4/6(月)〜8/31(月)の間は臨時休業中です。
【海外ツアー】9/30(水)出発までの海外ツアーをすべて中止いたします。( 詳しくはこちら
ウェブサイトからのお問い合わせ・仮予約はお気軽にご利用ください。

【国内ツアー】仮予約・お問い合わせは、ウェブフォーム、Eメール、FAXをご利用ください。
※電話でのお問い合わせは東京本社(0120-987-553)へお願いいたします。
臨時休業中のため、留守番電話での受け付けとなりますが、後日担当者よりご連絡いたします。

アムチ小川康さんと歩く

9/5(土)発 ~信州上田・別所温泉で学ぶ~ 百薬-ひゃくやく-の世界

6名催行

森のくすり塾

森のくすり塾室内

森のくすり塾

ソバの花

森のくすり塾

富山県薬用植物指導センター展示室

富山県薬用植物指導センター展示室

センブリ

当帰(トウキ)

野倉のムラサキの花

森のくすり塾の小川さん

森のくすり塾

パニのおさんぽ弁当

おさんぽ弁当のお昼

出発日設定2020/09/05(土)発・2日間
旅行代金39,500円
出発地別所温泉駅
POINT
  • 身近な薬草、中国の生薬、和漢薬、インド、チベット、西洋薬まで・・・。いざ、百薬を巡る旅へ!
詳細

小川さんより

その名のとおり百種類の薬を解説します。ゲンノショウコ、ドクダミなど身近な薬草から、大黄、甘草、麻黄など中国産の生薬、そして陀羅尼助や反魂丹など日本各地に伝わる和漢薬。ナツメグ、シナモンなどインド産のスパイス、青いケシなどヒマラヤの薬草と、チベット医学の丸薬、また白柳に由来するアスピリンなど西洋薬も百薬の仲間に入れるとおおよそ百種類に到達します。見て、触って、嗅いで、味わい、そして講釈に耳を傾けながら百薬の世界を御堪能ください。

★本ツアーは、GO TO トラベルキャンペーン対象ツアーです。

講師

小川 康 (おがわ やすし)

東洋と西洋の医学を薬学で結ぶ情熱の薬剤師

富山県出身。1970年生まれ。「森のくすり塾」主宰。東北大学薬学部卒。薬剤師。元長野県自然観察インストラクター。薬草会社、薬局、農場、ボランティア団体などに勤務後、 99年1月よりインド・ダラムサラにてチベット語・医学の勉強に取り組む。2001年5月、メンツィカン(チベット医学暦法学大学)にチベット圏以外の外国人としては初めて合格し、2007年卒業。晴れてチベット医(アムチ)となる。チベットの歌や踊りにも造詣が深い。2009年7月小諸に富山の配置薬を扱う「小川アムチ薬房」開店。(現在は「森のくすり塾」に改称、長野県上田市野倉に移転、開業)2015年3月、早稲田大学文学学術院を卒業。修士論文のテーマは「薬教育に関する総合的研究」 著書:『僕は日本でたったひとりのチベット医になった ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと』(径書房)『チベット、薬草の旅』(森のくすり出版)

『チベット医・アムチ小川の「ヒマラヤの宝探し」』を風の旅行社社サイト内で連載中。

担当講座一覧

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

別所温泉駅南條旅館野倉の森のくすり塾別所温泉

午後:13時頃に、上田電鉄別所線・別所温泉駅に集合。

(各自昼食を済ませてご集合ください。)

小川さんと一緒に南條旅館へ。

午後:荷物を宿に預けて、旅館の送迎バスにて森のくすり塾へ。

午後から夕刻まで室内で百薬講座前半。

終了後、散策しながら旅館へ。(約30分)

夕食後、小川さんと懇談会

旅館
2日目

南條旅館野倉の森のくすり塾 南條旅館 別所温泉駅

午前(09:00):南條旅館のロビーに集合。

旅館の送迎バスにて森のくすり塾へ。

到着後、百薬講座後半。

終了後、茶房パニ(open cafe)のお弁当を薬房で食べます。

午後:山道を散策し薬草観察しながら別所温泉へ。15時ころ、別所温泉駅にて解散。

 

(注)天候に応じて屋外散策と室内講座を入れ替えることがあります。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2020/09/05(土)発・2日間 ¥39,500 別所温泉駅 募集中
最少催行人員 6名 (定員10名) 添乗員 添乗員は同行しません。現地係員がご案内します。
利用予定ホテル

南條旅館

その他

※別所温泉駅までの往復交通費が必要となります。
※本ツアーは、GO TO キャンペーン対象ツアーです。
※ご夫婦での個室利用、及び一人部屋希望の場合はお問合せください。
※より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2020/09/05(土)発・2日間 ¥39,500 別所温泉駅 募集中