つむじかぜ 763号 夏にはきっと大丈夫! 大草原で乗馬デビューするしかない! 号

つむじかぜ763号



夏にはきっと大丈夫! 
大草原で乗馬デビューするしかない! 号


特集1 「ほしのいえセレクト乗馬」は今年も人気です!


未経験者から上級者までみんなで草原集合!!

ほしのいえセレクト乗馬6日間

8名催行日本語ガイド添乗員早割

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2020/06/26(金) ¥258,000 東京 終了
2020/07/22(水) ¥278,000 東京 募集中
2020/08/07(金) ¥293,000 東京 募集中
2020/09/04(金) ¥268,000 東京 催行人員到達
乗馬技術や体力に合わせて、毎日、初級・中級・上級と参加レベルを変更できる特別ツアーです。未経験者から上級者まで無理なく乗馬を満喫できる日程です!

詳細を見る

風のモンゴル パンフレットご請求はこちら!モンゴルツアー 一覧モンゴルツアー説明会 一覧


特集2 「たびとも募集」で希望ツアーの催行を助けます!



様々な地域で同行者募集を行っています! ぜひ、最新情報をチェックしてみてください。

1人参加なので、旅仲間が欲しい!
1名催行だと料金が高くなってしまうから、2名以上にして費用を抑えたい!
出発日は融通が利くから誰かいませんか?
催行人員まで達していないので、もっともっと旅仲間を増やしたい。

という思いを持った方が旅仲間を募集するコーナーです。もちろん、

すでに出ている「たびとも」を募集してるツアーに応募したい!
少し時期をずらせばいけるんだけど? 都合はどうかな?

という方のお問合せも大募集中!


たびとも募集中ツアー一覧



特選! テーマいろいろKAZEの国内企画

3/1(日)の山中湖バードウォッチングツアー、残席出ました! バードガイド・峯尾さんの第二の故郷で冬鳥を探します。今年はレンジャクの当たり年! この機会にゼヒ!


出発日設定2020/01/18(土)~2020/06/06(土)
ご旅行代金4,400円
出発地

詳細を見る


出発日設定2020/03/04(水)~2020/03/14(土)
ご旅行代金7,700円
出発地

詳細を見る


穂苅勲夫さんと歩く

関八州・日帰りの山

出発日設定2020/01/25(土)~2020/08/22(土)
ご旅行代金4,400円
出発地

詳細を見る


出発日設定2020/03/20(金・祝)
ご旅行代金4,400円
出発地東三河ふるさと公園駐車場

詳細を見る


\ ツアー・講座カレンダー /



今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


菜の花が見ごろを迎えた冬晴れの一コマ


チベット社会には第二次反抗期がないという羨ましい話


仏教美術大好き添乗員中村の邂逅話



お待ちかね!風のイベント情報

風のイベント


【大阪開催】個別旅行相談会(第2火曜夜・第4土曜夕方)

営業時間外に、個別旅行相談会を開催します。「旅行の相談をしたいけど営業時間内には来店できない」、「新婚旅行・家族旅行・グループ旅行の相談をじっくりしたい」という方は是非ご参加ください。

  • 日 時:3/10(火) 18:00~20:00の内1時間
  • 会 場:風の旅行社大阪支店(大阪・梅田)
  • 参加費:無料  ※事前申込み制


【東京開催】個別旅行相談会(第2水曜夜・第4土曜夕方)

営業時間外に、個別旅行相談会を開催します。「旅行の相談をしたいけど営業時間内には来店できない」、「新婚旅行・家族旅行・グループ旅行の相談をじっくりしたい」という方は是非ご参加ください。

  • 日 時:3/11(水) 18:00~20:00の内1時間
  • 会 場:風の旅行社東京本社(東京・中野)
  • 参加費:無料  ※事前申込み制


海外サイクリングの魅力を語る -アンコールワット・モロッコ・モンゴル・ヒマラヤ越えほか-

海外での自転車旅の魅力をサイクリングガイドの丹羽隆志さんが楽しい語りで紹介いたします。「海外サイクリングがちょっと気になっていた」という方、まずは写真だけでも見にいらしてみませんか? 当日は、モンゴルスタッフ・ゾルも駆けつけます!

  • 日 時:6/17(水) 19:00~20:30
  • 会 場:風の旅行社セミナールーム(東京・中野)
  • 参加費:無料  ※事前申込み制


【東京開催】草原乗馬を詳しく解説! 夏のモンゴルツアー説明会

モンゴルってどんな国? モンゴルの乗馬って実際どんな感じなの? ほんとに未経験者から馬に乗れるの? などなど、モンゴルに行きたいけれど、ちょっと不安な方のための説明会。いずれの会も同内容で開催します。ご都合の良い設定日にご予約ください。

  • 日 時:4/11(土)、5/23(土)、6/20(土) 15:00~17:00
  • 会 場:風の旅行社セミナールーム(東京・中野)
  • 参加費:無料  ※事前申込み制


【大阪開催】大草原で乗馬デビュー! 夏のモンゴルツアー説明会

今はまだまだ厳しい寒さがつづくモンゴル。3~4月の春嵐の季節を抜け、6月を過ぎた頃から草原が青くなり始めてベストシーズンへ向かっていきます。皆さんの思い描く青い大草原のシーズンは?どんな服装がいいの?乗馬なんてしたことがないけど出来るの?などなど、皆さんの知りたい情報を写真とともにお話します。少人数の説明会ならではの質問コーナーで旅の悩みもスッキリ!お気軽にお越しください。

  • 日 時:4/11(土)、5/9(土)、6/13(土) 15:00~16:00
  • 会 場:ハービスPLAZA3階 旅のセミナールーム(大阪・梅田)
  • 参加費:無料  ※事前申込み制

 



風の向くまま・気の向くまま ―第五百八十七話―

代表取締役 原 優二


●日本人への渡航制限


中国が下火になる一方で、日本、韓国、イラン、イタリアが名指しで感染国に挙げられ、いくつかの国は日本人の渡航制限を始めている。上海など中国の一部の都市から日本人の入国制限が行われる一方で、日本には中国人がいまでも毎日入国している。そんな日本のやり方は、“ゆるい“と世界から批判を受けている。ついに、ネパールまで感染していない証明書をもっていかないとVISAが取れなくなった。これでは、どんどん人の往来が止まってしまう。

もし、米国が日本人の渡航制限を打ち出したら、それに倣う国も多数出てこよう。日本人は海外に殆ど行けなくなり孤立してしまう。日本は海外からの入国を中国の湖北省や韓国の一部の地域に滞在した人に限定してきたのに、その日本が海外から入国を拒否されるという相矛盾した状況に追い込まれつつある。そんなバカな!と嘆いても始まらない。

人の往来を生業にしている私たち旅行会社にとって、自ら渡航制限を主張することは自らの首を絞めるようなものだ。しかし、ここまでくると感染症を止めるためには、優先順位を考えるしかない。批判はさておき、政府の方針に協力しようと思う。

来週から、2009年の新型インフルエンザの流行の際にできた特別措置法を新型コロナ肺炎にも適用できるようにするという。そうなると今まではお願いに過ぎなかった要請も、法的根拠をもった制限に近いものに変わってくる。東京にも発動されるかわからないが、必死に自宅勤務ができる態勢を整えている。

今、私たちは、旅行に行っていただけるお客様に感謝しつつ、業務を続けている。航空便が飛ばなくなったり、渡航が遮断されたりしてツアーそのものを弊社がキャンセルしてツアー代金を全額ご返金することも多々出てきた。心苦しくも取消料をいただくケースもある。社内態勢も、時差出勤に協力し30分始業を遅らせ、交代勤務も導入した。行っていただけるお客様がいる以上、精一杯い務めようと思う。

こんな状況化でも、夏の予約は大歓迎です。取消料が掛からないように配慮して参ります。
将来の旅のご相談でも結構です。何卒、よろしくお願いいたします。

≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼3月8日(日) 19時30分~20時00分 NHK総合1・東京 【アフリカ】
ダーウィンが来た!「アフリカの奇鳥!ヘンテコすぎる謎のクチバシ」
アフリカの大河にいる、上下のクチバシが刀のように薄くて鋭い上に、下の方がぐっと伸び、長さが全く違う、超ヘンテコなクチバシをもつハサミアジサシ。このヘンテコなクチバシのせいで、何につけても不便そうだが、この謎を探ってゆくと、クチバシを生かした驚きのスゴ技が明らかに!
▼3月8日(日) 20時53分~23時26分 テレビ朝日 【ヒマラヤ】
天空のヒマラヤ部族 決死の密着取材150日間 テレビ朝日開局60周年記念
神々が住むという世界の屋根ヒマラヤ山脈。地球規模の大自然が残る未開の地で今なお自給自足で暮らす世界一高い集落があった…その幻の民との出会いを求め標高4千mを越す過酷な環境に総勢20名のスタッフが命がけの取材に挑む。世界一高い集落に暮らす人々に迫った150日間の記録。
▼3月10日(火) 12時20分~12時45分  NHK総合1・東京 【インド】
BENTO EXPO 選「インド・父へのカレーBENTO」
インドからの投稿は、父のためにつくったヘルシーなカレー弁当だ。ご飯に野菜で描いた顔がチャーミングだ。海外で人気の弁当作家マーク&マキは、冷やし中華弁当と、とても簡単においしくできるチキンチャーシュー弁当を紹介する。
▼3月11日(水) 20時00分~20時54分 BS日テレ 【ヨ-ロッパ】
自分の足で頂上へ 難病の少年と土屋太鳳が挑むスイスの名峰 ブライトホルン登山
小学6年生の須貝蒼太君は生まれてまもなく潜在性二分脊椎症と診断され、その後様々な病を併発。手術結果によっては歩けなくなるかもしれないと医師に言われた。だからこそ「今、自分の足で頂上に登り絶景が見たい」と、スイスアルプスの雪山「ブライトホルン」に難病の少年と土屋太鳳が挑む!


編集後記


ブータンには馬がたくさんいます。山岳エリアには放牧を生業とする遊牧民もいるし、タクツァン僧院ではお客さんを乗せる馬もたくさんいるのを知っているので乗馬ツアーを作るのは容易だと思っていたら、思わぬ落とし穴が。

ブータンで乗馬中

ブータンで乗馬中

写真を見て気づく人は気づくはず。何かがない。違和感があるでしょう。
そう、ブータンの馬には「銜(ハミ)」を付けることがないのだというのです。放牧を生業とする遊牧民も馬には乗らない。というか乗れない。
あくまでも家畜として、育て、農業や運搬の手伝いをさせるだけ。乗り物としては扱うことはなく、人間は馬と一緒にひたすら歩く。
これが今回の出張で、乗馬ツアーのルートを決め、下見をし、もろもろの準備をすませ、最後の最後に、さて実際に馬に乗って撮影を。と馬主さんのもとを訪れたときに発覚。ええええ!!「ハミ」無しでどうやって乗馬するんだ・・・!?ツアー作れないじゃん!!! 長くなりそうなので・・・続く(またはスタッフブログにて)。

(やまだ)



※次号764号は2020年3月12日頃の配信予定です

——————————
 
■つむじかぜ763号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2020年3月5日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2020 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)