つむじかぜ832号 旅のエネルギー充電中 縮小版にて配信! 号

つむじかぜ832号



旅のエネルギー充電中
縮小版にて配信! 号


風の旅行社オフィス移転・電話番号変更のお知らせ

東京本社・大阪支店はオフィスを移転いたしました。東京本社は同じビルの別フロアへの移転です。電話番号(現・お客様専用フリーコール)が変更となりますのでご注意ください。ご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

営業時間は引き続き、月・木曜日(11:00〜17:00)、大阪支店は7/15より再開となります。

https://www.kaze-travel.co.jp/news/news-20210617.html


特集1 暑さにも、コロナにも負けるな! 密にならない野外活動ツアー特集

残念ながら東京は緊急事態の夏になりそうです。しかし、暑い夏にずっと家にこもっていたら却って体に悪いというもの。密にならないように、野外に涼を求めて出かけませんか?


催行決定(まだまだ募集)/標高2400mの奥庭へ

馬返より、吉田口富士登拝道を登り、シャクナゲが咲き誇る、富士の御中道を散策します。奥庭からは原生林の中を三合目まで下ります。夏の富士に涼を求めて!
出発日設定2021/07/24(土)発
ご旅行代金39,800円
出発地富士山駅集合・解散

詳細を見る

まもなく催行決定/仁淀川冷えてます

出発日設定2021/08/02(月)
ご旅行代金86,700円
出発地JR高知駅(高知県)

詳細を見る

猛暑の夏でも涼しい

出発日設定2021/08/21(土)
ご旅行代金13,000円
出発地八王子駅

詳細を見る

人気の「大人の昆虫観察講座」が再開!

出発日設定2021/08/28(土)
ご旅行代金4,950円
出発地神奈川県秦野市(小田急線・秦野駅集合・解散)

詳細を見る

催行人員到達!/海風が涼しい

五島列島 チャーター船でぐるっと島旅

【東京・羽田発】上五島・下五島 教会巡礼の旅4日間

5名催行日本語ガイド

上五島、下五島の島々をチャーター船で巡ります。2018年に世界文化遺産に登録された世界遺産の教会(旧五輪教会、江上天主堂、頭ヶ島教会、野首教会)や船でしか行けない潜伏キリシタンの聖地「キリシタン洞窟」、現在はほぼ無人になっていてノスタルジックな雰囲気が漂う・野崎島を訪問。五島名物地獄炊きうどんや新鮮な海の幸など五島の郷土料理も存分に味わいます。
出発日設定2021/06/09(水)~2021/09/05(日)
ご旅行代金228,000円
出発地東京

詳細を見る


催行決定・間もなく決定のツアーはこちらでチェック!


現在、風の旅行社の国内ツアーでは、密にならない野外アクティビティをメインとしてツアーを企画しております。移動、宿泊施設では感染対策に配慮するのはもちろん、旅先となる現地の受け入れ状態を鑑みながらツアー実施を判断しております。ご不明なことがございましたら、お問い合わせフォームや、営業曜日(月・木 11:00〜17:00)にお電話にて対応しておりますので、ご連絡ください。


お中元シーズンはまもなく終了 & ネパールと開発中の商品小話

風の縁shopのお中元

そろそろお中元の季節も終わりです。
お世話になったあの人へ、送り忘れはございませんでしょうか?

7月中にご注文いただくと、風の縁shop 1周年記念として黒姫和漢研究所の「えんめい茶」お試しパックをプレゼント中です!
ぜひご利用くださいませ。

お中元(熨斗対応商品)一覧へ

ネパールの素材を生かした商品を企画中!
ただいま、ネパール🇳🇵スタッフとダッカ織を使った商品開発中です。
ダッカ織はネパールの男性が被っている「トピ」という帽子に広く使用されている生地です。
ネパールへ旅行された方は、きっと目にされているはず。

タグにはネパール語も。
KAZEと入れました。

ロックダウンがあったりとスムーズではありませんが少しずつ前に進んでいます。

秋までには販売を開始する予定です。(なかつぼ)

– 風のInstagram ぜひフォローしてくださいね♪ –


「風の縁shop」トップページへ


風の向くまま・気の向くまま ―第六百五十六話―

代表取締役 原 優二


出る杭


山口香氏の言葉に、久々に溜飲を下げた。 “(バッハ会長も)普段は貴族でも、五輪の時だけはビジネスホテルに宿泊して庶民の気持ちを知るのもいいのでは”と実に小気味いい。五輪貴族への嫌味たっぷりである。そんな同氏も、10年の任期を全うし今年の6月25にJOC理事を退任した。五輪直前である。責任ある立場を少し離れた所為か、“何を言ってもすべてに虚しさを感じている”と吐露した。既に報道されているようにJOCでは、五輪中止という議論はないまま観客数の議論になってしまったことに、政治への忖度を感じ、虚無感を深めたのだろう。

山口氏は、「リスクがある状況で五輪をやるにあたって国民への誠意を示す最後の切り札が無観客だった」と述べている。私も、そう思う。だからぎりぎりまで決めず、最後の手段として無観客を残していた。本日7/9(金)、緊急事態宣言が出され、一部は無観客になるらしい。それでもVIPや関係者枠は別だというから、だれのための五輪かさっぱりわからない。

先週、トラベル懇話会主催の八ヶ岳高原ロッジ夏季セミナーに参加してきた。金曜日の夕方はピアノとバイオリンのコンサート。翌日の午前中に、上野景文氏の講演を拝聴した。以前にも本稿で八ヶ岳高原ロッジを紹介したが、森の中にある木造平屋建て音楽堂が素晴らしい。一時間ほどのコンサートだったが、コロナ禍で使いすぎた左脳に代わって右脳がむずむずと震えて心地良い時間をすごせた。

上野景文氏は、元バチカン大使。文明論考家と自称し文明に関する研究をライフワークにされている。この日も、一神教の世界とアミニズム的多神教世界を比較して講演を進められた。絶対という世界感を持つ一神教的世界と、すべてが相対論に行きつく多神教的世界では全く物の見方、価値が異なる。日本は、もちろん多神教的世界。日本人には絶対という概念がないに等しい。故に、欧米からすると日本は分かりにくい国家である。上野氏は、バチカンでこの分かりにくさを何とか説明しようと試みたそうだ。

コロナ禍にあって日本政府のやることは実に分かりにくい。見通しも科学的な根拠も一切語らないで、「専門家の意見をお聞きして適切に対応」といい続けるが、肝心なところでは専門家を無視する。何故、こんなに分かりにくいのか。上野氏いわく、どんな価値も相対的にしか決まらない。五輪に反対する人も、開催すれば“よかった”という評価に変わる、と政府は見込んでいる。つまり相対的な価値で国民は右往左往すると見下されている。

しかし、私は絶対的価値感を持つことが正しいなどとは思わない。むしろ相対的価値感をもつ日本人の方が、懐が深く多様性に肝要だともいえる。争いを避け平和に生きることに向いているとすら思う。但し、権力者が「出る杭」をたたき忖度を無言で強要するような今の社会に未来があるとは思えない。山口氏は、ずっと「出る杭」であり続け、“忖度は美徳ではない”と言い切る。その通りだ。私も「出る杭」でありたいと思う。

≫「原のコロナ休業日記」一覧
≫「風の向くまま・気の向くまま」一覧


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼7月10日(土) 00時50分~01時20分 テレビ朝日 【秘境】
ナスD大冒険TV
テレビ朝日の社員・ナスDが殆どの日本人が踏み入れた事のない世界の僻地に命懸けで向かい、知られざる文化・住む人々の暮らしをレポートする超本気紀行ドキュメント番組!
▼7月12日(月) 20時00分~21時00分 NHKBSプレミアム 【国内】
ワイルドライフ「御嶽山 渓流の王者イワナが躍動する」
岐阜と長野の県境にそびえる御嶽山の山腹にイワナの楽園と呼ばれる渓谷がある。そこでは近年激減している野生のイワナが昔ながらに暮らす。森と深く結びついた生態に迫る。
▼7月13日(火) 03時30分~04時00分 BS朝日1 【コスタリカ】
感動の世界遺産 「グアナカステ保全地域」
中央アメリカ南部に位置するコスタリカ。グアナカステ保全地域では広大な自然の中であらゆる動植物が共存している。絶滅危惧種も多数生息しており大自然の宝石箱と言える。
▼7月15日(木) 14時58分~16時27分 NHKBSプレミアム 【野生動物・離島】
鑑定!どうぶつ不動産〜島へ〜
動物の巣を求め、北海道から沖縄まで絶景の島々をめぐる。密林、断崖絶壁、探検さながら体をはった不動産査定。巣穴から見える驚きの知恵!これであなたの家時間も豊かに。


※次号833号は2021年7月15日頃の配信予定です

——————————
 
■つむじかぜ832号(風の旅行社ウェブマガジン)

発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2021年7月8日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:03-3228-5173  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:06-6195-8043  FAX:06-6195-8044
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2021 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)