相田義人氏から学ぶ

カスタムナイフ・メーキング

  • 高い技術を持つ講師から直接、ナイフメイキングの指導を受ける。
  • 全ての行程を自分の手で。一からのものづくりに挑戦。(研磨作業中)
  • 磨きぬかれたブレード
  • ナイフのマスター(型)。それぞれに名前がある。

カスタムナイフとは、一本一本がいわばオーダーメイドのナイフのこと。
「ナイフは人間が火の次に手に入れた道具である」(ラブレス氏)と、有史以前より大切な道具として使われてきたナイフの素材は、石器、骨器、青銅、鉄器、という変遷を経て、現代のステンレス全盛に到達した。相田氏の理想のナイフとは、「切るための道具」として正しく立脚したものと、話してくれる。道具としての本質的な機能美を追及しつづける、世界的なメーカー・相田義人氏にナイフを学び、制作する。
講座ではベルトグラインダー(米国パーキング社製)を使用し、ストック&リムーバル(削り出し法)による本格的なカスタムナイフメーキングを習得します。

※この講座は2週にわたり全4回(日帰りで4日)で一本のナイフを製作いたします。
※日程はそれぞれ日帰りです

【2014年4月以降の消費税改正(8%)に伴い、国内の講座参加費および旅行代金の料金改定をさせていただきました。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。】

講師

相田 義人(あいだ よしひと)

世界的なカスタムナイフメーカー (マトリックス・アイダ)

1948年、東京生まれ、板橋区成増在住。家業は爪切りやカミソリ制作の金属加工業をしており、そもそも恵まれた環境にいたといえる。1977年に渡米、R.W.ラブレス氏に師事し、ナイフメーキングの基本を習得、フルタイムのナイフメーカーになった。今ではラブレスの工法とシステムに熟達し、ラブレスナイフ・真の後継者で、世界的なカスタムナイフメーカーといわれる。内外にファンが多く、注文してから手元に届くまで3〜6ヶ月はかかる。オートバイ、釣り、登山、読書、音楽、など趣味も多才。「マトリックス・アイダ」HP


朝霞市(埼玉県)の場所


関連講座

こんな講座もあります

じっくり腰を下ろして体験&ものづくり

「悠々ニッポン」



スケジュール
内容
1日目 (土)09:00 東武東上線朝霞台駅集合 
午前講習09:30〜12:00 午後講習13:00〜17:00
(1)デザイン (2)マスター(型紙)の制作 (3)鋼材へのケガキ
2日目 (日)09:30〜17:00
(4)外形の削り出し (5)ヒルト(鍔)加工 (6)荒削り
(7)熱処理出し=外注加工依頼)
3日目 (土)09:30〜17:00
(8)再研磨 (9)ブレード面手磨き (10)ヒルト取付け (11)ハンドル材取付け
4日目 (日)09:30〜17:00
(12)外形仕上げ (13)シース(鞘)制作 (14)名前入れ (15)刃付け (16)完成
ご旅行条件・講座要項ほか

会場● 埼玉県朝霞市 マトリックス・アイダ工房
定員● 3名
参加費に含むもの●
工房使用料・原材料費・消費税

※この講座は2週にわたり全4回(日帰りで4日)で一本のナイフを製作いたします。
※日程はそれぞれ日帰りです

ご出発日と料金
2019年
2月16日、17日、23日、24日 4日間
61,560円
2019年
5月11日、12日、18日、19日 4日間
61,560円
2019年
6月8日、9日、15日、16日 4日間
61,560円
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

▲ページの先頭へ