さすらいの馬頭琴・ホーミー男がご案内する

岡林立哉同行 モンゴルの大自然にひたる旅8日間

6名催行日本語ガイド

乗馬では遊牧民にお世話になります

バヤンウンジュールのツーリストキャンプではゲルに宿泊します

モンゴルで初めての乗馬、そんな人も実は多いのです

こんな砂漠にも行っちゃいます

大自然が岡林さんのステージ

波打つ草原を走る

流星が飛び交う星空(モンゴルの草原にて)

毎年訪問する遊牧民のお宅にて 家畜がいっぱい!

天候に恵まれれば草原の夜は満点の星

謎の線画が残る岩山

モイルトキャンプはなだらかな丘の中にあります

モンゴルマーモット・タルバック発見!

あっ!タヒだ。ホスタイ公園で見かけた野生馬

遠くに大角の旦那?も見えました。モンゴル語でボッカ でっかい牡鹿です。

出発日設定2024/07/31(水)
旅行代金428,000円
出発地東京
POINT
  • 馬頭琴&ホーミー奏者・岡林立哉さんがご案内します
  • モンゴルの野生馬タヒに出会うことも
  • 星空観測が楽しめるよう新月近くに設定しました
  • 草原から砂丘までモンゴルの乗馬もお楽しみいただけます
早割60
詳細

◎岡林さんからのメッセージ2024
初めてモンゴルへ行って以来20数年たった今でも、毎年新しい感動を与え続けてくれるモンゴル。遊牧民のシンプルな暮らしの中にある力強さ、温かさ。そしてその暮らしの場である大草原の美しさ。そんなモンゴルを皆さんに体験してもらいたくて初めたこの旅。宿泊するアルブルドキャンプ場、ホスタイ国立公園モイルトキャンプ場はモンゴルの大自然の真っ只中にあります。満天の星空を見てもらいたくて、新月を挟んだ月のない時期に合わせて企画しました。旅の間、星空の下や草原を見下ろす山の上などで、馬頭琴、ホーミーの演奏ももちろん聴いて頂けます。運が良ければ田舎の歌手との共演も。ぜひ、一緒にモンゴルへ行きましょう!
過去の旅の報告記はこちら

◎岡林立哉(おかばやしたつや)さん
馬頭琴・ホーミー奏者
大学時代、日本全国を放浪中、北海道で出会ったホーミーのオリジナルを求めて訪れたモンゴル。そこで馬頭琴とホーミーを習得後、馬頭琴一本で世界を訪ね歩き、帰国後、国内にて演奏を続けている。日本でも数少ないホーミー奏者の一人。岡林さんのホームページは、こちら!→馬頭琴・ホーミー奏者 岡林立哉公式サイト

岡林立哉氏によるホーミーと馬頭琴の演奏

 

乗馬の目安

乗馬日数2~2.5(日)

対 象未経験〜乗馬レベルについて

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京 ウランバートル バヤンウンジュール

午後:東京(成田)から空路、首都ウランバートルへ。

夕刻/夜:着後、日本語ガイドが出迎え、そのまま車で大草原の中のツーリストキャンプへ。(走行=約130km、3時間)

ゲル
2日目

バヤンウンジュール

2~3日目共通

終日:乗馬。最初は練習。その後、大草原砂丘へ馬で繰り出しましょう。慣れてくれば遊牧民のゲルを訪問したり。天気が良ければ1日は車で近くの岩山ゾルゴルハイルハンまで謎の岩絵を見たり、野生のヤギを探しに行ってみましょう。(走行=片道約2時間)そして、夜は星空観察岡林立哉さんによるショートライブをお楽しみください。

ゲル
3日目

バヤンウンジュール

2日目に同じ

ゲル
4日目

バヤンウンジュール ホスタイ

午前乗馬やラクダ乗りなどをお楽しみいただきます。

午後車でホスタイ公園へ。馬の原種ともいわれるモンゴル馬・タヒの保護センターで、4WD車に乗り換え、丘に囲まれたツーリストキャンプ(モイルト・キャンプ)へ。(走行=約250㎞、約6時間)

ロッジ
5日目

ホスタイ滞在

終日:ネイチャーガイドとともに、日の出を見に近くの山に登ったり、高山植物かわいい動物を探しながらのハイキングなどモンゴルの大自然に抱かれながらゆったりとした時をお過ごしください。運がよければタヒに出会えることも。

ロッジ
6日目

ホスタイウランバートル

午前:国立公園内を4WDでタヒを探しながらタヒ保護センターへ。

午後:車に乗り換えて、ウランバートルへ。(走行=約100㎞、約3時間)

ホテル
7日目

ウランバートル

終日:ウランバートルを巡ります。モンゴルに息づくチベット仏教の大学「モンゴル伝統医学大学」を訪ねたり、自然史博物館やチンギスハーン広場などを観光したり、馬頭琴の工房を訪問したりします。スーパーマーケットやカシミヤショップなどにも立ち寄ります。

ホテル
8日目

ウランバートル 東京

早朝:日本語ガイドとともに車で空港へ。

午前:空路、帰国の途へ。

午後:東京(成田)到着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2024/07/31(水) ¥428,000 東京 催行人員到達・残席僅か 残席2名様!
最少催行人員 6名 (定員12名) 添乗員 同行なし。現地係員がご案内。(成田から岡林立哉さんが同行します)
利用予定航空会社 MIATモンゴル航空(OM)
利用予定ホテル

【ウランバートル】バヤンゴル、フラワー、モンゴリカ
【バヤンウンジュール】ツーリストキャンプ・アルブルド(ゲル泊)
【ホスタイ】ツーリストキャンプ・モイルト(ロッジ泊)
※ツーリストキャンプ(ロッジ、ゲル)はいずれも原則として男女別3~4人1室の相部屋になります。そのため、一人部屋利用はできません

一人部屋追加代金 20,000円 (ホテル泊のみ。ゲルやロッジは原則として男女別3~4人1室の相部屋になります。そのため、1人部屋利用は出来ません)
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
2,000円(基準日2023年11月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 モンゴル入国時に6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要。
各国空港税/査証

●旅行代金に含まれないもの(2024年5月現在)
【事前徴収】
・成田空港使用料:3,010円
・国際観光旅客税:1,000円
・モンゴル諸税:30$(約4,800円)

●査証(ビザ)
不要
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 150,000円~260,000円(日本~ウランバートル往復/出発日・予約クラスにより異なります)
その他

【注意事項】
※天候によっては星空観察ができないこともあります。
※人数によっては車が分乗になる場合があります。

●ツアー代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など

●フライトスケジュール(2023/11/13現在の予定)
・成田発着
OM502 成田14:40発/ウランバートル19:15着
OM501 ウランバートル 07:45発/成田13:40着
(スケジュールは変更になる可能性があります)

・より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

・このご旅行は、日本語ガイドがご案内します。

・このご旅行は「早割60」の適用対象です。(ご出発日の前日から起算して60日前までのご成約で、ご旅行代金を5,000円割引いたします)

お申し込みの流れはこちら

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2024/07/31(水) ¥428,000 東京 催行人員到達・残席僅か 残席2名様!

たびとも募集

2024/07/31女性

2回ほど、セレクト乗馬に参加させていただきました。今回はラクダにも挑戦!!某ドラマの一員になったつもりで、ご一緒に楽しみませんか?

【担当者より】6名催行のツアーです。馬頭琴奏者で、星にも詳しい岡林さんが同行する毎年人気のツアーです。満点の星空が期待できる新月にあわせて出発日を設定しました。大草原&満天の星空の下でのライブも!

いってきました!

出発日:2023.08.16

評価:

この度は、ありがとうございました。(講師の)Aさんのおすすめ場所すべて美しく、魅力的な旅でした。まだまだ、モンゴルの香り、風景、人の温かさが恋しくもう行きたいと思っている日々です。

出発日:2023.08.16

評価:

現地の天候などで自在に調整しつつ、オリジナルな内容が、短期間に色々と体験できて、しかも忙しい感じがなく、とてもとても良い旅でした。
参加の方々も、マニアックな旅を今までにいろいろと体験された、心身丈夫で気持ちの良い方ばかりでした。
どちらも、秘境に強い御社ならではかなと思います。
問題はなく、全体通して大満足です。関わってくださったすべての方々に感謝です。
自戒を含めて細かいことですが、

1,毎朝、草原散歩や山登りをすると靴が中までびしょぬれになり、その日に履くものに困りましたので、スニーカーに防水スプレーをしてくるか、軽くて防水の靴が一足あったらよかったなと思いました。

2、トイレットペーパーの細切れは、今はいいかと思わず常に持って歩けばよかったです。外出時間が伸びたり、トイレでも切れていたり、ちゃんと持っている方に分けていただき助かりました。

3、ウランバートルで、できたら市場とか路面店とかを少しでものぞけたら、嬉しかったです。そこは(講師の)Aさんでなく、風の旅行社さんのリサーチでしょうか。

おかえりなさい!

市場(ザハ)を以前は入れていましたが、観光客でも安全なザハが無くなってしまい、現在は入れていません。ザハで安全を確保することは大変難しいのでご理解ください。

出発日:2023.08.16

評価:

選択された場所もそこでのスケジュールもとても良かったと思います。(講師の)Aさんの経験値が生んだツアーであることを感じましたし、それを存分に楽しませて貰いました。どれが欠けて欲しくない内容でした。定員が少人数なのも良いと思いましたし、ナイスメンバーでした。ツアー初体験でしたが、とても良い企画のツアーに参加出来てとっても満足しています。

私はモイルトのキャンプにスマホを忘れるというドジをしでかしました。(ガイドの)Bさんに連絡を取って貰い、キャンプのオーナーにバイクに乗って私たちの居る所まで持って来て下さいました。私達の居る場所がカーブで見えたらしく、草原の窪みを直線で走ってくる姿は映画の1シーンのようでした。スマホを受け取った時に、感激して思わずオーナーに抱きついてしまいました。帰国してから、同行メンバーの共有LINEで繋がったチャットに反省のひと言を書いたら、『Cさんのお陰で、洋服で食事をサーブしていたオーナーが、民族衣装を纏って道の無い丘をバイクで颯爽と降りてくる姿を感動しながら見ることができて、とても有難かったです』とコメント頂き、ちょっと癒された気分になったのでした。
ツアーで同行者がいるせいか気が緩んだのか、いっぱいのドジをしでかしました。皆さんに助けられ、特にBさんには沢山のSOSを出し、助けて貰い感謝しています。よろしくお伝えください。

おかえりなさい!

草原は、空気が違いますね。気持ちがとてもいい。多少のことは、モンゴルの人たちは気にしませんからご安心ください。

出発日:2023.08.16

評価:

とてもアクティブで感動的な大自然にどっぷり浸かることができたツアーでした。

出発日:2023.08.16

評価:

旅のしおりの日程的なもの、内容が少しずれていて、後で記録をする時に記憶が少し混乱しました。自分自身の問題でもありますが‥‥
参加した方たちが、すっかり仲良くなり、心に残る旅となりました。
ありがとうございました<(_ _)>

出発日:2023.08.16

評価:

今回は全員家族的で親切でとても良かったが、出発が遅れて到着がおそくなったり、時間に余裕のない時は不安。トイレが遠いのが心配。今回雨が1回だけでしたが、夜大雨だと不安。
講師のAさんはいつも落ち着いており安心感がある。山上の演奏もあり、とても楽しかった。まぁ皆んな仲良しで、家族的でしたよ。
草原は素晴らしいです。あの草原をずっと保てますように。
星はきれいですが、知識人がいなくゆっくり星をながめることは有りませんでした。ほしの説明が出来る人がいて、ゆっくり観察できると良い。

出発日:2022.08.22

評価:

ほんとに、ほんとに素晴らしい旅行となりました。広い草原に佇んでみたいという夢が叶い世界情勢などのニュースも届かず別世界での一週間は多くの方に体験していただきたいと思いました。又、(講師の)Aさんという芸術家であり、ネイチャーガイドのプロの方の同行で様々の特典に預かった形です。
いつも肩しく馬頭琴をかついでおられ、いろいろ自然の中で風の音と馬頭琴の音色が合まって申し訳ない位、いい思いをさせていただきました。ありがとうございました。

出発日:2019.07.29

評価:

Aさんの臨機応変な対応がよかったです。
ウランバートル以外、買物(お金使わない)しない毎日は、本当に大自然だけを満喫できました。ゲルでの宿泊もすごく良かったです。モンゴルのどこまでも続く大平原はすばらしかったです。
乗馬も、私はそんなに関心がなかったんですが、毎日二時間以上乗っていると、乗馬の楽しさも味わえました。
全てが充実した旅でした!

出発日:2019.07.29

評価:

「馬に乗って広い草原を眺めたい」の願いが十分達せられました。その上、車でのハイキング、珍しい景色、動物、壁画、ゲルでの生活、岡林さん、現地ガイド、乗馬インストラクター、同行した人達、ゲルの家庭訪問…etc、数えればきりがないほどすばらしいことに出会え、たくさんの感動をいただきました。
ありがとうございました。

出発日:2018.08.08

評価:

この旅行を1年前に決めていましたが、その想像期待以上の素晴しい旅が出来ました。ガイドのお2人も、現地の遊牧民もまるで長年のお友達の様な安心感で、滞在中はリラックスして楽しめました。また、機会があればぜひぜひ参加したいと思います。いろいろお世話になりました。多謝!

もっと見る

このツアーに関連するタグ

#乗馬 , #芸術 , #星空 , #交流