5名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

さすらいの馬頭琴・ホーミー男がご案内する

8/16(水)発 岡林立哉同行 モンゴルの大自然にひたる旅5・8日間

  • 大草原での乗馬も楽しみます はじめての方もいっしょに乗りましょう
  • こんな砂丘もなんのその
  • 草原の中の満天の星空の下でのショートライブは忘れられません
  • モイルト(後半)はバヤンウンジュール(前半)と違って山の中のキャンプ あっ野生のタヒだ!
  • 毎年訪問する遊牧民のお宅 この子も草原でたくましく育つことだろう
  • モイルトは丘に囲まれた中にある

【お願い】お申し込み、お問い合わせの際は、8日間か5日間かを明記下さい

◎岡林氏からのメッセージ
モンゴルを旅するということは、日本での日常生活では使わない自分の五感をフルに使って一日を過ごすということ。朝焼けの中ゲルを出て近くの丘に登り、はるか遠くの山から登る日の出を待つ。目を凝らし、耳を澄ませば、数キロ先に見えるゲルで遊牧民たちが目を覚ざめ、活動を始める気配を感じる。この旅で訪れるアルブルドキャンプ場、ホスタイ国立公園モイルトキャンプ場はモンゴルの真っ只中、限りなく自然に近いロケーションの中にあります。人口の灯り、音の一つもない中で満点の星空を見てもらいたくて、新月を挟んだ月のない時期に合わせて企画しています。そんなモンゴルの大自然、そして、自然の一部であるモンゴルの人たちに出会える旅。旅の間、星空の下や草原で馬頭琴、ホーミーももちろん聴いて頂きます。ぜひ、ご一緒にモンゴルへ行きましょう!
前回の旅の報告記はこちら


◎岡林立哉(おかばやしたつや)氏
馬頭琴・ホーミー奏者
大学時代、日本全国を放浪中、北海道で出会ったホーミーのオリジナルを求めて訪れたモンゴル。そこで馬頭琴とホーミーを習得後、馬頭琴一本で世界を訪ね歩き、帰国後、国内にて演奏を続けている。日本でも数少ないホーミー奏者の一人。岡林さんのホームページは、こちら!→馬頭琴・ホーミー奏者 岡林立哉公式サイト



岡林立哉氏によるホーミーと馬頭琴の演奏




ツアーポイント
1. 馬頭琴&ホーミー奏者・岡林立哉氏がご案内します
2. モンゴルの野生馬タヒに出会うことも
3. 星空観測が楽しめるよう新月にあわせた日程です
4. 草原から砂丘までモンゴルの乗馬もお楽しみいただけます
5. 参加いただきやすい5日間コースも設定しました

このツアーは割引サービスが適用されます。


関連よみもの


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1<5・8日間>
東京
ウランバートル
午後:東京(成田)から空路、首都ウランバートルへ。(飛行時間=約5時間30分)
夜:着後、岡林氏と日本語ガイドが出迎え、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 /  - 
2<5・8日間>
ウランバートル
バヤンウンジュール
午前:朝食後、市民の台所メルクーリ・ザハを散策します。
午後:車で大草原の中のツーリストキャンプに移動。着後、乗馬練習開始。天候が許せば、夜は星空観察と岡林立哉氏によるショートライブをお楽しみください。(走行=約3時間)
  宿泊●ツーリストキャンプ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3<5・8日間>
バヤンウンジュール
終日:引き続き、乗馬をしたり、遊牧民のゲルを訪問したり、天候が許せば、夜は星空観察と岡林立哉氏によるショートライブをお楽しみください。
  宿泊●ツーリストキャンプ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4<5日間>
バヤンウンジュール
ウランバートル
<8日間>
バヤンウンジュール
午前:引き続き、乗馬などでお楽しみいただきます。
<5日間>
午後:8日間コースの方や岡林氏と別れ、日本語ガイドと車でウランバートルへ。(走行=約3時間)
<8日間>
午後:引き続き、乗馬をしたり、遊牧民のゲルを訪問したり、天候が許せば、夜は星空観察と岡林立哉氏によるショートライブをお楽しみください。
  宿泊●ツーリストキャンプ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5<5日間>
ウランバートル
東京

<8日間>
バヤンウンジュール
ホスタイ
<5日間> (食事は機内食の朝食のみ)
早朝:日本語ガイドとともに車で空港へ。
午前:空路、帰国の途へ。(飛行時間=約4時間45分)
午後:東京(成田)到着。

<8日間>
午前:草原のツーリストキャンプでのんびりした後、車で道中、野生動物や峠からの展望を楽しみながらホスタイ公園へ移動。馬の原種ともいわれるモンゴル馬・タヒの保護センターへ。
午後:山の中に囲まれたツーリストキャンプ(モイルト・キャンプ)へ。(走行=約6時間)
  宿泊●ツーリストキャンプ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6<8日間>
ホスタイ
終日:日の出を見に近くの山に登ったり、高山植物やかわいい動物を探しながらのハイキングなどモンゴルの大自然に抱かれながらゆったりとした時をお過ごしください。運がよければタヒに出会えることも。
  宿泊●ツーリストキャンプ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
7<8日間>
ホスタイ
ウランバートル
午前:草原のツーリストキャンプでのんびり過ごします。
午後:車でウランバートルへ。(走行=約3時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
8<8日間>
ウランバートル
東京
早朝:日本語ガイドとともに車で空港へ。
午前:空路、帰国の途へ。(飛行時間=約4時間45分)
午後:東京(成田)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発
2017/8/16(水) <5日間>252,000円
2017/8/16(水) <8日間>308,000円
大阪発
2017/8/16(水) <5日間>要問合せ
2017/8/16(水) <8日間>要問合せ
名古屋発
2017/8/16(水) <5日間>要問合せ
2017/8/16(水) <8日間>要問合せ
ご旅行条件・他
最少催行人員●5名(定員15名)(※内5日間コースは5名定員)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(現地では岡林立哉氏が同行します)
利用予定航空会社●MIATモンゴル航空(OM)
利用予定ホテル●利用予定ホテル:[ウランバートル]シティ、パレス、モンゴリカ、バヤンゴル、フラワー、コンチネンタル [ホスタイ]ツーリストキャンプ・モイルト(ロッジ泊)、[バヤンウンジュール]ツーリストキャンプ・アルブルド(ゲル泊) ※ツーリストキャンプ(ロッジ、ゲル)はいずれも原則として男女別3~4人1室の相部屋になります。そのため、一人部屋利用はできません
お一人部屋追加代金●16,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●2,000円 (基準日2016年11月1日)
●ツアー代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

【事前徴収するもの】
・成田空港諸税2,610円
・モンゴル出国税:970円
(基準日2016年11月1日)

●旅券(パスポート)
入国時に有効期間が6ヶ月以上必要

●査証(ビザ)
不要

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

●フライトスケジュール(2016/10/1現在の予定)
・成田発着
OM502 成田14:40発/ウランバートル20:10着
OM501 ウランバートル 08:55発/成田13:40着
(スケジュールは変更になる可能性があります)


 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2016-07-31発/総合評価★★★★

ありがとうございました!

・ホテルの相部屋希望がかなえてもらえず残念でした。旅行の最終日にわかりましが、もうおひとかた相部屋希望を出していたそうなので、知ってしまうとやはり損した気分です。
・なぜこのツアーを選んだかというと、パンフレット「風のモンゴル」を見ればみるほど、どのツアーにも行ってみたくて選びかねているところ、別紙の特別企画的なツアーに賭ける気持ちが湧いたのでした。
・スタッフの皆さんが愛情を持ってるんだろうなあと感じられる自然や文化に触れる現地密着のツアーは、とても気持ちのよいものでした。旅行代金はそれ相応だと思います。せっかく旅行するなら1週間以上の滞在をしたいです。しかし、個人的にはそれなりの負担ですので、がんばって捻出して、ぜひまた風の旅行に参加したいです。
・Aさん、ガイド、同行の皆さんとも、あっという間に仲良くなれてしかも好きなことを言い合える雰囲気だったので、あれこれ感じたことや考えたことも溜め込まずに自然な感じで過ごすことができました。何よりのギフトかなと感じています。
A林さんのホーミーと馬頭琴がある生活も、なんとドラマティックな旅だったかと思います。ロードムービー的にビデオを撮りたかったです。
・参加者4人ではもったいないです。(参加者にとってはありがたいですが)
この企画にこめられている思いやエッセンスをもう少しチラシに出しても良いのかもしれません。私は、直感で決めてしまったので行く前は細かく読み込まなかったのですが、あとで見直すと、「風のモンゴル」に掲載されているツアーとの違いがあまり見えませんし、むしろパンフレットは情報が充実しているので、比較すると今回のツアーのチラシって情報不足感があり・思ったほどインパクトがないように思います。
(ちゃんと見てなかった私が言うのもなんですが、もっと参加してほしいですから。)

おかえりなさい
部屋の件は、大変申し訳ありません。弊社の調整ミスです。お一人部屋の追加代金はご返金致します。      

  • 2015-08-10発/総合評価★★★★★

バスにシートベルトがないのは安全面でいかがなものか。(しかもレンタルではなく貴社所有のもので。)      

  • 2015-08-10発/総合評価★★★★

今回の3度目のモンゴル、道にも迷わずスムーズに日程が進んで楽しい旅でした。けど毎回感じるのが車の安全性。モンゴルでは単純な車の方が良いらしいですが、横転しそうでこわいです。羊をさばいたり、一人で乗馬をしたり、日本ではできない貴重な体験の数々、天候にも恵まれ、すばらしいツアーでした。モンゴル最高です。ありがとうございました。      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求