講師

村上 大輔 (むらかみ だいすけ)

人類学者。チベット文化研究者。名古屋大学工学部応用物理学科卒。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院にて社会人類学博士号取得(2006年)。フィールドワークのためチベット・ラサに8年間滞在。2007年4月より2014年1月まで、風の旅行社ラサ常駐駐在員。現在、駿河台大学准教授、早稲田大学・慶応義塾大学非常勤講師。著書:『チベット 聖地の路地裏 ― 八年のラサ滞在記』(2016年)法蔵館(京都)『National Imaginings and Ethnic Tourism in Lhasa, Tibet ―Postcolonial Identities amongst Contemporary Tibetans ―』(2011年) Vajira Publications (Kathmandu, Nepal)

講師

益田 文和 (ますだ ふみかず)

現場主義で世界を飛び回る、サステナブルデザインの専門家

株式会社オープンハウス代表取締役、デザインコンサルタント。
サステナブルな社会を実現するためのデザインが専門。magno, spedagiの創始者であるデザイナー、シンギー・カルトノとは旧知の間柄であり、2014年以来2年毎に開催しているInternational Conference on Village Revitalization (ICVR=村を元気にする国際会議)のアドバイザーを務める。2016年に一般社団法人Spedagi Japanを設立、現在顧問。
元東京造形大学教授、環境省グッドライフアワード実行委員長。

代表取締役

原 優二 (はら ゆうじ)

1956年生まれ。東京都職員、長野県丸子町の小学校教員を経て、1990年に東京の海外旅行専門の旅行会社に就職。1991年、風の旅行社設立。代表取締役に就任。2014年より亜細亜大学経営学部 ホスピタリティマネージメント学科客員教授を兼任。著書『風の旅行社物語』では、風の旅行社の歴史から旅への思いまでが熱くつづられています。

取締役

竹原 幹也 (たけはら みきや)

財務・総務担当。
最近はめっきり添乗業務がなく、みなさまにお会いできる機会が減っている私ですが、虎視眈々と次の添乗機会を狙っていますので、ご一緒出来たあかつきには、どーぞ、よろしくおねがいします。ダルバートと阪神がめちゃめちゃ大好きです!!

東京本社

山田 基広 (やまだ もとひろ)

モンゴル・インドシナ担当。
旅する子煩悩。乗馬大好き。山登り大好き。自転車大好き。海遊び大好き。と、一たび外に飛び出せば無限に広がるフィールドにあふれる興味と好奇心が暴走してとまりません。普段は押さえ込んでいるこの気持ちは添乗に出たときに爆発します。ご注意下さい。

大阪支店長

中坪 聴子 (なかつぼ あきこ)

無知な私にいろいろ教えてくれる大阪支店のボス。食通で旅好きなことも知られており、タッハンマリ(鶏鍋)を求めてわざわざ韓国まで行った事も。「おもろいこと」と「おいしいもん」が生きていく上で重要だといつも教えてくれます。飲みすぎて酔っ払うと「ここで寝てもいい?」を連発するので、ご注意下さい。(書いた人:みや)

東京本社

田中 真紀子 (たなか まきこ)

企画販売担当。ラダック、ブータン、チベット文化圏の企画担当。中央アジア、モロッコも得意地域。
幼稚園~高校まで日米欧を行き来して育つうちに、旅人体質に。アジアに惹かれたきっかけは17歳で友人と旅したネパール。生きているうちに南極大陸に立ってペンギンと限りなく透明なブルーの氷河を見るのが夢。普段は美味しい食べ物と刺繍をこよなく愛すインドア派。高じて、インド&スリランカのスパイス・アーユルヴェーダ料理、カンタ刺繍をプロの元で研鑽中。通訳案内士(英)。

東京本社(風カルチャークラブ)

竹嶋 友 (たけしま ゆう)

学生スタディツアー・FOOTRAVEL・バングラデシュ・モンゴル奥地企画担当。
大学中退後、モンゴルへ放浪の旅に出る。その後、1年半かかって風入社(2回落とされる)。生まれも育ちも葛飾(残念ながら柴又ではない)。その影響か川の土手が好き。

趣味・特技
①小学校からやっているサッカー。今も都内で仲間と汗を流す日々。
②阿波踊りの太鼓(高円寺の連に所属)毎年夏はテンションが最高潮に。

風カルチャークラブ

嶋田 京一 (しまだ きょういち)

秋田出身。なかなかひとつの事を継続出来ない性分ですが、アスファルト上にそのままではヤバそうなミミズを見かけたら、そっと救い出す運動だけは継続中(18年目突入)。先日、都内の舗装路で久々に救出活動をする。通算24匹目。前向きさだけが唯一の取り得なので、後ろ向きのときは声をかけてください、振り向きます。

東京本社

岡田 尚子 (おかだ なおこ)

手配部所属。海外手配担当。双子の男児とその兄の3兄弟の子育てに追われながら息抜き(?)に仕事に来ている肝っ玉母。21歳で初めての海外はオーストラリアへのワーキングホリデーという元バックパッカーも、今では子供を抱えて海外にも行けず、旅行会社の社員でありながら、とうとうパスポートの期限も切れてしまった……

東京本社

荻原 文彦 (おぎわら ふみひこ)

2005年入社、企画販売部。信州出身で幼少の頃より山に親しむ。初海外は学生時代のヨセミテ国立公園へのクライミングトリップ、以後ネパールヒマラヤ遠征を2度経験。現在はネパール、国内外トレッキング、高所ツアーを担当。

東京本社

中村 昌文 (なかむら まさふみ)

企画販売部。幼少のころから中国・シルクロードに憧れ、学生時代にはバックパックを担いで中国旅行へ。その後、休学して北京に1年半の語学留学。風の旅行社入社後は2001年、2004年の2度に渡り夏のチベット短期駐在員を経験するなど、ブータンやラダックを含むチベット文化圏を中心に担当。チベットの歴史、チベット仏教美術に特に興味を持つ。
また好角家で、風の「相撲部長」を自認している。