【FOOTRAVEL】ボールを持って砂漠の村へ!

2020/2/14(金)・3/26(木)発 モロッコ サハラ砂漠でサッカー交流10日間 ─ 砂漠の民ベルベル人の伝統を知る ─

4名催行日本語ガイド添乗員同行

出発日設定2020/02/14(金)~2020/03/26(木)
旅行代金347,000円~387,000円
出発地東京・大阪・名古屋
POINT
  • モロッコの村人とサッカーを通じて交流します
  • 交流試合を行うのはサハラ砂漠にあるハミリア村と都市部マラケシュ郊外の村
  • 砂漠では大砂丘の麓でテント泊や民家で家庭料理の昼食、ラクダに乗って砂漠移動も
  • “青の街”シャウエンや世界遺産のメディナ(旧市街)フェズ、マラケシュなど魅力的な滞在地
  • 参加者全員に、試合用の特製チームユニフォームをプレゼント! 旅の記念としてもピッタリです!
詳細

【ご案内】以前の日程より、“青の街”シャウエンを訪問するプランに変更致しました!
サッカー経験者なら誰もが、「いつも日本でやっているように、世界のサッカーを愛する人と、公式試合とかではなく、遊びのサッカーを一緒にやったらおもしろそう」と思ったことはあるのではないでしょうか。サッカーに言葉は要りません。1試合でも共に汗を流せば試合後には肩を組み「昔からの友達!?」と思ってしまうほどの仲になってしまうもの。現地の人々とそんな関係なれたからこそ、本当のモロッコの日常が見えてくるかもしれません。サッカーを通して心を開き、日本人と外国人の垣根を超え異文化理解をする旅。サッカーが持つ力は、きっと世界の新たな旅の扉を開いてくれる。さあ、ボールを持って新たなフィールドへ、一緒に行きましょう!

こんな旅、今までなかった! 風の旅行社が新たに提案する「FOOTRAVEL 世界の村人とサッカー交流シリーズ」のモロッコ編です!
サッカー経験者でなくてもOK(交流目的の試合なのでレベルは問いません。もちろん女性や学生の方も大歓迎!)

◆当ツアーにご参加の方は、必ず海外旅行保険にご加入ください

モロッコの位置


企画・同行予定添乗員

東京本社(風カルチャークラブ)

竹嶋 友 (たけしま ゆう)

学生スタディツアー・FOOTRAVEL・バングラデシュ・モンゴル奥地企画担当。
大学中退後、モンゴルへ放浪の旅に出る。その後、1年半かかって風入社(2回落とされる)。生まれも育ちも葛飾(残念ながら柴又ではない)。その影響か川の土手が好き。

趣味・特技
①小学校からやっているサッカー。今も都内で仲間と汗を流す日々。
②阿波踊りの太鼓(高円寺の連に所属)毎年夏はテンションが最高潮に。

FOOTRAVEL

関連よみもの

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

(名古屋)東京・大阪

(名古屋発の場合 午後:名古屋駅からバスで関西空港へ)

:東京(成田)発、又は深夜:大阪(関西)発、空路乗継地へ。

機内
2日目

乗継地カサブランカシャウエン

午前:飛行機を乗り継ぎ、空路カサブランカへ。

午後:カサブランカ到着。日本語ガイドと共に車でシャウエンへ。移動中の車内にてモロッコの概要や歴史・文化についてのレクチャー(走行=約340km、約6時間)。

:シャウエン到着。

リアド
3日目

シャウエンフェズ

午前青の街”で知られるシャウエンの、幻想的な旧市街を散策“します。

午後:車でフェズへ。(走行=約200km、約3時間)。

夕刻:フェズ着後、メディナ(旧市街)を一望できる展望台や陶器工房などを見学。

ホテル
4日目

フェズハミリア村

午前1200年以上の歴史を持つ世界最大規模のメディナ(旧市街)、フェズ・エル・バリを散策。参加者全員に砂よけのターバンを差し上げます。その後、車でフェズを出発、サハラ砂漠の民ベルベル人が暮らす小さな村、ハミリア村へ(走行=約520km、約8時間)。宿泊はハミリア村のベルベル式テント泊です。

テント
5日目

ハミリア村

午前:民族音楽グナワ発祥の地といわれるこの村で、音楽鑑賞や村人による村案内があります。その後、支援学校「KHAMLIA(ハミリア)」を訪問し、村人や子どもたちとご対面。自己紹介をします。

午後村のグラウンド(土)にて、交流試合を開催

:村人と試合後の食事交流会。この日の宿泊も村のベルベルテントです。

テント
6日目

ハミリア村メルズーガ

午前村で暮らすベルベル人のお宅を訪問し、砂漠に生きる人々の暮らしを体験します。昼食は訪問したお宅の家庭料理です。

午後村のグラウンド(土)にて、最後の交流試合を開催

夕刻:村人に別れを告げ、メルズーガへ。メルズーガのテントに到着後、ラクダに乗って砂丘へ。お天気に恵まれれば、砂丘で夕日を鑑賞します。その後、テントへ戻ります。(ラクダ散策=約1時間~2時間前後)

※ラクダでの散策は、テント到着後の夕日もしくは翌朝の日の出のいずれか1回です。

※天候や現地事情によりテント泊ができない場合はロッジ泊になる場合もあります。

テント
7日目

メルズーガ アイト・ベン・ハッドゥ マラケシュ

早朝砂漠から昇る日の出をテント周辺から鑑賞します。

午前:車で砂漠を超え、オアシス沿いに土レンガで造られた要塞の村々が点在するカスバ街道を通り、一路マラケシュへ(走行=約 550km、約9時間)。途中、数々の映画の舞台となった世界遺産アイト・ベン・ハッドゥを訪れます。

夕刻:マラケシュ到着後、夕食を食べに、毎日が縁日のような喧騒に包まれたジャマ・エル・フナ広場の屋台へ出かけます。宿泊は、現地の人々の生活観あふれるメディナ(旧市街)内の伝統モロッコ建築様式・リアドです。

リアドまたはホテル
8日目

マラケシュ滞在

午前バヒア宮殿、スークなどメディナ(旧市街)の見所を歩いて訪れます

午後:マラケシュ郊外にある小さな村へ。村人と自己紹介を交わした後、軽く練習を行い、その後交流試合を開催

:「さよならパーティー」を開催します。

リアドまたはホテル
9日目

マラケシュカサブランカ

午前:車でカサブランカ空港へ。(走行

機内
10日目

乗継地大阪・東京(名古屋)

飛行機を乗り継ぎ、空路、帰国の途へ。 

夕刻:大阪(関西)・東京(成田)到着。

:関西空港からバスで名古屋駅へ)

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2020/02/14(金) ¥347,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2020/03/26(木) ¥387,000 東京・大阪・名古屋 募集中
最少催行人員 4名(定員16名) 添乗員 添乗員が同行します。 同行します。
利用予定航空会社 エミレーツ航空、カタール航空、トルコ航空
利用予定ホテル

シャウエン/カーサ・ハッサン、リアドダール・シャウエン、リアド・ヒシャム、カーサ・ペルレータ、ダールガブリエル、フェズ/ロイヤル・ミラージュ、メンゼ・ザラーグ、ムーニア、ジュナン・スビル、メルズーガ/ロッジ又はテント、ハミリア/テント、マラケシュ/リアドマラナ、リアド・レ・ルビス、リアドオリオンターレ、ダールムーレイアリ、ダールラディア、モガドール・エクスプレス・ゲリズ

お一人部屋追加代金 20,000円
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線0~18,500円(2019年4月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 ●旅券(パスポート) 入国時に残存期間が3ヶ月以上あり、かつ未使用査証欄の余白が1ページ以上ある旅券(パスポート)が必要です。
各国空港税/査証

【事前徴収】
・関西空港諸税3,040円
・成田空港諸税2,610円
・モロッコ空港税194ディルハム(約2,240円)
・モロッコ保安税48ディルハム(約550円)
・モロッコ観光税エコノミークラス:100ディルラム(約1,150円)
・モロッコ観光税ビジネス・ファーストクラス:400ディルラム(約4,630円)
・U.A.E港諸税80UAEディルハム(約2,540円)
・フライトサーチャージ(東京発着のみ)エコノミークラス:4,000円

●査証(ビザ)
不要。
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

その他

●注意点
・リアドのお部屋はダブルベッドが基本となり、お部屋ごとに広さや設備が違います。バスタブがなくシャワー設備のみになる場合があります。
・名古屋~関西空港間はエミレーツ航空無料専用バスが運行されています。詳細はお問い合わせ下さい。
・ハミリアでの宿泊は、砂嵐等の天候やロッジ側の都合によりテント泊を中止する場合があります。また、ラクダに乗るプログラムも、同様の理由で中止する場合があります。

●旅行代金に含まれないもの

●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行は早割60の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2020/02/14(金) ¥347,000 東京・大阪・名古屋 募集中
2020/03/26(木) ¥387,000 東京・大阪・名古屋 募集中