カンボジア「朝ランニングのススメ」

morocco_kiji048_06edited
(シェムリアップのホテル近くの街角)


旅先で、「海外でも体調管理するぞ!」という肉体派の方は、朝ホテルの周りをランニングする方も多いのではないでしょうか?

私も、旅先での朝ランニングが好きな方ですが、理由はどちらかというと「現地で摂取したカロリーはしょうがないよな~」と言い聞かせる(あきらめる笑)タイプですので、走る理由は「地元の土地勘を掴みたい」という方が強いです。

FOOTRVELカンボジアツアーでは、毎日のように地元の人々とサッカー交流試合がありますので、体をほぐすウォーミングアップとしても、土地勘を掴むにしてもお勧めです。

該当ツアー情報

【FOOTRAVEL】 ボールを持ってカンボジアへ!

8/16(金)・9/1(日)発 カンボジア サッカー交流とアンコールワット5日間 ─ 遺跡と農村の暮らしを知る ─

出発日設定2019/08/16(金)~2020/03/02(月)
ご旅行代金197,000円
出発地東京・大阪・名古屋



地元の人とのちょっとした出会いも楽しい


朝、ホテルの外に出ると、車やトゥクトゥクの数も少ないですし、まだ1日が動き始めたばかりの町の雰囲気の中で、地元の人々の日常が垣間見えるのが楽しいです。家の前を掃除するおばちゃんや、店の前でたばこを吹かしながら男同士の話をしているおじさんたちなど、普段の朝の風景を感じながら、ゆっくりとしたペースでランニングできます。


ちょいとお寺におじゃましてみたり


私はランニングの道中、地元の寺院があれば休憩がてらに、ちょっと寄らせていただいたりもします。まだまばらな参拝者の中で、ゆっくり歩きながら寺院を散策。1日の始まりに目を閉じて手を合わせ、心を落ち着かせると何だか良い1日になりそうな気がします。


カンボジア食の定番・クイティウ


ホテルがシェムリアップの場合は、いつも利用するホテルの近くに「オールドマーケット」というお土産屋が集まるエリアがあり、そのエリアの中に野菜や魚介類を扱う市場があります。その一角にお店の人たちが食事をとる事ができる屋台スペースになっていて、私の場合はいつもここをランニングのゴールに設定しています。走り終わった後のペコペコの胃に、温かく適度に塩分の効いたクイティウを食べるのが何とも旨いのです! しかも地元の人たちに混じりながらの雰囲気が楽しいのでお勧めです。


香ばしい香り漂う、カエルの串焼


さらに、毎日の朝食にバリエーションをつけるために、そのオールドマーケットの周囲の道ばたまで足を伸ばせばどころどころに屋台が出ていて、朝から力がつきそうな焼き鳥などのメニューにありつくこともできるのです。


朝のランニングで、心も身体も絶好調!


日程表には、『早朝:宿舎の周りをウォーミングアップも兼ねてランニング。朝食はそこでとります。』とは、もちろん書いていませんが、もしご希望があれば、みんなで朝ランもいいですね~。



*******


2015年8月に実施した、FOOTRAVELカンボジアツアーの様子を、たくさんの写真付でアップしていますので、ぜひご覧ください!
添乗報告記●「FOOTRAVEL」アンコールワット・地元の子ども達とサッカー交流!


関連ツアー ※2016年はゴールデンウォークと夏にも設定!

【FOOTRAVEL】 ボールを持ってカンボジアへ!

8/16(金)・9/1(日)発 カンボジア サッカー交流とアンコールワット5日間 ─ 遺跡と農村の暮らしを知る ─

出発日設定2019/08/16(金)~2020/03/02(月)
ご旅行代金197,000円
出発地東京・大阪・名古屋

「FOOTRAVEL」ツアー一覧


関連よみもの

現地からメッセージ「カンボジアでFOOTRAVELしましょう!」
添乗報告記●「FOOTRAVEL」アンコールワット・地元の子ども達とサッカー交流!


シェアする