景山えりかさんの星空講座

3/6(水)星と信仰 ~北辰と北斗~


【定員に達したためいったん募集を締切りました。キャンセル待ちについてはお手数ですが別途お問い合わせください。】

古来、唯一不動の星として注目された北極星(北辰)は、天を支配する天帝として崇められてきました。同様に、北極星のまわりを規則正しくめぐる北斗七星も、特別な存在でした。北極星と北斗七星は信仰の対象とされ、今でも日本には星を祭る神社が多数あります。本講座では、日本における北極星と北斗七星の信仰についてひもときながら、サイエンスとは違う側面から星空の楽しみ方を提案します。北極星も北斗七星も、季節を問わず観察できる星です。講座で得た知識をもって眺める星々は、いっそう興味深く感じられることでしょう。



"講師"

景山 えりか(かげやま えりか )

星の文筆家

星の文筆家。月文化研究家。星空ガイドや科学ボランティアを経て、2008年より文筆家として活動。「星空を人生の一部に」をモットーに、星空や宇宙の魅力を伝える記事をメディアに多数執筆。また、旧暦や月の文化に造詣が深く、星の世界を楽しむ方法を幅広く提案している。一方、伊豆諸島・神津島で星空ガイド養成講座の顧問及び主任講師を務め、島民のガイド育成に尽力。これまでの実績が評価され、都庁からの依頼を受けて「平成29年度 東京都観光まちづくりアドバイザー」に就任。神津島に派遣され、星空を観光資源とした地域活性と、星空ガイドのレベルアップに協力している。著書に『月整活 月のリズムで暮らしと心を整える30の新習慣』(主婦の友社)など。
景山えりかオフィシャルHP http://www.kageyamaerika.com/



スケジュール
内容
室内の座学です。
ご旅行条件・講座要項ほか

会場● 風の旅行社 7Fセミナールーム(東京・中野)


定員● 24名
参加費に含むもの●
講義代、資料等、


ご出発日と料金
2019年
3月6日(水)19:00〜21:00
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

▲ページの先頭へ