々で、山歩きの基礎と自然のすばらしさを学びます。

講師

穂苅 勲夫(ほかり いさお)

東京雲稜会OB・関東有数の山岳ガイド

昭和14年生まれ。東京雲稜会会員。登攀のみならず、地図の読み方、高山植物や山野草の知識にすぐれ、星座やきのこ類、登る山や周辺の歴史などに興味を広げ、会のモチーフとなった地域研究(情報のない山や谷)のリーダーとして山の雑誌や『登山大系』に記録を発表している。名木、古木(巨樹)にも関心を持ち、調べ歩きながら、近年は登山の講師として大勢の人達に自然の楽しさを伝えている。



スケジュール
内容
武州 小仏城山(670m)
2017年3月25日(土)
会場:東京都八王子市(JR中央線高尾集合・解散)
日影沢林道を歩いてタカオスミレやニリンソウなど早春の花たちと再会します。
高尾駅=(バス)日影バス停~城山東尾根~小仏城山~日影沢林道~日影バス停=(バス)高尾駅
○地図:高尾・陣馬(昭文社)、与瀬・八王子(1/25,000)
○歩程:約8km・約4時間
○標高差累計:約450m
※白梅、ヤブツバキ、スミレ、ニリンソウ、ネコノメソウ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、タンポポなど
--------------------------
武州 青梅丘陵・雷電山(494m)、三方山
2017年4月8日(土)
会場:東京都青梅市(JR青梅線軍畑駅集合・日向和田駅解散)
北条氏照に滅ぼされた三田氏の辛垣城跡を訪れ、一面に咲くシャガの花に戦国時代の悲しい歴史を追想します。
軍畑駅~榎峠~雷電山~辛垣城跡~名郷峠~三方山(454m)~日向和田駅
○地図:奥多摩(昭文社)、武蔵御岳(1/25,000)
○歩程:約6km・約3時間40分
○標高差累計:上り約520m下り約500m
※シャガ、ミツバツツジ、レンギョウ、キブシ、ヤマブキ、ミヤマシキミ、ヤマザクラ、ハナモモ、ムラサキケマン、カキドウシ、キランソウ、モミジイチゴなど
--------------------------
相州 石垣山(262m)
2017年5月13日(土)
会場:神奈川県小田原市(JR東海道線早川駅集合・解散)
みかんの花の咲く頃、芳香につつまれ、青い海を眺めながら国の史跡・一夜城の石垣山に登ります。
早川駅~紀伊神社~真福寺~石垣山~海蔵寺~東善院~早川駅
○地図:箱根金時山・駒ケ岳(昭文社)、小田原南部(1/25,000)
○歩程:約4.5km・約3時間
○標高差累計:約300m
※ミカン、ニシキウツギ、マルバウツギ、ミズキ、ジシバリ、コウゾリナ、ムラサキサギゴケ、シラン、キランソウ、ベニバナユウゲショウ、キショウブ、クサフジ、ジャスミンなど
--------------------------
相州 足柄古道
2017年6月3日(土)
会場:神奈川県南足柄市(小田急線新松田駅集合・大雄山解散)
去年、足柄古道を地蔵堂から足柄峠を越え、足柄駅まで歩きましたが、今年は地蔵堂から関本まで歩きます。
新松田駅=(バス)地蔵堂(417m)~金太郎生家跡~家康陣馬跡~矢倉沢関所跡(末光家)~足柄神社~刈野駐在所前~白地蔵尊~関本(大雄山駅)
○地図:箱根金時山・駒ケ岳(昭文社)、関本(1/25,000)
○歩程:約13km・約5時間
○標高差累計:上り約100m下り約470m
※ウノハナ、ヤマボウシ、ヤマツツジ、エゴノキ、ニシキウツギ、ミズキ、ニガナ、ユキノシタ、ジシバナ、スイカズラ、キンポウゲ、ニワゼキショウなど
--------------------------
【終了しました】
房州 伊予ヶ岳(337m)
2017年1月28日(土)
会場:千葉県南房総市(JR内房線岩井駅集合解散)
・安房の妙義山ともよばれる双耳峰の山で関東百名山でもあります。暖かな山麓では水仙やローバイの他、菜の花や梅が咲きはじめていることでしょう。
岩井駅=(タクシー)六地蔵口~ 展望台~伊予ヶ岳南峰~北峰~南峰~平群天神社~天神郷=(バス又はタクシー)岩井駅=(JR)浜金谷駅(解散後、希望者は海辺の湯へ)
○地図:保田・金束(1/25,000)
○歩程:約3.5km・約2時間30分
○標高差累計:上り約250m下り約300m
※スイセン、ナノハナ、タンポポ、ローバイ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、スミレなど
--------------------------
【終了しました】
武州 顔振峠から越上山(567m)
2017年2月25日(土)
会場:埼玉県越生町、飯能市(東武越生線越生駅集合・西武池袋線東吾野駅解散)
源義経が景色の美しさに、何度も振り返りながら越えたという顔振峠から、昔は雨乞いの拝み山であったという越上山へ早春の日溜りを求めて登ります。
越生駅=(バス又はタクシー)黒山~顔振峠~諏訪神社~越上山~阿寺~間野~福徳寺~東吾野駅
○地図:奥武蔵・秩父(昭文社)、越生・正丸峠・飯能(1/25,000)
○歩程:約7.5km・約3時間45分
○標高差累計:上り約400m下り約440m
※ローバイ、白梅、紅梅、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、ヤブツバキ、マンサク、フクジュソウなど
--------------------------
ご旅行条件・講座要項ほか

会場● 2017年3月25日(土)
会場:東京都八王子市(JR中央線高尾集合・解散)

2017年4月8日(土)
会場:東京都青梅市(JR青梅線軍畑駅集合・日向和田駅解散)

2017年5月13日(土)
会場:神奈川県小田原市(JR東海道線早川駅集合・解散)

2017年6月3日(土)
会場:神奈川県南足柄市(小田急線新松田駅集合・大雄山解散)

定員● 15名
参加費に含むもの●

※現地での移動の交通費(路線バスやタクシーなど)は各自負担になります。 ※集合時間は午前10時頃および、解散時間は午後4時頃になりますが、それぞれの地域と天候などにより異なる場合があります。余裕をもってご参加下さい。

ご出発日と料金
2017年
1月28日(土)10:00〜16:00
4,320円受付終了
2017年
2月25日(土)10:00〜16:00
4,320円受付終了
2017年
3月25日(土)10:00〜16:00
4,320円
2017年
4月8日(土)10:00〜16:00
4,320円
2017年
5月13日(土)10:00〜16:00
4,320円
2017年
6月3日(土)10:00〜16:00
4,320円
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

▲ページの先頭へ