営業日:月・木曜日(11:00〜17:00)
東京本社 03-3228-5173 / 
大阪支店 06-6195-8043

国内ツアー一覧 
新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み

※休業日のお電話でのご連絡につきましては留守番電話にて承ります。営業日に折り返しご連絡いたします。

樹木医&森林インストラクターの齋藤保次さん同行!

函館山・仁山・汐首山ネイチャーハイキング 3日間

6名催行添乗員同行

汐首山からの眺望。野生化した馬たちとの出会いに期待!

夏の大沼ではスイレンやコウホネなどが開花します

大沼国定公園のシンボルである駒ケ岳

間近に見られる日浦岬の柱状節理

出発日設定2021/07/09(金)
旅行代金96,800円~147,800円
出発地新函館北斗駅/函館空港、羽田空港
POINT
  • 樹木医&森林インストラクターの齋藤さんが、花咲く夏の道南をご案内!
  • 函館山・仁山・汐首山。それぞれ趣の異なる3つの低山をネイチャーハイキング。
  • あえて不要な食事は含んでいません。齋藤さんオススメの函館グルメにご期待ください。
詳細

北海道・函館周辺で「楽しい、ためになる、得をした」旅を

自然観察ツアーの講師として人気を博した齋藤さんが、惜しまれつつ北海道へ転居され早5年。満を持して、現在お住まいの道南エリアをご案内いただける事になりました。それぞれ3-4時間程度の低山や公園をめぐるネイチャーハイキングツアーです。

樹木医&森林インストラクターという肩書きから植物専門なのかと思いきや、齋藤さんの知識は動物や鳥類、地質など多岐にわたります。また、それらを誰にも分かりやすく、そして楽しく解説できるスキルは唯一無二と言って良いでしょう。普段は他のお仕事で多忙な齋藤さん。ぜひ、この機会に貴重なガイディングをご堪能ください!

1日目

初日は函館山。北海道遺産として登録されている函館山(334m)には9つもの登山コースがあり、四季を通じて様々な植物や野鳥が観察できます。

2日目

仁山と大沼国定公園を目指します。仁山(440m)では3.5kmほどの散策を楽しみ、山頂から大沼国定公園や渡島平野を一望のもとにおさめます。大沼国定公園では40分ほどの散策コースでゆったりハイキングを楽しみます。

3日目

最終日はちょっとマニアックな汐首山と日浦岬。汐首山は標高わずか291mですが、野生化した馬たちとの出会いを楽しめ、何より散策中の眺めは訪れた人を感動させます。日浦岬の柱状節理はそれは見事な迫力です。

自然案内人(ネイチャーガイド)

齋藤 保次 (さいとう やすつぐ)

自然案内人(ネイチャーガイド)として、高尾山や都市公園などで自然観察会を数多く行う。2016年に故郷の北海道へ戻り樹木医を取得。函館市内の公園樹木や街路樹の樹勢診断に携わる。ガイドを行う際のモットーは“3T(楽しい、ためになる、得をした)”を提供すること。
著書:(社)全国森林レクリエーション協会『楽しもう森林レクリエーション』(共著)
有資格:樹木医、森林インストラクター、公園管理運営士

・ホテルは一人部屋利用が基本です。ご夫婦参加などで相部屋をご希望の場合は、お一人あたり1,000円を割引いたします。
・函館発着のお客様は、ご予約時に乗降地(新函館北斗駅または函館空港)をお知らせください。
・各地から函館までのアクセスについても個別に対応いたします。気軽にご相談ください。
歩行レベル
歩行日数3日間
レベルについて
日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

(函館発着:新函館北斗駅函館空港)(東京発着:羽田空港 函館空港)はこだて海鮮市場函館山函館市内

午前:【東京発着の場合】空路、東京(羽田・9:55発予定)から函館へ。【函館発着の場合】新函館北斗駅(11:00頃)または函館空港(11:40頃)にて集合。
齋藤さんと合流後、「はこだて海鮮市場」にて各自昼食をとってからバスで函館山登山口へ向かいます。

午後:函館山ハイキング。旧登山道コース、御殿山コースを経由して御殿山展望台(334m)へ。その後、砲台跡を通り汐見山コースから下山します。

夕刻:バスで函館中心部のホテルへ。夕食には齋藤さんのお勧めレストラン(その1)をご紹介します。時間があればケーブルカーから夜景を見たり、ハリストス正教会や八幡坂など元町の散策もお楽しみいただけます。

ホテル
2日目

函館市内仁山大沼函館市内

朝:バスで仁山駐車場へ。齋藤さんの解説で自然観察を楽しみつつ、仁山の山頂(440m)まで往復します。昼食には北海道の食材を使ったお弁当をご用意いたします。

午後:大沼国定公園へ移動し、雄大な駒ケ岳や126もの小島を眺める景勝地・大沼を散策します。その後、函館中心部のホテルへ。

夜:齋藤さんお勧めレストラン(その2)で各自食。函館グルメを満喫した後は、金森赤レンガ倉庫などの散策もお勧めです。

ホテル
3日目

函館市内汐首山日浦岬新函館北斗駅函館空港(東京発着:函館空港 羽田空港)

朝:バスで汐首山登山口へ。汐首山(291m)は津軽海峡を望む開放的な低山です。ここでは道南の海辺ならではの自然を味わいつつ、野生化した馬たちとの出会いに期待します。

午後:下山後、日浦岬へ。間近で見られる大迫力の柱状節理を観察し、函館中心部へ戻ります。函館駅周辺で観光・昼食(各自払い)後、新函館北斗駅を経由してから函館空港へ。

夕刻:【函館発着の場合】新函館北斗駅(17:00頃)または函館空港(17:40頃)にて解散。

夜:【東京発着の場合】空路、函館から東京(羽田・21:00着予定)へ。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2021/07/09(金) ¥96,800 新函館北斗駅/函館空港 終了
2021/07/09(金) ¥147,800 羽田空港 終了
最少催行人員 6名 (定員12名) 添乗員 添乗員が同行します。 参加者が8名以下の場合はガイド兼添乗員として齋藤保次さんが同行します。
利用予定バス会社 (有)マルジュウ高田(厚沢部観光)、 函館タクシー(株)
利用予定ホテル

ラビスタ函館ベイ、函館国際ホテル

各国空港税/査証

羽田空港旅客施設使用料(PFC)290円(発着の都度)

その他

・より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。
・このツアーは「Go To トラベル事業」の期間が延長された場合にはGo To トラベルキャンペーン対象ツアーとなる予定です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2021/07/09(金) ¥96,800 新函館北斗駅/函館空港 終了
2021/07/09(金) ¥147,800 羽田空港 終了