トレッキング&MTBガイド

ホム・シュレスタ

東ネパールのエベレスト圏(タライのインドの近く)の出身。風の旅行社ネパール支店に1992年入社の元トレッキングマネージャー。2009年、2014年に来日研修。夢は“ネパールでナンバーワンの日本語MTBガイドになること”。名前の意味は、ヒンドゥー教のお祈りをする時に「護摩を焚く」事だとか。

トレッキングガイド

スルヤ・タマン

トレッキングガイドやコックとして、1992年からネパール・カゼ・トラベルでアルバイトをはじめる。その後、正社員に。ネパール東部ソルクーンブのグーリ村出身で、今は家族とカトマンズのチャハバヒルに在住。2008年、2019年に研修のため来日。モンゴルで乗馬ツアーにも参加した。好きなビールはキリンラガー。

つきのいえ管理人

トゥル・マガール

人懐っこい笑顔が印象的な、ネパールの直営ロッジ「つきのいえ」の管理人。元々はNKT(NEPAL KAZE TRAVEL)のサブガイドとしてツアーに同行していたが、日本語の上達に伴ってメインのトレッキングガイドへと昇格。ネパール各地の山岳エリアに足跡を残したほか、チベットのカイラス山にも訪れている。2006年からは「つきのいえ」の名物スタッフとして、多くのお客様や地元の人々に慕われている。東ネパール出身。

渡辺 桂亮・泰子 (わたなべけいすけ たいこ)

渡辺桂亮さん(1947年生まれ72歳)、泰子さん(1949年生まれ70歳)東秩父村に生まれ育ち、村の自然を知り尽くし、「自然と遊んでるのよ」をモットーに暮らすご夫婦。桂亮さんは、定年後所有する山の整備や景観維持のために、あじさいの道と呼ばれる花の名所の手入れを行っており、毎年多くのファンが渡辺さんご夫婦に会いに訪れる。また、東秩父猟友会の会長でもあり、自然と人との共生のために尽力している。

泰子さんは、東秩父野草に親しむ会の会員で、地元主婦らと長年にわたって村中の山里を歩いてきた。山野草の植生や利活用、地域に伝わる知恵を日常の中で実践し、交流ツアーなどのガイドもつとめる名物お母さん。

ネパール支店スタッフ

スレシュ・サキャ (Suresh Shakya)

上市峰窓会 (かみいちほうそうかい)

創立:1950年、現在会員数:25名
主な活動範囲:四季の剱岳とその周辺山域
海外遠征:カランカ峰6,931m(ガルワール・ヒマラヤ)初登頂
アンナプルナⅡ峰、マッキンリー他遠征
ヒマラヤから山菜採り山行まで幅広く活動中

星空メッセンジャー

佐々木 勇太 (ささき ゆうた)

学生時代より地元のプラネタリウムに通い、星を見上げるようになる。天文光学機器メーカー勤務を経て、 『星』をテーマとした世界一周の旅へ。43 ヶ国 145 都市を訪れ、世界各地にある天文台やプラネタリウム、星空の美しい場所を巡り、現在はその経験を活かし、国内外問わず各地の星空やイベント講演、野外音楽フェスなど活躍の場を広げながら、日々熱弁をふるっている。

講師

志村 真幸 (しむら まさき)

1977年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。南方熊楠顕彰会理事、『熊楠研究』編集委員、慶應義塾大学非常勤講師。

2001年より南方熊楠旧邸での資料調査に従事。南方熊楠顕彰館にて特別展「ロンドン時代の南方熊楠」(2016年)、「南方熊楠と神秘主義」(2017年)、「南方熊楠と和歌山の食文化」(2018年)などを担当。

著書に、『熊楠と猫』(編著、共和国、2018年)、『南方熊楠英文論考[ノーツ アンド クエリーズ]誌篇』(共訳,集英社,2014年)、『日本犬の誕生-純血と選別の日本近代史』(勉誠出版、2017年)ほか。

講師

梅津 保一 (うめつ やすいち)

1941年尾花沢市生まれ
山形大学教育学部卒業後、県立高等学校教諭として勤務し、真室川高等学校校長で退職。現在、山形県立米沢女子短期大学非常勤講師、東北観光推進機構「おくのほそ道」研究会座長、NPO法人芭蕉翁「おくのほそ道」ネットワーク理事・「おくのほそ道」大学学長など歴任。

コルネ

ブータンの日本語ガイド シンゲ・ナムゲル(サイクリング中)

ブータン・カゼ・ツアーズ&トレックス(BKT)社長

シンゲ・ナムゲル (しんげ なむげる)

風のブータンが誇るNO.1日本語ガイド
Bhutan Kaze Tours &Treks(通称BKT)社長兼日本語ガイド。日本語ガイドとしてはブータン最古参で、ブータン王族を含む要人の通訳として同行来日したこともある。日本(名古屋)在住暦7年強、現在ティンプー在住。日本滞在時、相撲は寺尾、野球はドラゴンズのファンだった。青春時代からBryan Adamsなど洋楽ロックを愛聴し、ゾンカ語(ブータンの母国語)の歌を愛唱している。TVや雑誌取材のコーディネート経験も豊富。近年はMTBにはまり「週末ライダー」としてのキャリアもすでに6年になる。

同行ガイド

小林 千穂 (こばやし ちほ)

山岳ライター・編集者。山好きの父の影響で、子どものころに山登りをはじめ、里山歩きから雪山、海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、編集プロダクションウオークに入社。現在はフリーのライター・編集者として活動している。『山と溪谷』『ワンダーフォーゲル』など登山専門誌に多数寄稿するほか、山番組にも出演。著者は『失敗しない山登り』(講談社)、『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)など。日本山岳ガイド協会認定、登山ガイド。