2名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

メコン川を渡って国境越え

バンコク発寝台列車、旅人の楽園バンビエンとルアンプラバーン7日間

  • ナイトマーケットは民芸品やお土産が盛りだくさん(5日目)
  • メコン河畔の村の『民家でいただく食事(一例)(6日目)
  • ラオス伝統の儀式バーシーで旅の無事を祈る(6日目)
  • ルアンプラバーンの朝は托鉢で始まります(6日目)
  • ユニークな彫像がならぶブッダパーク(3日目)
  • ラオス国境までの寝台列車はここバンコクの中央駅から出発(2日目)
  • 三島由紀夫の小説でも知られるバンコクの名刹暁の寺(2日目)
  • バンビエンはほっと落ち着くこじんまりとしたリゾートだ(4日目)

●哀愁のラオス
一昔前まで、ラオスは少し遠い国でした。ビザが必要でしたし、バックパッカーたちは、バスや列車でタイ北部のノンカイに行き、そこからラオスへ入国したものです。2007年以降ビザが不要になって、ルアンプラバーンが世界遺産に登録され旅行者の数も爆発的に増えました。
今回バンコク中央駅から寝台列車で国境を目指し、そこから友好橋を越えてラオスをめざします。そして旅人の楽園バンビエンで連泊し、世界遺産ルアンプラバーンを終着地とするプランです。バンコク発の寝台列車は2016年リニューアルされて快適。ルアンプラバーン延泊も応相談。
ツアーポイント
1. ラオスへはタイのバンコクから寝台車と列車(または車)を乗り継いで入国
2. バンコクでは珍しい線路上の市場や暁の寺を訪れます
3. 長期滞在の旅人も多いバンビエンでのんびりステイ
4. 托鉢で喜捨体験、朝市やモン族のナイトマーケットも散策
5. ラオスの自然と歴史を育んだメコン川をボートでクルーズします
6. 幸せを祈る儀式バーシーも体験します

このツアーは割引サービスが適用されます。


関連よみもの


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
乗継地
バンコク
午前:東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)を出発。空路、飛行機を乗り継いで、バンコクへ。
夕刻:タイの首都バンコク到着後、車でホテルへ。夕食はタイの海鮮料理です。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2バンコク午前:早朝出発。線路上で開かれるメークローン市場とダムヌアンの水上マーケットを観光。
午後:車で、三島由紀夫の小説でも有名な暁の寺などを観光します。寝台車の旅に備えてスーパーにも立ち寄ります。
夜:ガイドと別れ、寝台車でラオスとの国境の町へ。(列車=約11時間)
  宿泊●列車泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3
ノンカイ(または
タンレーン
ビエンチャン
バンビエン
午前:ノンカイ着。ガイドが出迎え、鉄道(または車)で国境橋を越えてラオスのタンレーンへ。(列車、車=約15分) ちょっと風変わりな仏像神像があるブッダパークを観光後、車でラオスの首都ビエンチャンへ。(走行=約40分)
午後:ラオスを代表する黄金の仏塔タートルアン(下車)や戦没者慰霊塔・パトゥーサイ(車窓のみ)を観光します。
午後:車でバンビエンへ。(走行=約3時間)
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 昼 / 夕
4バンビエン終日:フリータイム。バックパッカーも集うナムソン川沿いの村バンビエン。のんびりするもよし、オプション利用もよし、ご自身で楽しむもよし。カルストの美しい風景、欧米人にも人気の川遊びや洞窟などがあります。

【オプショナルツアー】 事前予約、現地払い
1.トレッキング(約6時間、最後泳げます) 一人45米ドル(最少催行2名:混載、英語ガイド)
2.カヤックとケービング(約3時間) 一人44米ドル(最少催行2名:混載、英語ガイド)
(グリーンディスカバリー社主催)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 /  - / 夕
5バンビエン
ルアンプラバーン
午前:車でルアンプラバーンへ。途中、少数民族の村を訪れます。(走行=約7 時間)
午後:ルアンプラバーン到着後、ラオス一美しいといわれるワット・シェントーンを観光。
夕刻:モン族の刺繍など手工芸品があふれるナイトマーケットをお楽しみ下さい。
<10/21発はナイトマーケットの代りに、ルアンプラバーンの灯篭流し祭を見学>
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
6ルアンプラバーン
パークウー
メコン河畔の村
ルアンプラバーン
乗継地
早朝:地元の人に混ざって托鉢の喜捨体験。その後、ラオスの暮らしが垣間見れる朝市を散策
午前:ボートでメコン川を遡り、約4,000 体の仏像が安置されているパークウー洞窟を観光。(船=約2時間)ラオラーオ(ラオスの焼酎)を作っているサーンハイ村を観光。その後、川沿いのラオ族とモン族が暮らす村へ。(船=約1時間)
昼食をラオ族の民家でいただきます。そして健康や幸せを祈る伝統の儀式バーシーも体験します。
午後:ルアンプラバーンに戻り、(船=約1時間)出発までフリータイム。
17:00~20:00:空路、乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 / 昼 /  - 
7
東京・大阪・名古屋
06:00~08:30:東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京・大阪・名古屋発
2018/10/21(日) ※灯篭流し祭り338,000円
2018/11/17(土)348,000円
2018/12/23(日・祝)368,000円
2019/1/11(金)308,000円
2019/2/15(金)・3/2(土)338,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名(定員16名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●ベトナム航空、タイ国際航空
利用予定ホテル●
【バンコク】ナライ、ウィンザースイート、ロイヤルベンジャ
【バンビエン】タボンスックリゾート、ワンサナ、エレファント・クロッシング、ビラ・ナムソン、サイヨー
【ルアンプラバーン】サラプラバーン、ムアンルアン、インディゴハウス、マノラック、プーシー、ラーマーヤナ
お一人部屋追加代金●31,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線5,950~10,670円(2018年5月1日)
●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

 ▼各地空港税(事前徴収するもの)
 ○成田空港諸税:2,610円
 ○関西空港諸税:3,040円
 ○中部空港使用料:2,570円
 ○ラオス出国税:15米ドル(約1,650円)
 ○タイ空港施設使用料:50バーツ×2回(約350円)
※2018年5月1日現在

●注意事項
※2日目夜、バンコクのガイドはバンコク中央駅で見送り、寝台車には乗りません。寝台列車は基本男女別の二人一室、アルコール禁止です。

※3日目朝、列車のノンカイ到着が遅れた場合、車で国境を越えます。


●旅券(パスポート)
ラオス入国時に有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が見開き2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要です

●査証(ビザ)
ラオス滞在15日以内の場合は不要

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

*地方発について
福岡など地方発はお問い合わせ下さい。

●こんなアレンジもできます
追加料金で次のような変更や追加手配も可能です。
①ルアンプラバーン延泊
②ルアンプラバーンのホテルをヴィクトリア・シェントーン(4星)、キリダラ(5星)などにアップグレード 
③延泊して象乗り体験や象使い入門に挑戦する。


 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求