10名様から催行出発日限定添乗員は同行しません特別講師が同行します

里山研究の最前線をゆく気鋭の写真家と歩く

5/18(土)発 山形県・小国町に残る本物の里山、本物の原生林を歩く 2日間

  • ブナを目指す永幡さん(写真は夏の時期)
  • 樽口峠からの飯豊連峰を望む(夏)、初夏はどんな絶景なのだろうか
  • 樽口峠からの飯豊連峰を望む(夏)、初夏はどんな絶景なのだろうか
  • ツキノワグマの爪痕が刻まれた森を歩く
  • 宿り木のコブ跡が独特の雰囲気をかもし出すブナ

日本有数の豪雪地帯である飯豊山麓に広がる広大なブナ林には、山の恵みを最大限に利用した人々の暮らしが今も残っています。

新緑のブナの森に春の花をもとめて分け入ります。ブナの幹にツキノワグマの爪跡が刻まれた森を歩きながら、動植物と人々の暮らしのつながりを調べ続けてきた写真家・永幡嘉之さんが、自然の「豊かさ」を語ります。

※撮影ツアーではありません。写真を撮らない方も安心してご参加ください。

講師

永幡 嘉之(ながはた よしゆき)

国内希少昆虫の調査・保護に熱意を燃やす若き写真家

自然写真家。1973年兵庫県生まれ。昆虫、植物の専門的な調査を続けながら、山形県を拠点に東北地方のブナ林を歩く傍ら、世界各地のブナの森と、極東ロシアにも通い続ける。人々の暮らしと自然環境の移り変わりを調べ続け、動植物を通して、日本の里山の歴史を最も深く語ることができる人物の一人。



山形県・小国町の場所



このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1西置賜郡12:00 JR小国駅集合。
午後:車で移動。飯豊山を間近に望む小国町樽口峠で、里山の大草原とブナの巨木が隣り合わせに残る森で、自然が暮らしと結びついた里山の「豊かさ」のなかを歩きます。終了後、飯豊温泉梅花皮荘へ。
夜:永幡さんが世界各地を歩くなかで撮りためてきた写真のなかから、スロベニアやクロアチア、アメリカのブナの森の表情をスライド&トークで紹介します。
  宿泊●梅花皮荘泊 食事● - /  - / 夕
2西置賜郡午前:宿周辺の渓谷やブナ林を歩きます。
午後:車で小国駅へ。14時、小国駅にて解散。
  宿泊●泊 食事●朝 /  - /  - 
出発日・旅行代金
現地集合解散
5月18日(土)〜5月19日(日)2日間32,400円
ご旅行条件・他
最少催行人員●10名(定員16名)
添乗員●添乗員が同行します。
利用予定航空会社●なし
利用予定ホテル●
お一人部屋追加代金●設定ありません
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●
○宿のお部屋は原則として男女別の相部屋(3~4名)となります。

 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求