相田義人氏から学ぶ

〜一人で習う〜 カスタムナイフ・メーキング

1名催行

相田先生

ナイフキットパーツ写真

ナイフ製作工程

シース作り

出発日設定2+2日間コース
旅行代金76,680円
出発地現地集合(埼玉県朝霞市)
詳細

この講座は相田先生にマンツーマンの指導が受けられます。日時も参加される方と相田先生の予定が合えば、平日でも休日でも受講できます。 ナイフ制作のための設備、工程と相田さんの制作理念がはっきりと伝わる講座です。
講座ではベルトグラインダー(米国パーキング社製)を使用し、ストック&リムーバル(削り出し法)による本格的なカスタムナイフメーキングを習得します。

カスタムナイフとは、一本一本がいわばオーダーメイドのナイフのこと。
「ナイフは人間が火の次に手に入れた道具である」(ラブレス氏)と、有史以前より大切な道具として使われてきたナイフの素材は、石器、骨器、青銅、鉄器、という変遷を経て、現代のステンレス全盛に到達した。相田氏の理想のナイフとは、「切るための道具」として正しく立脚したものと、話してくれる。道具としての本質的な機能美を追及しつづける、世界的なメーカー・相田義人氏にナイフを学び、制作する。

※この講座は2週にわたり全4回(日帰りで4日)で一本のナイフを製作いたします。
※日程はそれぞれ日帰りです。

1日目 09:00 東武東上線朝霞台駅集合
午前講習09:30〜12:00 午後講習13:00〜17:00
(1)デザイン (2)マスター(型紙)の制作 (3)鋼材へのケガキ
2日目 09:30〜17:00 (翌日)
(4)外形の削り出し (5)ヒルト(鍔)加工 (6)荒削り
(7)熱処理出し=外注加工依頼)
3日目 09:30〜17:00 (次の週)
(8)再研磨 (9)ブレード面手磨き (10)ヒルト取付け (11)ハンドル材取付け
4日目 09:30〜17:00 (翌日)
(12)外形仕上げ (13)シース(鞘)制作 (14)名前入れ (15)刃付け (16)完成

講師

相田 義人 (あいだ よしと)

世界的なカスタムナイフメーカー (マトリックス・アイダ)

1948年、東京生まれ、板橋区成増在住。家業は爪切りやカミソリ制作の金属加工業をしており、そもそも恵まれた環境にいたといえる。1977年に渡米、R.W.ラブレス氏に師事し、ナイフメーキングの基本を習得、フルタイムのナイフメーカーになった。今ではラブレスの工法とシステムに熟達し、ラブレスナイフ・真の後継者で、世界的なカスタムナイフメーカーといわれる。内外にファンが多く、注文してから手元に届くまで3〜6ヶ月はかかる。オートバイ、釣り、登山、読書、音楽、など趣味も多才。「マトリックス・アイダ」HP

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

マトリックス・アイダ工房(埼玉県朝霞市)

○ATS-34〈ステンレス鋼〉仕様(熱処理)

・二日間の講習と更に、焼入のため翌週以降の二日間、計四日間の講座です。

※講習日は相田先生の都合にもよりますが、自由に選べます。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2+2日間コース ¥76,680 現地集合(埼玉県朝霞市) 募集中 1名催行
最少催行人員 1名(定員2名) 添乗員 同行しません
利用予定ホテル
その他

日時:ご希望による
二日の講習プラス翌週以降の二日(焼入のため)

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2+2日間コース ¥76,680 現地集合(埼玉県朝霞市) 募集中 1名催行