メコン川を渡ってタイからラオスへ

バンコク発寝台列車、ビエンチャン、バンビエンとルアンプラバーン7日間

2名催行日本語ガイド

17世紀都がビエンチャンに遷都以来の寺タートルアン(ビエンチャン)

ユニークな彫像がならぶブッダパーク(ビエンチャン郊外)

バンビエンはほっと落ち着くこじんまりとしたリゾートです

ルアンプラバーン郊外のクアンシーの滝 庶民の憩いの場所です

ルアンプラバーンの朝は托鉢で始まります

モン族の手芸品や衣類、布、かばん、和紙製品などお土産にもなるグッズが盛りだくさんのナイトマーケット(ルアンプラバーン)

ラオス国境までの寝台列車はここバンコクの中央駅から出発

巨大なピンクガネーシャで人気のワット・サマーン・ラッタナーラーム、願い事は近くのネズミの像にするそうです(バンコク)

まるで宇宙空間、幻想的な天井を持つ寺院ワット・パクナム(バンコク)

出発日設定2019/10/10(木)※灯篭流し祭り見学~2020/03/06(金)
旅行代金338,000円~368,000円
出発地東京、大阪、名古屋
詳細

●こんなラオスの訪れ方はいかがですか?
タイで最近注目を集めている2つのお寺を観光した後、2016年リニューアルされて快適になった寝台列車で国境へ。目覚めれば国境。そして大陸旅行の醍醐味・国境越え。タイからメコン川を渡ってのラオス入り。ラオスでは、人気の3つの町・ビエンチャン、バンビエン、ルアンプラバーンを訪れます。民族舞踊、石灰岩が作り出した奇観、世界遺産の古都、メコン河クルーズ、そして素朴なラオスの田舎の村をお楽しみ下さい。

 

関連よみもの

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪・名古屋  乗継地  バンコク

午前東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)を出発。空路、飛行機を乗り継いで、バンコクへ。

午後タイの首都バンコク到着後、車でホテルへ。夕食は海鮮タイ料理です。

ホテル
2日目

バンコク

午前:ピンク色の巨大ガネーシャ像があるワット・サマーン観光。

午後:宇宙空間のような天井画を持つワット・パクナムを観光後、寝台車の旅に備えてスーパーへ。腹ごしらえの夕食は屋台街(現地払い)にご案内します。

夜:ガイドと別れ、寝台車でラオスとの国境の町へ。(列車=約11時間)

列車
3日目

 ノンカイ (または ) タンレーン  ビエンチャン

午前:ノンカイ着。ガイドが出迎え、鉄道(または車)で国境橋を越えてラオスのタンレーンへ。(列車、車=約5㎞、約15分) ちょっと風変わりな仏像神像があるブッダパークを観光後、車でラオスの首都ビエンチャンへ。(走行=約20km、約40分)

午後:ラオスを代表する黄金の仏塔タートルアン戦没者慰霊塔・パトゥーサイを観光します。夕食時にラオスの伝統舞踊を鑑賞します。<11/9発は夜タートルアンの祭を見学>

ホテル
4日目

ビエンチャン  バンビエン

午前:車でバンビエンへ。(走行=約160㎞、約4時間半)

午後:町を見下す高台にある鍾乳洞タムチャン洞窟やエメラルドグリーンの水をたたえる人気の川遊びスポットブルーラグーンを訪れます。

ホテル
5日目

バンビエン  ルアンプラバーン

午前:フリータイム。のんびり過ごしたり、レンタサイクル(有料)を楽しんだりも出来ます。

午後:車で途中、ローカルな市場を訪れた後、ルアンプラバーンへ。(走行=約190㎞、約4時間半)

夕刻:モン族の刺繍など手工芸品があふれるナイトマーケットにご案内します。<10/10発はナイトマーケットの代りに、ルアンプラバーンの灯篭流し祭を見学>

ホテル
6日目

ルアンプラバーン  パークウー  メコン河畔の村  ルアンプラバーン  乗継地

早朝:地元の人に混ざって托鉢の喜捨体験。その後、ラオスの暮らしが垣間見れる朝市を散策

午前:ラオス一美しいといわれるワット・シェントーンを観光後、ボートでメコン川クルーズ。約4,000 体の仏像が安置されているパークウー洞窟へ(船=約2時間)。観光後、川沿いのラオ族とカム族が暮らす村を訪れ、(船=約20分)ラオ族の民家で家庭料理をいただきます。そして健康や幸せを祈る伝統的なバーシーの儀式も体験します。

午後:ラオラーオ(ラオスの焼酎)を作っているサーンハイ村を観光後(船=約20分)、ルアンプラバーンに戻り、(船=約1時間半)出発までフリータイム。(帰国便が19時以降の出発の場合、ルアンプラバーン名物の麺料理カオ・ソーイで軽く腹ごしらえをしてから空港へお送りします。)

空路、乗り継いで帰国の途へ。

機内
7日目

 東京・大阪・名古屋

東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)到着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/10/10(木)※灯篭流し祭り見学 ¥338,000 東京、大阪、名古屋 募集中
2019/11/09(土)※タートルアン祭り見学 ¥348,000 東京、大阪、名古屋 募集中
2019/12/28(土)★ ¥368,000 東京、大阪、名古屋 募集中
2020/02/05(水) ¥338,000 東京、大阪、名古屋 募集中
2020/03/06(金) ¥348,000 東京、大阪、名古屋 募集中
最少催行人員 2名(定員10名) (★は6名催行) 添乗員 同行なし。現地係員がご案内。(但し8名以上の場合は同行)
利用予定航空会社 ベトナム航空、タイ国際航空
利用予定ホテル

【バンコク】ナライ、ウィンザースイート、ロイヤルベンジャ

【ビエンチャン】ニューローズ・ブティック、ブルーム・ブティック、デイイン、センタワン

【バンビエン】タウインソウクリゾート、ワンサナ、エレファント・クロッシング、ビラ・ナムソン、サイヨー

【ルアンプラバーン】サラプラバーン、ムアンルアン、インディゴハウス、マノラック

お一人部屋追加代金 31,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線9,400~10,270円(2019年5月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 ラオス入国時に有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が見開き2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要です
各国空港税/査証

▼各地空港税(事前徴収するもの)
○成田空港諸税:2,610円
○関西空港諸税:3,040円
○中部空港使用料:2,570円
○国際観光旅客税:1,000円
○ラオス出国税:15米ドル(約1,653円)
○タイ空港施設使用料:50バーツ×2回(約350円)
※2019年6月1日現在

▼査証(ビザ)
ラオス滞在15日以内の場合は不要
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

その他

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

●注意事項
※2日目夜、バンコクのガイドはバンコク中央駅で見送り、寝台車には乗りません。寝台列車は基本男女別の二人一室、アルコール禁止です。
※3日目朝、列車のノンカイ到着が遅れた場合、車で国境を越えます。
※空港送迎やツアーの一部が他のツアーと混載になる場合があります。
※ルアンプラバーンのナイトマーケットは雨天中止です

*地方発について
福岡など地方発はお問い合わせ下さい。

●こんなアレンジもできます
追加料金で次のような変更や追加手配も可能です。
①ルアンプラバーン延泊
②ルアンプラバーンのホテルをヴィクトリア・シェントーン(4星)、キリダラ(5星)などにアップグレード
③延泊して象乗り体験や象使い入門に挑戦する。

●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行は早割90の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/10/10(木)※灯篭流し祭り見学 ¥338,000 東京、大阪、名古屋 募集中
2019/11/09(土)※タートルアン祭り見学 ¥348,000 東京、大阪、名古屋 募集中
2019/12/28(土)★ ¥368,000 東京、大阪、名古屋 募集中
2020/02/05(水) ¥338,000 東京、大阪、名古屋 募集中
2020/03/06(金) ¥348,000 東京、大阪、名古屋 募集中

たびとも募集

2019/12/28女性

【担当者より】バンコクより寝台列車で国境を越えてラオスへ・・・・。
そんな夢が叶うコースです。バンコク、ビエンチャン、バンビエン、
ルアンプラバーンを7日間で巡ります。年末年始にあわせたツアーです。

いってきました!

出発日:2019.03.02

評価:

バーシー体験はとても新鮮でした。終了後、村の人達と一緒に飲めたのはとても楽しかった。

出発日:2019.03.02

評価:

14:25ハノイ着~15:30ハノイ発の乗り継ぎだったのですが、ハノイでの乗り継ぎの人が多く、又セキュリティ検査が厳しく遅くて並んでいれば間に合わない状態でした。(日本の方がいらして前に入れてもらいました)結果的に飛行機も遅れ間に合ったのですが、順番通りに並んでいては無理でした。もう少しゆとりがあった方が良いと思います。
ラオ族の村町宅にて、貴重な伝統儀式バーシーの体験や子供達にも会えて楽しい旅をさせていただきました。ありがとうございます。年を取ってもお陰さまで安全に旅をさせて頂き感謝しています。

もっと見る