こちら、学スタ発信局

お世話になった金華山のお二人が、退職されました

 

kochisuta20180613

退社奉告祭を奉仕される日野権禰宜


学生スタディツアーの中で、東日本大震災の復興支援活動をおこなっている主な活動地、宮城県金華山・黄金山神社の、いつも我々ボランティアの受入れをしてくださっていたお二人が、この度退職されたとの報告が来ました。

退職されたのは、権禰宜の日野さん、巫女の大沼さんです。

日野さんは、学スタで最初の復興支援ボランティアツアーとなる2012年8月から、神社側のボランティア受入れを担当して下さり、私たちスタッフからしてみれば、少しおこがましいですが、“同志”ともいえるほど篤い信頼を寄せていた方です。

大沼さんは、同ツアーでの私たちの任務が、徐々に土木作業・整備系→神社裏方スタッフへと徐々に遷移していく中で、特に女性参加者が授与所の持ち場に着任した際に、指導およびサポートをしてくださいました。

お二人とも、2011年の大震災から現在に至る金華山の大変困難な時期に、復旧と復興を支えご尽力してこられた方。現在まで本当にお疲れさまでした。そしてこれからもどうか、このご縁を大切に、私たちや過去の参加者との繋がりも引き続き持って頂けたら幸いです。

下記の金華山黄金山神社のブログ内でも紹介されていますが、震災後、長きに亘り復興支援活動をされている、「this is a pen」さんの活動でも分かる通り、被災から7年以上経った現在もなお、地震や津波を起因とした爪あとが残っている金華山。

金華山黄金山神社ブログ「金華山日誌」

※6月20日(水)記事 「出発と再生」(外部リンク)



私たちはこれからも、金華山や女川などを中心にした復興支援活動を伴う旅を通して、旅行会社としての立場から、地域の方々と協力した活動を継続していきたいと考えています。

★宮城県・金華山で活動する復興支援ツアー★


jp-nk-st-07_s【地球の歩き方・コラボレーションツアー】
催行決定!【2018秋】 宮城県・金華山 巫女の仕事体験と復興の“今”を考える3日間

10/6(土)発|現地集合・解散 45,000円 催行決定

ツアー概要
東日本大震災の震源地に最も近い有人地、金華山。今回は鹿の角切り行事祭で賑わう10月の連休に、スタッフ・巫女として神社を支えてくれる方を募集します。2日目の夜には、滞在中の活動を通して感じた事や金華山の今後について話し合う意見交換会を実施。

鹿角表面の自然な風合いを活かした試作品【地球の歩き方・コラボレーションツアー】
【予告:2019GW】 宮城県・金華山 鹿の角を拾ってものづくり 復興支援ボランティア3日間

ツアー概要
東日本大震災の震源地に最も近い有人地、金華山。ここで復興支援を目的に、ものづくりを進める鹿角プロジェクトチームの活動に参加し、鹿角拾いボランティアや試作品を作るお手伝いを。


★関連ページ★

風の旅行社と金華山のつながり


【宮城県・金華山】 鹿の角で「ものづくり」、復興支援に繋げたい!


→ 風の学生スタディツアー 一覧はこちら


→風の学生スタディツアーTOPへ
→学生スタディツアーの企画者ブログ「こちら、学スタ発信局」記事一覧はこちら

「学生スタディツアー」パンフレットのご請求・お問い合わせはこちらから