アチカからサインバイノー! モンゴルの苔桃

モンゴルの苔桃
モンゴルの苔桃

皆様、サインバイノー?

久しぶりにアチカからニュース送りします。
今回のニュースはモンゴルで生えている苔桃を紹介します。

モンゴル人は風邪をひいた時、薬を飲むより乳製品をたくさん食べたり飲んだりと「自然の薬」の力で元気になっています。
その中で一番風邪に効くのは苔桃です。

森の中に生えている苔桃は赤色の果物です。8月の終わりごろと9月―10月のはじめごろに熟します。地域によって熟するのが違います。
苔桃はビタミンC、Bを最上級に含んでいます。

モンゴルは秋と春涼しく、冬は寒いですから風邪をひきやすいです。その時苔桃を飲みます。苔桃の葉も風邪薬になります。
飲み方を下記に書きます。

秋に苔桃拾ってもらってジャム作ります。
出来上がったジャムを100mlのお湯に1さじ入れて混ぜて飲みます。1日に3回飲みます。風邪の症状がひどい時は4~5回飲みます。
熱がある時は、苔桃の葉(1さじ)を150mlのお湯に入れて15分後に飲みます。
この薬となるのは6月頃。この時の苔桃の葉を拾って保存します。6月頃の葉を拾うのが一番良いです。

最近モンゴルは涼しくなって秋早く始まっています。

風邪をひかないように、皆で苔桃を拾って飲んでいます。たくさん拾って冬中に飲みます。

今年苔桃はたくさん生えています。
皆様も一緒に森の中に苔桃を拾いに行きませんか?

おしまい