2名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

日本人のルーツ?どこか似ていてどこか違う

A 中国貴州にミャオ族、トン族、スイ族の村と祭りを訪れる6日間 B 中国貴州にミャオ族、トン族、スイ族の村を訪ねる冬休み6日間

  • トン族のシンボル鼓楼 大歌祭の舞台でもある
  • 長角ミャオ族の女性の伝統的な髪形 猛獣から身を守るための威嚇という説もある
  • お祭では子どもたちも主役だ(舟渓 芦笙祭にて)
  • 祭りに正装をしたミャオ族の女性(姉妹飯にて)
  • スイ族の歓迎式 おもてなしの心が通じています

日程の変更のお知らせ

「2018年秋~春のツアーパンフレット」では、2日目の宿泊地は凱里ですが、貴陽に変更しています。


●貴州で出会う民族と祭
中国の西南内陸部に位置する貴州省。あまり知られていない省かもしれません。しかし、おもち、納豆、豆腐や高床式の住居など日本との共通点を見出すことの多い少数民族が暮らしています。明治時代、ここに日本人のルーツを求めた民俗学者もいました。そのせいか、訪ねるとどこかなつかしい気持ちになります。Aコースでは、彼らの晴れの舞台。男女の出会いの場であり、民族を再確認する大切なイベント「祭」を通じて、貴州の魅力に迫ります。Bコースは、祭見学はありませんが、冬休みを利用して伝統を残す少数民族の村々を訪ねます。

ツアーポイント
1. 貴州省に暮らす少数民族・スイ族,トン族,ミャオ族の村を訪問
2. 貴州のお祭り(大歌、跳花祭、芦笙祭、姉妹飯のいずれか)を見学します(Aコースのみ)
3. ミャオ族の村では歓迎式を体験、希望者は民族衣装も試着(女性用のみ)
4. トン族の村では日本の五重塔にも似た鼓楼などを見学します
5. タイ語系の民族で固有の文字を持つスイ族の村を訪ねます

このツアーは割引サービスが適用されます。


関連よみもの

このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
乗継地
貴陽(グイヤン)
7:00~14:30:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)を出発。空路、乗り継いで貴州省の省都・貴陽へ。
夜または深夜:到着後、ホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 夕
2貴陽
梭嘎(スォガ)
貴陽
午前:車で大きな角のような髪型が特徴の長角ミャオ族の村・梭嘎へ。希望者は独特の髪型と民族衣装(女性用)を体験してみましょう。(走行=約190㎞、約4時間)※2/24発は、長角ミャオ族の跳花祭も見学します。
午後:貴陽に戻ります。(走行=約190㎞、約4時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3貴陽
凱裏郊外の村
凱裏(カイリー)
<11/25発、2/13発、12/30発の場合>
午前:小花ミャオ族の青曼村(チンマン)へ。(走行=約200㎞、約3時間)歓迎のセレモニーを体験します。希望者は小花ミャオ族のずっしり重い銀装飾の民族衣装が試着(女性用のみ)できます。この日の昼食は、ミャオ族の民家で家庭料理です。※12/30発は、鶏粥、酸湯魚などのミャオ族のお正月料理をいただきます。


午後:伝統的な製法で和紙を作り続ける石橋(シーチャオ)村を訪ねた(走行=約10㎞、約30分)後、凱裏に戻ります。(走行=約40㎞、約1時間半)

<2/21発の場合>
午前:小花ミャオ族の青曼村へ。(走行=約200㎞、約4時間)歓迎セレモニーを体験。希望者は試着(女性用のみ)も可能です。
午後:舟渓(ジョウシー)へ。(走行=約20㎞、約1時間) 長裾ミャオ族の祭・芦笙祭を見学後、凱裏に戻ります。(走行=約20㎞、約1時間)

<4/18発の場合>午前:施洞(シートン)へ。(走行=約290㎞、約5時間)
午後:恋の相手を探すミャオ族の祭典・姉妹飯(ジーメイファン)を見学後、戻ります。(走行=約120㎞、約3時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4凱裏
小黄(シャオファン)
従江(ソンジャン)
午前:トン族の小黄村などを訪ねます。(走行=約240km、約4時間半)
※11/25発小黄村でトン族の歌の祭・大歌を見学します。
午後:祭見学の後、従江へ。(走行=約30㎞、約1時間)
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5従江
三都(サンドゥ)
貴陽
中国国内
午前:車でスイ族自治県の中心地三都へ。郊外のスイ族の村を訪ねます。(走行=約160㎞、約3時間)
午後:車で貴陽に戻ります。(走行=約190㎞、約3時間)
夜:国内線で北京または上海へ。到着後、ご自身で空港隣接のホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事●朝 / 昼 / 機内
6中国国内
東京・大阪・名古屋
午前:ご自身で空港へ。空路、帰国の途へ。
17:00~21:00:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)到着。
  宿泊●泊 食事●機内 /  - /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京発 [ 大阪発を見る・名古屋発を見る ]
A 2018/11/25(日)※大歌祭見学263,000円
B 2018/12/30(日)303,000円
A 2019/2/13(水)※跳花祭見学268,000円
A 2019/2/21(日)※芦笙祭見学263,000円
A 2019/4/18(木)l※姉妹飯見学268,000円
大阪発 [ 東京発を見る・名古屋発を見る ]
A 2018/11/25(日)※大歌祭見学243,000円
B 2018/12/30(日)283,000円
A 2019/2/13(水)※跳花祭見学248,000円
A 2019/2/21(日)※芦笙祭見学243,000円
A 2019/4/18(木)l※姉妹飯見学248,000円
名古屋発 [ 東京発を見る・大阪発を見る ]
A 2018/11/25(日)※大歌祭見学243,000円
B 2018/12/30(日)283,000円
A 2019/2/13(水)※跳花祭見学248,000円
A 2019/2/21(日)※芦笙祭見学243,000円
A 2019/4/18(木)l※姉妹飯見学248,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名(定員16名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社●中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空
利用予定ホテル●
【貴陽】峰潤カルスト酒店、貴龍飯店
【凱里】藤龍假日酒店、金冠酒店
【従江】奥悦酒店、高増驛館
【上海】大衆空港賓館、莫泰168
【北京】豊栄君華酒店、東航大酒店、首都機場賓館
お一人部屋追加代金●25,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●国際線5,000円(2018年5月1日)
【注意事項】5、6日目の北京または上海ではガイドの送迎はございません。空港隣接のホテルまでご自身で移動いただきます。

●ツアー代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

 ▼各地空港税(事前徴収するもの)
 ○成田空港諸税:2,610円
 ○羽田空港諸税:2,670円(国際線)
 ○関西空港諸税:3,040円
 ○中部空港使用料:2,570円
 ○中国出国税:90元(約1,580円)
 ○中国国内空港税:50元x2回(約1,760円)
※2018年5月1日現在

●旅券(パスポート)
中国:入国時に有効期間が6ヶ月以上残っている旅券が必要です

●査証(ビザ)
中国:観光目的で入国する場合、15日以内の滞在は査証不要

※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

*地方発について
福岡など地方発はお問い合わせ下さい。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求