ツアー関連情報

ネパールの伝統を伝えるヘリテージホテル『風ダルバール・カマルポカリ』

 


ネパールの首都カトマンズのホテル「風ダルバール・カマルポカリ」。風の旅行社ネパール支店の社長プリスビーが「ネパールのためになることをしたい」と、全身全霊を傾けて、細部へのコダワリを満載した自慢のホテルです。ネパールの文化と歴史を感じる建造物を利用し、自然・天然の素材にこだわり、ネパールの良さを、世界に、後世に伝えることを目的にしています。


nepal_kiji037_header ホテル基本情報 nepal_kiji037_header


nepal_kiji037_header ロケーション
カマルポカリとは「蓮の泉」の意味。かつてはこの地に蓮のたくさん生えた泉があったそうです。賑やかなカトマンズの中心部でありながら、非常に静かな地区です。

ホテルの300m南側にはショッピングセンター「シティセンターモール」があり、スーパーマーケットやフードコートなど多くのお店が集まっています。また、ホテルの350m北西には「ナーガポカリ」と呼ばれる蛇の神様を祀っている池があり、毎朝多くの人が参拝に訪れます。

詳細地図
詳細地図

※クリックでパノラマ画像が立ち上がります。


スタッフ一同

nepal_kiji037_header アクセス
カトマンズ・トリブバン国際空港まで:約4.2km
タメル地区まで:約2.2km(徒歩約20分)

nepal_kiji037_header スタッフ
日本語、英語の話せるスタッフが常駐します。

風の旅行社 ネパール支店を併設

nepal_kiji037

風の旅行社カトマンズ支店は、2016年11月よりホテル「風ダルバール・カマルポカリ」敷地内に移転しました。ガイドや予約手配のみならず、バス切符などの販売やオプショナルツアーの受付も行い、常に皆様の旅の良き思い出作りのお手伝いに努めています。休業日を除き日本語スタッフが常駐しておりますので、イザという時の対応もお任せ下さい。



nepal_kiji037_header 設 備 nepal_kiji037_header


※2017年1月現在の情報です。予告なく変更になる場合があります。


nepal_kiji037_header 部 屋 ―― デラックスルーム:7部屋(バスタブ付は2部屋)、スタンダードルーム:15部屋(シングル/ツイン/トリプル。バスタブ付は3部屋)
※伝統的な邸宅を改築しているため、客室の大きさや形状は部屋によって異なります。ボイラーの稼働時間により、お湯の使用に制限がある場合がございます。バスタブは横110cm×縦90cm×深80cmほどの小さなもの。水不足のカトマンズでも少ない湯量で肩まで浸かって温まれる特注品です。

nepal_kiji037_header 家 具 ―― ベッドはシングルでも幅110cmの大きめサイズ。大柄な方でもゆったり寝られます。部屋には余計なものは極力置かないようにしており、ミニバー、テレビはありません。机、クローゼットなどはバクタプルの職人に作らせた特注品。全室Wi‐Fi 無料です。コンセントはA型(日本と同じタイプ)もございます。冬はヒーターもご用意します。

nepal_kiji037_header アメニティ ―― ドライヤーとタオル(大小)、無料のミネラルウォーター、手作りクッキー、ハーブ石鹸をご用意しています。環境への負荷を考え、使い捨てのシャンプー、歯ブラシ、歯磨き粉は用意がありません。

nepal_kiji037_header 建 材 ―― ラナ王朝時代に作られた宮廷の素材(レンガ、柱、窓枠など)を丁寧にリサイクルして建てられています。レンガ、土、木の建築は夏は涼しく冬は暖かいので、夏でもエアコンは必要ありません。


ラナ家とは? 風ダルバール・カマルポカリとラナ家の邸宅
ラナ家とは、1846年~1951年の約100年にわたってネパールを支配した宰相家(事実上の独裁王家)です。風ダルバール・カマルポカリは、約70年前に建てられたラナ家の邸宅の1つを改築したものです。「ダルバール」とは、もともとネパール語で「館」「邸宅」を意味します。


nepal_kiji037_header サービス nepal_kiji037_header


nepal_kiji037_header レストラン&バー

nepal_kiji037

ネパール料理はもちろん、カトマンズの有機農場で採れた有機野菜をふんだんに使った日本料理、西洋料理、中華料理などバラエティー豊かなメニューをご用意しております。また、自家製の手作りケーキや、オーガニックコーヒー、数種類のネパールビールや日本酒などもお楽しみいただけます。
親しみの湧く暖かいサービスをモットーにしたスタッフたちの笑顔と共にお楽しみください。

nepal_kiji037_header 両替&ショッピング
ホテルのフロントにて、日本円/米ドルなどからネパール・ルピーにご両替いただけます。隣のショップでは、手作りのネパール国旗型クッキーや雑貨などのお土産物をはじめ、日用品も取り揃えております。

nepal_kiji037_header バンケットルーム

nepal_kiji037

様々なミーティングやイベントを開催するのに最適なバンケットルームもご用意しています。
900平方フィートの施設には、プロジェクター、ホワイトボード、無線マイク、Wi-Fiが完備されています。(定員:シアター形式で70-80名)

nepal_kiji037_header タメル地区無料送迎
ホテル → タメル 10:00発 / 13:30発
タメル → ホテル 14:00発 / 17:00発
※上記以外の時間にお車が必要な場合には、有料の送迎サービスがございます。また、カトマンズ空港までの送迎も可能です。ご利用の方は、フロントにお申し出ください。


チョウタラのある中庭

nepal_kiji037

中庭は風ダルバールを象徴する施設のひとつ。古い館のレンガを敷き詰めた中庭の真ん中には、チョウタラと呼ばれる50cmほどの高さで直径2メートルほどの円筒形の腰掛を作り、中心に3m程の高さの一本の木が植えてあり、お客様のくつろぎのスペースとなっています。
重い荷物を籠に入れ、頭に紐をかけて運ぶネパールの人々は、紐を頭にかけたままこのチョウタラに腰掛けて休憩を取ります。再び歩き始めるときにも重い荷物を持ち上げる必要がなく、真ん中の木は大きくなると周囲に大きな木陰を作り、休んでいる人を癒すなど、チョウタラにはネパールの生活の知恵を象徴するもの。通常、街道沿いに設置され、ネパールでトレッキングをする際には必ず目にします。


nepal_kiji037_header 風ダルバールの目指すもの nepal_kiji037_header


nepal_kiji037_header ネパールの歴史的建造物を通じて、文化を維持発展させる
歴史的、文化的に価値のあるネパール建築をホテルとして再利用することで、コンセプトや素材も含めて、その価値を維持発展させることを目指します。

nepal_kiji037_header 環境に配慮し、天然素材を利用する
環境に配慮し、建物だけでなく備品に関しても天然の素材をできるだけ利用します。レストランでは専用の農場で栽培した有機野菜を積極的に取り入れたオーガニックな料理を提供し、農業国ネパールでのパーマカルチャーを積極的に支援し、人々の日常生活に取り入れられることを目指します。

nepal_kiji037_header ネパール文化を世界へ
旅行業、ホテル業を通じて雇用を生みだし、ネパールの豊かな自然や文化を広く世界へ紹介し次の世代へと引き継いでいくことを目指します。





 他にもあります ネパールの「風のいえ」

つきのいえ
「つきのいえ」に泊まるツアー
はなのいえ
「はなのいえ」に泊まるツアー

ネパール・ツアー一覧