地平線を追いかけて

[モデルプラン]東の果ての大平原 ノモンハンをめざす8日間

2名催行日本語ガイド

東モンゴルの大草原は360度地平線の世界

モンゴルの戦勝記念塔は眺めがよい

郷土博物館にはノモンハン事件の資料や武器、軍服などが展示されている

巨大な菩薩のレリーフ「フフ・ウンドリーン・オボー」

チョイバルサンのホテルイメージ。地方のホテルなので非常に簡素。

出発日設定2024/06/01(土)~9/30の(月)
旅行代金要問合せ
出発地東京
POINT
  • ノモンハンなどモンゴル東部で起きた戦場の跡地を訪れます
  • 手付かずの大自然の残る東部大平原をドライブ
  • オーダーメイド旅行なのでご希望の日が出発日です
詳細

遮るもののない世界、ほぼ360度地平線という風景がモンゴル東部にあります。このメネン平原はモンゴル最大の平原。ドルノド県の県都チョイバルサンからハルハ川河畔までの約300kmの間、轍に沿って走り続ける道の両側は果てしなく、同じような風景が延々と続いています。

このモンゴルでも有数の大平原を移動しながら、1939年に当時の日本陸軍とソ連とモンゴルの連合軍の軍事衝突、後にモンゴル人に「ハルハ河戦争」と称された戦争(日本ではノモンハン事件)が起きた戦地跡をたどります。

大平原や戦地跡のほか、 あらゆる罪業、障害などを粉砕する神様の「イフ・ボルハント」仏像、渡り鳥の飛来地としても有名で、モンゴル東部にある最大級の淡水湖であるボイル湖など見どころも多いです。

ノモンハンのツアーは受注型企画旅行(オーダーメイド旅行)のみで承ります

国内線のスケジュールが不確定かつ不安定なため掲載の日程はモデルプランとなります。お客様のご要望に合わせてフライトスケジュールの確認をしながら手配可能な日程を作成いたします。場合によっては片道または往復ともに車移動となるなど、大きくスケジュールが変更になる事もありますのでご承知おきください。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京ウランバートル

午後:東京(成田)発、MIATモンゴル航空にて空路、モンゴルの首都ウランバートルへ(飛行時間=約5時間半)。

夜:到着後、日本語ガイドとともに車でホテルへ。

ホテル
2日目

ウランバートルチョイバルサン

午前:日本語ガイドとともに、空港へ。その後、国内線にてドルノド県の県都、チョイバルサンへ。

午後:郷土博物館、ハルハ川博物館などを訪ねます。

ホテル
3日目

チョイバルサンハルハゴル

終日:車でモンゴルの東端ハルハゴルをめざします。(走行=約300km 約7時間)

ゲストハウス
4日目

ハルハゴル

終日:ハルハ川周辺観光。ハルハゴルでは戦勝記念タンクやハマルダワー記念碑を訪れます。

その後、ボイル湖を目指しつつ、途中、ハルハ川周辺に20か所ある記念碑、フフ・ウンドリーン・オボーなどハルハゴル周辺の見どころを周ります。

ゲストハウス
5日目

ハルハゴルチョイバルサン

終日:チョイバルサンへの道を車で戻ります。

ホテル
6日目

チョイバルサンウランバートル

午前:市内のザハ(市場)や郊外の遼の時代の仏教遺跡ヘルレン・バルス・ホト遺跡などを訪れます。

夕刻:国内線にてウランバートルへ戻ります。

ウランバートル着後、ホテルへ。

ホテル
7日目

ウランバートル

終日:ウランバートル市内観光。モンゴルの様々な民族や歴史が紹介されているモンゴル国立博物館や第8代活仏ボグドハーンの冬の宮殿でもあった、ボグドハーン宮殿博物館、社会主義時代の面影を残す旧国営デパート・ノミンデパートなどをめぐります。※訪問先は一例です。お客様のご希望に合わせて変更可能です。

ホテル
8日目

ウランバートル東京

早朝:車で空港へ。

午前:MIATモンゴル航空にて帰国の途へ(飛行時間=約5時間)。

午後:東京(成田)到着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2024/06/01(土)~9/30の(月) 要問合せ 東京 要問合せ
最少催行人員 2名 (定員10名) 添乗員 同行なし。現地係員がご案内。(但し8名以上の場合は同行)
利用予定航空会社 MIATモンゴル航空
利用予定ホテル

<ウランバートル>
バヤンゴル、フラワー、スプリングス、モンゴリカ、東横INNウランバートル

<チョイバルサン>チャダンゴート、ヘルレン
<スンベル村>ゲストハウスクラス

一人部屋追加代金 40,000円
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
2,000円(基準日2023年11月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 モンゴル入国時に6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要。
各国空港税/査証

●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
・成田空港諸税:3,010円
・国際観光旅客税:1,000円
・モンゴル諸税:4,700円(2023年12月現在)

●査証(ビザ)
不要
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 150,000円~260,000円(日本~ウランバートル往復/出発日・予約クラスにより異なります)
その他

・より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

・このご旅行は、日本語ガイドがご案内します。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2024/06/01(土)~9/30の(月) 要問合せ 東京 要問合せ