ネパールのごちそうラーメン

ネパール・トレッキング中のバッディにて(ネパール・ランタンエリア)

かまどで調理中
山椒と岩塩が効いて美味しい
上:かまどで調理中 / 下:山椒が効いていて美味しい

旅をするときの大きな楽しみのひとつ、その土地々々の食。2011年に旅したネパールのランタン谷トレッキングの思い出には、ついつい人に伝えたくなる「食べもの話」がいっぱいです。
ランタン谷ならではの食べものは?と聞かれたら、私たちはまず「乳製品」と答えるでしょう。氷河谷の豊かな草地で育ったヤクの乳で作られるチーズ、ヨーグルト、ミルクティ。もちろん私も道中で、大いに味わいました。
でもそれよりも、私の舌が今なお鮮明に覚えている味は……インスタント・ラーメンの味です。

標高3,500mを越え、お腹もすいてへろへろしてきた頃に立ち寄った小さなバッディ(山小屋)。めったにお客がこないのか「たいした料理は作れないわよー」とバッディのおばちゃんが言っている様子。そこで売店にあるインスタト・ラーメンを調理してもらうことになりました。小屋の中央にあるかまどで湯を炊き、近所で採ってきた(と思われる)野菜を投入、その傍らで、山椒と岩塩を、丸石で砕くおばちゃん。

日本のインスタント・ラーメンのように即席という訳ではないけれど、しばらく待った後、この日の昼食ができあがりました。
ほどよい疲労と、青空の下。あのときの ‘ランタン流’インスタントラーメンを、また食べたいです。

★写真は、一緒に旅したスタッフ、ブラウン平山が撮影してくれたものです。



ネパール ランタン・トレッキングツアーはこちら



【4名様限定】復路ヘリコプター利用!

ランタン谷 ONE WAYトレッキング9日間

出発日設定2019/10/12(土)~2020/03/14(土)
ご旅行代金438,000円~493,000円
出発地東京・大阪・名古屋・福岡

関連ページ

facebookアルバム「ネパール・ランタントレッキング」




【風女子ときめき旅話】バックナンバーはこちら