【なにわ日記】ビリヤニってなんだ?

タンドリーチキンと、ビリヤニのランチ。端の器に入っているものが、ライタと呼ばれるヨーグルトのソース タンドリーチキンと、ビリヤニのランチ。端の器に入っているものが、ライタと呼ばれるヨーグルトのソース

先日、前から気になっていたパキスタン料理のお店に行ってきました。メニューを一通り見て、「一番人気」というビリヤニ、ライタと書かれたランチメニューを注文しました。
ビリヤニとはパキスタンや南インドなどでよく食べられている米料理のことで、お肉(チキンやマトンなど)や野菜、スパイスなどを炊き込んだご飯です。お米はインディカ米の細長い形状で、食感はサラサラとしており、あっさりと食べやすいのが特徴です。食事の前半はスパイスが程よくきいた、辛さが癖になるような味を楽しみました。後半はライタという野菜が入ったヨーグルトソースをかけていただきました。ご飯の辛さが、ヨーグルトの酸味と合わさってまろやかな味わいとなりました。今回食べたのはチキンのビリヤニでしたが、一つの料理でいくつもの味が楽しめて美味しかったです。食べたあと元気になるような、そんな料理でした。
2月にはこのビリヤニを楽しめるイベントを開催します。毎年キャンセル待ちが出る位の大阪恒例人気イベントです。お早めにご予約ください♪
 2/11(木・祝)第10回各国料理を大阪スタッフと食べに行こう「心斎橋でハラルフード体験 パキスタン料理」