つむじかぜ 567号 晴天率高くて寒くない!? 旅先に悩んだら春のチベットへっ!! 号


つむじかぜ567号



 晴天率高くて寒くない!?
旅先に悩んだら春のチベットへっ!! 号


【特集1】短い日程で鉄道もラサの見所もしっかり!


チベットに行くなら感じて欲しい「旧市街散策」、「茶館でお茶」、「チベタンと歩く巡礼路」、「民家訪問」と短い日程で「本当のチベット」に触れるためのコダワリが満載!の大人気コースです!


【特集2】追加設定! ユーコンで魚釣りしませんか?


【追加設定】夏のユーコン(カナダ極北)新企画

夏のユーコン(カナダ極北)新企画です。8/11(木祝)発は満席につき、8/19(金)発を追加設定しました!

ユーコン川の支流・タキーニ川を舞台に、原野でキャンプや釣りをしながら3日間の川下りを楽しみます。カヌーもキャンプも釣りも、全く初心者の方でもご参加いただけます。澄んだ美しい清流で育つカワヒメマス(グレイリング)は、初心者でも釣りやすい美味しい魚です。から揚げやホイル焼きにしていただきましょう♪

→ タキーニ川・カヌー旅の詳しい様子はコチラ!

極北の清流で遊ぶ!

2019/8/2(金)発 ユーコン・タキーニ川カヌー&キャンプ7日間

3名催行日本語ガイド早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/08/02 ¥475,000 東京 終了
ユーコン川の支流・「タキーニ川」を舞台に、3日間掛けて、キャンプをしながらカヌーやカヤックに乗って、のんびりと下っていきます。

詳細を見る


特選!風カルチャークラブ情報





じつはサイクリング初心者こそ自転車でチベットの魅力に触れてほしいと思っています。
なぜか?それは農村のチベットの人たちや昔ながらの風景など、チベットらしさを感じるには自転車が最適だからです。

なにげない農村風景を楽しむには、クルマで びゅーっと着いておりたっても心が付いてきません! 徒歩の場合は、行動範囲がある程度限られます。 自転車なら歩きよりも出会いの数が違います。出会いが多い! 素敵な出会いと素晴らしい風景が流れるように味わえる。 その連続性がサイクリングツアーの魅力です。

風の旅行社の高所順応のノウハウとサイクリングツアーの達人、丹羽隆志さんが組むことで安心でチベットを楽しむことが出来ます。3月9日(水)夜に説明会を開催します。どうぞいらしてください!

楽しいサイクリングツアーをあのチベットで体験!


今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


【風の鳥日和】
【開講記】農耕地で多様種を観察  静岡・浮島が原
箱根を越えないとなかなか見れない”ケリ”にも会えました!

【シルクロード関連情報】
シルクロード大走破: 見どころ一挙ご紹介!(第一弾)
西安、天水、蘭州、敦煌の見どころをご紹介! ホテル事情も必見。
【モンゴル関連情報】
夏の親子(家族)旅行に「モンゴル」がおススメできる理由
感動的な大自然の演出を、ぜひ。


お待ちかね!風のイベント情報


東京・風のイベント


【説明会】3/5(土) ネパール・トレッキング その魅力と旅の準備
美しきヒマラヤを間近に感じ、素朴な山の暮らしにふれるネパールのトレッキング。主要エリア(エベレスト・アンナプルナ・ランタン)についてと、気候や服装などの基本情報をご説明します。GWや秋以降来シーズンに向けてお気軽にご参加下さい。

  • 日 時:2016年3月5日(土)11:00~12:30
  • 会 場:風の旅行社 東京本社 7階セミナールーム(東京・中野)
  • 定 員:24名(先着順、事前予約制)
  • 参加費:無料


関西・風のイベント


<新設定>夏~秋 深緑のチベット&ブータンでの楽しみ方・体験できること
大阪開催の食事会イベントを新設定! 今回のテーマはチベット&ブータンです。チベット料理店スノーライオンさんのおいしいお料理もお楽しみに~。

  • 日 時:2016年6月4日(土) 11:30~14:00
  • 会 場:チベット料理店 スノーライオン(大阪・新町)
  • 定 員:15名前後(先着順、事前予約制)
  • 参加費:2,000円


外部イベント


ilo itoo exhibition 2016 at Bahar
Francisca’s Embroidery Work from Guatemala

グアテマラの色鮮やかな伝統衣装ウィピルや、ilo itooオリジナル小物の展示即売会。風の女性スタッフにも人気のお店が福岡より上京! 関東にお住まいの方はチャンスですよ〜☆ 小物づくりワークショップも。

  • 日 時:2016年3月3日~6日、10日~12日、 17日~19日 13:00~18:00
  • 会 場Bahar(東京都・江東区)
  • チケット代:前売り3,000円/当日券3,500円





風の向くまま・気の向くまま ―第三百九十一話―

 

代表取締役 原 優二

●鎮魂

ネパール人でも聖地パシュパティナート(カトマンズにあるヒンドゥ寺院)を訪れたことのない人は多い。山村では村から外へ出たことのない人が殆どだから、首都カトマンズにあるこの寺院を訪れることは、夢のまた夢なのかもしれない。

2/14(日)BS1スペシャル『精霊流しの夜に~ネパール 大震災を越えて~』では、 昨年の4.25ネパール大地震で、夫を目の前で亡くしたシラサーニさんが、パシュパティナートで毎年12月に行われる「バラチャトゥルダシ」に、夫の霊を慰めるためにやって来るその姿を、NHKのカメラが追った。

「夫は、ここに私が来ることを待っていたにちがいない」
「生まれ変わったら、また、夫と一緒になりたい」

そんなシラサーニさんの言葉が印象的だった。この祭りのクライマックスを迎える深夜には、人々が、パシュパティナートの境内を流れる聖なる川・バグマティに灯明を流す。その幻想的な空間が亡き人たちの魂を鎮め、残された人々の悲しみを癒す。

日本でも災害で突然失った肉親を偲び、その鎮魂をテーマにしたドキュメンタリーが度々描かれる。人は、突然、肉親を奪われたとき、大きな喪失感に襲われ、なかなかその死を受け入れることができない。私は、そういう経験はないが、母の死は、明らかに知人の死とは違う何かが心の中に残っている。

母は、4年前の正月あけ、風邪をこじらせ入院したが、薬の投与の後、意識が戻らなくなった。目は開けていても、意識がなく言葉もまったく発することができなくなって4ヶ月。病院のベットで亡くなった。虚ろではあっても何かを訴えるような母の目を忘れることはできない。

シラサーニさんは、地震の日、いつもは夫が昼ごはんを作るのに、この日は何故かシラサーニさんに作ってくれと何回もいうので、先に家に帰って食事の用意をし食事を済ませて家の外にいた。夫は、畑仕事から帰ってきて、遅めの食事をし、半身家の中、半身は外に出して休んでいた。そこに地震が来た。夫は目の前で亡くなった。

ネパールの多くの村で家が倒壊した。そもそも地震に耐えられるような造りにはなっていない。今、そうした村ではトタンの家で人々は暮らしている。仮の住まいのはずが、きっとそのまま何年にもわたって彼らの住まいになるだろう。

魂の鎮魂は残された人々の未来の為にも大切だ。しかし、ネパールの現状を見ると、もっと考えなくてはならない問題が山積みである。崩れたレンガは片付けられても、そこから先は何も進んでいない。そんな村が殆どだ。

そのことを思うと、本当に切ない。報道として、何故そうなのかを是非、取り上げてほしい。国はいったい何をやったのか、今から何をしようとしているのか。この問題を解決しないと本当の鎮魂にはならないように思う。

≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜


▼2/20(土)21:00~22:30 NHKBSプレミアム
『体感!グレートネーチャー』「伝説の大地“奇跡の瞬間”スペシャル」
複数の自然条件が重なった時にだけ見られる奇跡の瞬間。モンゴル“伝説の3つの太陽”、マヤ文明神話の風景“水中洞窟・光の束”など奇跡の絶景の数々を紹介。


▼2/21(日)19:00~20:55 BSフジ
『日曜ゴールデン』「日中共同制作 天山を往く~氷河の恵みシルクロード物語~」
中国最西端、ユーラシア大陸の中央に鎮座する天山山脈。天山の水と氷にスポットを当てながら、この大地に生きる動植物や人々の営みを雄大な景色と共に描く。


▼2/23(火)13:00~15:00 BSプレミアム
『プレミアムシネマ』「知りすぎていた男」
モロッコが舞台のヒッチコック監督のサスペンス大作。モロッコ旅行をしていたある家族が、殺人事件に遭遇し、強大な事件に巻き込まれていく・・・。

【気になる映画情報】

▼3/12(土)公開
映画『エヴェレスト-神々の山嶺』
「映像化不可能」な小説NO.1と言われ続けてきた夢枕獏氏の世界的ベストセラーがついに映画化。風スタッフも公開を心待ちにしています!


編集後記


『ユーコンをカヌーで旅する』 

カヌーやカヤックをやっている人はもちろん、いままで一度も経験がない方でも一度は憧れる旅なのではないでしょうか。

風の旅行社員の中で唯一、カヤックで川を下る旅を趣味にしている私。2014年の冬に初めてユーコンへ訪れたとき、大河ユーコンを一目見ただけで感動したものです。

面白そうな遊びは大抵経験している私ですが、実は、もっとも癒されるアクティビティだと思っているのが、このカヌー旅。

水面から眺める景色の美しさ、ゆらゆらと揺れる心地よさ、川の流れに乗って、自然のリズムに身をゆだねる爽快感。そして、流木で焚き火を熾したり、釣った魚を捌いて食べたりと、その地の大自然を丸ごと体感できるのもカヌー旅の醍醐味。

陽光や風、満天の星やオーロラ、刻々と変化する川をツーリングする楽しさは、一度味わったら忘れられない感動をあたえてくれます。

この夏、スケールの大きな自然の中で、ストレスフリーの豊かな時間を過ごしたい方は、ぜひユーコンへ!

8/19(金)発 ユーコン・タキーニ川カヌー&キャンプ7日間
※先着4名様限定ですので興味がある方はどうぞお早めに!


(つむじかぜ一日編集長・ひらやま)




※次号568号は2016年2月25日頃の配信予定です。
——————————
 
■つむじかぜ567号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日 :2016年2月18日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2016 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)