つむじかぜ 584号  見あ~げて~ごらん♪ 夏の星空を楽しむツアー特集! 号

つむじかぜ584号


見あ~げて~ごらん♪
夏の星空を楽しむツアー特集! 号


特集1星に酔いしれる旅へ
夏の星空を楽しむツアー特集!



星空に酔いしれる旅に出よう・・・!

さすらいの馬頭琴・ホーミー男がご案内する

7/29(月)発 岡林立哉同行 モンゴルの大自然にひたる旅5・7日間

5名催行日本語ガイド早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/07/29(月)<5日間> ¥285,000 東京 催行決定
2019/07/29(月)<7日間> ¥328,000 東京 催行決定
モンゴル奥地を旅した岡林氏同行のコース。野性動植物の宝庫・ホスタイの自然散策、乗馬、遊牧民を訪問、夜は星空観察や馬頭琴&ホーミーコンサートも。

詳細を見る

<必見!>↑↓こちらのリンクには実際のホーミー&馬頭琴の演奏動画あり!



星空解説員と行く「ほしのいえ」

モンゴルの大草原で星空観察5日間

8名催行日本語ガイド添乗員早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/08/31(土) ¥248,000 東京 催行人員到達
風の旅行社直営キャンプ「ほしのいえ」で星空解説員のレクチャーとともに満天の星空を楽しみます。昼は乗馬体験や星空撮影教室も!

詳細を見る


国内にもこんな企画が!

「青ヶ島が50年に一度の豪雨とのニュース報道にご心配をいただいておりますが、大丈夫です、皆無事です! 7月29日は、皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております」

発信元(発言):青ヶ島村役場


特集2気になるツアーがきっと見つかる!
あなたのお申し込みで催行?! 同行者募集中ツアー



8/8発

ベストシーズンのモンゴルでアウトドア遊び!乗馬や川下りの他、オプショナルツアーで気球も楽しめます。8/8、8/9、8/10発でご旅行可能な方はぜひ!

短い期間でアウトドア満喫

空・川・乗馬 モンゴルを遊ぶ5日間

2名催行日本語ガイド

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/06/01〜6/30の(月)(水)(金)(土) ¥240,000 東京 募集中
2019/07/01〜7/31の(月)(水)(金)(土)※大阪発は水曜のみ ¥255,000 東京、大阪 募集中
2019/08/01〜8/9の(月)(水)(金)(土)※大阪発は水曜のみ ¥285,000 東京、大阪 募集中
2019/08/13~08/28の(月)(水)(金)(土)※大阪発は水曜のみ ¥275,000 東京、大阪 募集中
2019/09/01〜9/30の(月)(水)(金)(土) ¥250,000 東京 募集中
映画「白い馬」の撮影地となった「リバーサイドキャンプ場」。周囲には川や丘があり、遊び場満載。大自然を空から見下ろす熱気球(オプション)も。

詳細を見る

8/19発

短い日程で見所をおさえたブータンの人気コース。割引キャンペーン適用期間なので例年よりずっとお得にご旅行できます。

降り立てばそこは別世界

[WEB限定商品]【日本夕刻発】幸せの国ブータンのちいさな旅5日間

2名催行日本語ガイド

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2019/01/13〜1/31の毎日 ¥265,000 東京 終了
2019/01/13〜1/31の毎日 ¥265,000 大阪 終了
2019/02/01〜2/6の毎日 ¥271,000 東京 終了
2019/02/01〜2/6の毎日 ¥271,000 大阪 終了
2019/02/07〜2/9の毎日 ¥289,000 東京 終了
2019/02/07〜2/9の毎日 ¥289,000 大阪 終了
2019/02/10〜2/28の毎日 ¥271,000 東京 終了
2019/02/10〜2/28の毎日 ¥271,000 大阪 終了
2019/03/01〜3/13の毎日 ¥282,000 大阪 終了
2019/03/01〜3/13の毎日 ¥282,000 東京 終了
2019/03/20〜3/22の毎日 ¥320,000 東京 終了
2019/03/20〜3/22の毎日 ¥313,000 大阪 終了
2019/03/23〜3/31の毎日 ¥282,000 東京 終了
2019/03/23〜3/31の毎日 ¥282,000 大阪 終了
2019/04/01〜4/25の毎日 ¥298,000 東京 終了
2019/04/01〜4/25の毎日 ¥298,000 大阪 終了
2019/05/05〜5/30の毎日 ¥298,000 東京 終了
2019/05/05〜5/30の毎日 ¥298,000 大阪 終了
2019/09/01〜9/11の毎日 ¥298,000 東京 募集中
2019/09/01〜9/11の毎日 ¥298,000 大阪 募集中
2019/09/24〜9/30の毎日 ¥298,000 東京 募集中
2019/09/24〜9/30の毎日 ¥298,000 大阪 募集中
毎日出発設定。短い日数で効率的にブータンへ。日本語ガイドが同行。首都ティンプー、パロの見どころをめぐります。6日間コースもあります。

詳細を見る

9/2発

トルファン~クチャ~カシュガルと新疆ウイグル自治区の主要部を横断。さらに玉の町ホータン、タクラマカン砂漠でのテント泊、7000m峰を望むカラクリ湖など見どころ満載の内容です。


 催行決定・催行人員到達ツアーもチェック!


特選!風カルチャークラブ情報


古典の旅、撮影散歩、遊牧文化の手芸に、下北半島の自然まで、多様な自然、文化への扉を開く企画がまだまだ続きます!


7/2(土)

「古事記」における古代の神々 ~日本列島「神々の旅」を読む~ 出雲の神々


7/9(土)

カメラ片手に旅に出る ~東京ボーダー~

「陸の孤島・江戸川区の親水空間を行く」 


7/10(日)

遊牧民の手芸・装飾文化研究家・廣田千恵子さんに学ぶ

カザフの美しき民族文様と装飾の歴史 -2つの縫い針刺繍技法-


7/16(土)発

青森・下北半島はどうなっているか

-本州最北端をたしかめにいく-




今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


【ネパール 支店だより】

スレシュよりナマステ 大地震から1年経ちました

さぁ、ネパールへ行こう!

【モロッコ お知らせ】

2016年秋から2017年春の特別企画ツアー発表!

秋・春はモロッコのベストシーズンですよ!

【ウズベキスタン お知らせ】

2016年秋から2017年春の特別企画ツアー発表!

ウズベキスタンも秋・春がベストシーズン!


お待ちかね!風のイベント情報


東京・風のイベント


【概要発表】風の旅行社 設立25周年イベント ~風の◯◯~

風の旅行社 設立25周年記念を記念したBBQ大会。海外からのゲストも参加予定! イベントに合わせた講座やツアーも企画中!

  • 日 時:10/16(日)13:00~
  • 会 場:水元公園(東京・金町)
  • 参加費:大人:3,500円


関西・風のイベント


モロッコ料理とお話の会 2016

モロッコ料理を楽しみながら、現地での楽しみ方や情報をご紹介します!

  • 日 時:7/28(木)18:45~21:00
  • 会 場:モロッコ・トルコのスパイス料理 Eeek-a souk イーカスーク(大阪・福島区)
  • 定 員:10名(先着順、事前予約制)
  • 参加費:3,240円(食事代、税込)

  • 外部イベント


    みんぱく映画会 映画で知る中央・北アジア「モンゴル」

    多彩な中央・北アジアの歴史や文化を映像を通してご覧いただけるチャンスです。

    • 日 時:2016年6月25日(土)13:30開映(開場13:00)
    • 場 所:国立民族学博物館 講堂
    • 参加費:要展示観覧券(一般 420円)


    重松壮一郎✕岡林立哉 in 神戸

    ピアニスト重松壮一郎との共演ライブです。

    • 日 時:6月30日(木) 19:00開場(19:30開演)
    • 場 所:アートスペースさくらみ(神戸市)
    • 参加費:予約2,800円/当日3,000円
    • ※7月1日にも広島でライブがあります。

      >>重松壮一郎✕岡林立哉 in 広島


    岡林立哉 プラネタリウム七夕コンサート

    3年ぶりの明石市天文科学館でのプラネタリウムコンサート。ライブ終了後には、日時計広場にて、織姫星(ベガ)・牽牛星(アルタイル)を観る天体観望会を行います。

    (天体観望会は天候により中止となる場合があります。)

    • 日 時:7月2日(土) 18:30開場(19:00開演)
    • 場 所:明石市立天文科学館
    • 参加費:前売りチケット 800円(駐車場料金別途200円)


    「グアテマラのお昼ゴハンを食べよう。」

    映画『火の山のマリア』公開スペシャルイベント。グアテマラの色鮮やかな布小物を手掛けるilo itooさんによるお話会も!

    • 日 時:7/2(土)10:00~
    • 場 所:THEATER CIEMA(佐賀県佐賀市)
    • 参加費:3,000円(映画、ランチ+ドリンク、お話会のセット)


    映画『ラサへの歩き方〜祈りの2400km』

    シアター・イメージフォーラムでの初日が7/23(土)に決定しました!タイムテーブルは下記。

    • 日 時:7/23(土)~ 10:50/13:20/16:00/18:30 
    • 初日には身体に嬉しいチベット・ハーブティのプレゼントも!

      ※数量限定/先着順



    風の向くまま・気の向くまま ―第四百八話―

     

    代表取締役 原 優二

    ●旅行のはじまり


    近代旅行業の祖は、英国人のトーマスクックというのが定説だ。1941年7月5日、ミッドランド・カウンティーズ鉄道の臨時列車を仕立て、往復鉄道運賃と食事代込みで1シリングの日帰り旅行を実施した。その後、1851年ロンドン万博の旅行で大成功を収め、1855年パリ万博で海外旅行へ進出。19世紀の後半、世界的なブームとなった、世界一周旅行にまで事業を拡大し発展させた。

    しかし、先週、江戸時代に伊勢参りで活躍した御師(おんし・おし)をご紹介したが、古くは、平安時代末期に貴族の間で流行した熊野詣の世話をした熊野御師が、祈祷や宿泊の世話や道案内をしていたというから驚きだ。しかも、檀那といって固定の顧客を持っていたというからそのマーケティング手法たるや恐るべしである。その後、鎌倉から室町時代にかけて武士や農民に拡がり、江戸時代に大旅行時代を迎えるわけである。

    江戸時代に人々の大往来を支えたのが、五街道や脇往還などの街道整備である。街道には宿場が置かれた。東海道なら53次、中仙道が69次と、かなりの数があった。宿場に関して、「国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所」の『東海道について』というHPの中で次のように説明されている。

    『宿場には、文字通り旅人を宿屋に泊めたり、休ませたりするという役割がありましたが、最も重要な役割として、隣の宿場から運ばれてきた公用の荷物や通信物を次の宿場まで運ぶという業務がありました。そのため宿場は、本陣、脇本陣、旅籠などの宿泊施設と、継ぎ送り業務を行う問屋場が中心となっています』

    なるほど、参勤交代には大名が泊まる本陣や旅籠が必要だ。郵便・飛脚制度は、お手本は中国だが、国を治めるために重要である。早飛脚は、江戸から京までの約500kmを3日で継いだというから日本人の生真面目さが伺われる。

    『江戸の旅文化』(神崎宣武著、岩波新書)によれば、旅籠の宿代は1泊2食付で約200文(5,000円~6,000円)とけっして安いとはいえない。これでは長旅にはつらい。庶民の味方は木賃宿(食事なし自炊)があり薪代として8から15文程度を払うとある。これなら長旅も可能であろう。否、こんな宿まであったのだから、それだけ庶民が旅したということである。

    旅は、やはり人生の大きな楽しみである。形もスピードも変わったが、“旅を楽しむ心”は益々旺盛になっていると感じる。思いのほか、私たちの仕事には、古い歴史があるということを知り大変嬉しくなった。


    ≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


    お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜


    ▼6月25日(土) 9時30分~9時55分 BS朝日1【ベリーズ他】

    「世界の船旅」『リピーター必見!カリブ海再発見の旅』

    マヤ文明の遺跡散策やイルカとの触れ合い、郷土料理…カーニバル・フリーダムで巡るカリブ海再発見の旅!


    ▼6月23日(木)27時50分~28時09分 NHK総合1・東京【チベット】

    「青海チベット鉄道」(再放送)

    中国の大都市とチベット自治区ラサを直結する「青海チベット鉄道」が2006年に開通。“秘境”チベットは一気に身近になった。夏の観光シーズンには大量の客を送り込む。


    ▼6月23日(木)26時40分~26時50分 NHK総合1・東京【アラスカ】

    「地球イチバンミニ」『世界一オーロラに出逢える街 アラスカ・フェアバンクス』

    頭上に180度広がる緑の帯。雪景色の中、天空の色と形が刻々と変化する幻想的な光景・・・。先住民に語り継がれるオーロラの伝説とは?オーロラの魅力を堪能する旅。



    編集後記


    大好評シリーズ 動物ふれあいウォッチング(番外編)

    伝説上のラクダ伝説上のラクダ
    伝説上のラクダ伝説上のラクダ


    モンゴルにはたくさんの動物の昔話があります。

    ずい分前に、「鹿に角をあげてしまったラクダ」という話を紹介したことがあります。「昔々、ラクダには角があって、ある時、自分の角を鹿に貸してしまったら・・・」という話です。先月、南ゴビに行った時に、その物語の姿そのもののラクダの像に出会いました。(おお、これが伝説のラクダの姿か…!)と、まるで童話の里にいるような気分になってちょっとうれしくなりました。

    (やまだ)


    ※次号585号は2016年6月30日頃の配信予定です。

    ——————————

     

    ■つむじかぜ584号(風の旅行社ウェブマガジン)

    発行日 :毎週1回発行

    発行 :(株)風の旅行社 

    送信日 :2016年6月16日

    送信元 :(株)風の旅行社

    ■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ

    ・東 京

    TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174

    ・大 阪

    TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518

    ・mail

    info@kaze-travel.co.jp

    ■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望

    info@kaze-travel.co.jp

    どうぞ、お気軽にご連絡ください。


    つむじかぜバックナンバー


    Copyright(C) 2002-2016 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
    (サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)