ツアー関連情報

“ペルーのボランティアツアー” が楽しい6の理由

 

(ボランティア活動を通して、現地の人々と言葉を超えた交流を!)


「マチュピチュは行きたいけど、ただの遺跡観光だけでは物足りない…。」
そんな方にぜひお勧めしたい、現地の人々との交流を盛り込んでいるペルーボランティアツアー。
「でも、ボランティアツアーって実際の所はどうなの?」と思っていらっしゃる方へ、パンフレットだけでは分からないツアーの特徴や雰囲気など、旅の魅力を6つに絞ってご紹介いたします。


該当ツアー情報

憧れのマチュピチュが目の前に!【地球の歩き方・コラボレーションツアー】
ペルー 世界遺産マチュピチュ・クスコ日本語学校交流活動 8日間 外部サイト

最少催行人員●10名(定員16名) 添乗員●同行します。

2/16(金)発|東京発 399,000円|大阪・名古屋発 409,000円 募集中
3/16(金)発|東京発 429,000円|大阪・名古屋発 439,000円 募集中

ツアー概要クスコの日本語学校に通い、日本語ガイドを目指す現地学生とマチュピチュを訪れ、日本語ガイドの実地練習に付き合います。村を訪れ、村人と福祉活動も。



1.メイン活動! 日本語で現地学生と交流!!

世界遺産マチュピチュの玄関口で、古都クスコにある、「愛気文化センタークスコ 日本語教室あいうえお」には、いつか日本語ガイドになることを夢見るペルーの学生たちが通っています。


(クスコで暮らす現地学生たちでも、マチュピチュへ行くのは初めてという事が多い)


そんな彼らと“日本語で”お互いの文化紹介をしながら交流します。さらに、彼らの中で日本語ガイドを目指す学生たち数人と、マチュピチュや「聖なる谷」のオリャンタイタンボ遺跡、クスコ郊外のインカの遺跡などを訪問し、日本語ガイド実地練習とその後の講評会で、ガイディングに対して日本人の視点から助言をします。日本人から直接評価される機会は、彼らにとって大変貴重な機会に!


(マチュピチュにて日本語ガイド実地練習中…。彼女の緊張感がこちらにも伝わってきます)


2.憧れの空中都市・マチュピチュへ!

別名「空中都市」と呼ばれるインカ帝国時代の遺跡は、言わずと知れたペルーで一番人気のみどころ。
計画的に都市設計された遺跡内には、自然界の神々を崇める神殿や住居跡があり、遺跡を散策しながらインカ時代の人々に思いを馳せると、神秘の謎が少し紐解けてくるかもしれません。


(憧れのマチュピチュが目の前に!)


morocco_kiji048_08
(石材建築の傑作「太陽の神殿」)


テレビや雑誌で見にする機会の多い、マチュピチュ遺跡。しかし、実際にその目で感じる「感動と臨場感」は、写真や映像とは違い、訪れた人しか味わえないものでしょう。

morocco_kiji048_08
(遺跡内ではリャマも見られる)


3.地元小学校でのボランティア活動!

「聖なる谷」と称されるウルバンバ村に建てられた、貧しい子どもたちの為の小学校にて、現地の小学生たちと協力して実施するボランティア活動。公共施設の整備や清掃など、そのときに現地で必要とされるお手伝いをする際には、「あいうえお」の学生たちが、小学生と私たち日本人の間に入り通訳をしてくれます。

morocco_kiji048_04
(小学校に飾る『ペルー・日本友好』の看板作り)


「地元小学校で実施するボランティア活動での貢献」の他にも、日本語を学ぶ学生たちにとっての「日本語通訳としての実践を積む場の提供」として意義でも貢献ができるのです!


(教室の壁を装飾するため、日本の四季をイメージした絵を描く)


4.“ピューマの街”クスコ郊外の遺跡へ!

かつてインカ帝国の首都として栄えた文化の中心地クスコ。「旅人が恋に落ちる街」といわれる由縁は、スペインコロニアル時代の建築が美しいだけでなく、かつてインカ帝国の都だった名残を街角の随所で感じられるからでしょう。

morocco_kiji048_20
(クスコの中心アルマス広場)


かつてのインカ皇帝によって、クスコの街は力強さを象徴する聖なる動物ピューマの形に設計されたと言われています。インカ時代の石壁が今でも残っている旧市街を歩いていると、その時代にタイムスリップしたような感覚を覚えます。

morocco_kiji048_20
(この女の子にとって、インカの石組が残るこの場所も日常の場)


毎年6月に開催される太陽の祭り「インティ・ライミ」の会場でもあるサクサイワマン遺跡。ピューマの形にみたてたクスコの街でいうと、ちょうど「頭」にあたる場所に存在することを考えると、インカの人々がここをいかに重要視していたが計り知れます。クスコ石組みで使われている巨石の中には、高さ約7m、重さ120トンの圧巻の大きさも!

morocco_kiji048_10
(かつて、インカ軍とスペイン軍が戦った場所)


5.ジャガイモだけじゃない! 美味しいペルー料理

最近、日本でも注目されつつある「ペルー料理」。ジャガイモで有名なアンデス地方ですが、実はトウモロコシやトマトもアンデスが原産地といわれています。ナスカ有する海岸砂漠地帯、アンデス山岳地帯、アマゾン川上流域であるジャングル地帯と、まったく表情の異なる大地の恵みを生かした料理は、味も素材も実に様々。滞在するそれぞれの土地で、ぜひ本場の味を楽しんでください!

morocco_kiji048_10
(トウモロコシの種類の多さは、さすがのひと言)
morocco_kiji048_10
(紫トウモロコシが原料のさわやかなジュース、チチャモラーダ)


morocco_kiji048_10
(セビーチェは、沿岸地域で食するのが美味しい海産物のマリネ)


morocco_kiji048_10
(日本人の口にも合う、しょうゆ味ベースのロモサルタード)


6.あれもこれも欲しくなる! アンデス地方ならではの民芸品

ペルーには旅人を魅了するお土産がたくさん! 色鮮やかな織物や「コンドルは飛んでいく」を連想させる音色の民族楽器、アルパカの毛を使った“もふもふ”な手触りの人形、日本ではなかなか手に入りづらい炭酸飲料「インカコーラ」や、さすが南米と唸らせるおいしいコーヒー豆など、強烈なまでのインパクト!

morocco_kiji048_10
(乾いた音色が心地よい民族楽器サンポーニャ)


morocco_kiji048_10
(伝統柄をほどこしたポーチや織物)


morocco_kiji048_10
(女性に一番人気! アルパカぬいぐるみ)


morocco_kiji048_10
(なんともユーモラスなお顔の、幸せを招くエケコ人形)
morocco_kiji048_10
(インカコーラ!)


たくさんのバリエーションの中から、自分好みの“ペルーならでは”な、お土産を選んでみてくださいね!




*******





地球の裏側にある南米・ペルー。たしかに距離は遠く離れた国ではありますが、たいへん親日的な国であり、実際にそこで暮らす人々と共に過ごす時間を通じて、少しでもより身近な国として感じていただきたい国の一つです。
きっと、帰国された後に思い浮かぶペルーの思い出は、マチュピチュ遺跡の強烈な印象以上に、共に時間を過ごし交流をした現地の人々の顔、になるはずですよ。(竹嶋)