未経験者から上級者までみんなで草原集合!!

ほしのいえセレクト乗馬6日間

8名催行日本語ガイド添乗員同行

風の旅行社直営キャンプ「ほしのいえ」で大草原も満喫

安全に楽しく乗馬を楽しみます

CASCO社製ヘルメットと乗馬用プロテクターをご用意

未経験者には乗り降りから丁寧にレクチャーします

未経験者から上級者まで安心してご参加いただけます

どこまでも広がる草原で乗馬を楽しみます

雨上がりには大きな虹が待っています

上級者は思い切り草原を駈けて下さい

圧倒的な広さ!これが「ほしのいえ」自慢のロケーションです

上級者は草原を思い切り駈けぬけてください

草原を駈ける爽快感がたまりません

満天の星空にも期待できます(天候・月齢による)

「ほしのいえ」で楽しい時間をお過ごしください

料理が美味しいと評判です

出発日設定2024/06/28(金)~2025/09/05(金)
旅行代金338,000円~373,000円
出発地東京
POINT
  • レベルや体力に合わせて、乗馬内容を毎日3レベルから選択出来る!
  • 乗馬中は未経験~初級・中級・上級の各コースにそれぞれ日本語ガイドが付くのでケアは万全!
  • 風の旅行社の乗れる添乗員が日本語ガイドと共にサポートします
  • 今年も大渋滞のウランバートルに寄らずに空港直行直帰します!
早割60
詳細

初心者歓迎!大草原で乗馬を楽しむ

ほしのいえに成田空港から乗馬に長けた添乗員が同行! 現地にて技術や体力に合わせて好きなコースを選んで楽しみます。
乗馬未経験者の方は「ほしのいえ・モリンスクール」(「モリン」は馬の意味)で基礎練習からしっかりスタート。

初心者や中級者でちょっと不安な方は、まずは未経験者と一緒に足慣らしから始めて、中級コースに参加したり、上級者の方も上級コースに疲れたら軽めの中級にレベルを下げたり、または初心者の方でも慣れてきたら上級コースに挑戦したり…と、現地での体力や習得度に合わせ、その日にコースを選べる自由度の高い乗馬ツアーです。

各コースに日本語ガイドが同行するので日本語ガイド3名&添乗員のケアで安心で楽しく乗馬ができます!

旅のよみもの

モンゴルの草原と遊牧民文化を大切にした 直営キャンプ「ほしのいえ」

ジャガーからサインバイノー!セレクト乗馬ツアーレポート♪

添乗報告記●ほしのいえセレクト乗馬6日間(2023年8月)

添乗報告記●ほしのいえセレクト乗馬6日間(2023年6月)

添乗報告記●ほしのいえセレクト乗馬6日間(2022年8月)

添乗報告記●ほしのいえセレクト乗馬6日間(2019年9月)

モンゴルの星空を撮ってみよう!

モンゴル料理って? モンゴルのお食事事情

ほしのいえセレクト乗馬ツアー(2018年)ムービー

ほしのいえ周辺の草原を撮影!

乗馬の目安

乗馬日数4日間

乗馬距離約50~120km

対 象未経験〜上級者乗馬レベルについて

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京ウランバートルアルタンボラグ

午後:東京(成田)発。MIATモンゴル航空もしくはアエロモンゴリアにて空路、モンゴルの首都ウランバートルへ(飛行時間=約5時間半)。

夜:チンギスハーン国際空港に到着後、日本語ガイドとともに車で直営キャンプ「ほしのいえ」へ(約30km、約1時間)。

ゲル
2日目

アルタンボラグ

午前:朝、目覚めれば草原の中。午前中は乗馬レクチャー&足慣らしから。日本語ガイドや乗馬スタッフにじっくりと馬の扱い方や乗り方を教わりながらキャンプ周辺で乗馬練習を行います。

午後:上達の度合いによってグループ分けをして、それぞれ乗馬をお楽しみいただきます

※初級コースは終日、「モリンスクール」のプログラムを進めます。
※滞在期間中の夕食後に一度、スタッフによる馬頭琴などのミニコンサートも開催しますのでお楽しみに。

ゲル
3日目

アルタンボラグ

終日:草原乗馬。前日に引き続き、レベルに合わせ、モンゴルの大草原での乗馬を楽しみます。馬に慣れてきたところで少しずつ遠出で足試し。時には丘に登ったりとモンゴルの乗馬を思い切り楽しみます。

ゲル
4日目

アルタンボラグ

終日:草原乗馬。前日に引き続き、レベルに合わせ、モンゴルの大草原での乗馬を楽しみます。そろそろ、気持ちに余裕の生まれるころ。家畜の世話に精を出す遊牧民、大空を舞う猛禽類など周辺の景色もぜひ楽しんでください。

ゲル
5日目

アルタンボラグ

終日:乗馬最終日。レベルに合わせ、モンゴルの大草原での乗馬を楽しみます。大草原を見渡す丘、草原のオアシス・スジク泉、遊牧民のゲル、草原でのびのび暮らす野生動物たち。魅力あふれるフィールドを最後まで大いに楽しんでください。

ゲル
6日目

アルタンボラグウランバートル東京 

早朝:「ほしのいえ」から直接チンギスハーン国際空港へ(約30km、約1時間)。

午前:MIATモンゴル航空もしくはアエロモンゴリアにて帰国の途へ(飛行時間=約5時間)。

午後:東京(成田)着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2024/06/28(金) ¥338,000 東京 満席・キャンセル待キャンセル待ちは「お問い合わせ」よりご連絡ください
2024/07/26(金) ¥353,000 東京 催行人員到達・残席僅か キャンセル出ました!1名さま募集中!
2024/08/09(金) ¥373,000 東京 満席・キャンセル待キャンセル待ちは「お問い合わせ」よりご連絡ください
2024/09/06(金) ¥338,000 東京 満席・キャンセル待キャンセル待ちは「お問い合わせ」よりご連絡ください
2024/09/08(日) ¥353,000 東京 募集中 追加設定!アエロモンゴリア利用
2025/06/27(金) 要問合せ 東京 要問合せ
2025/07/25(金) 要問合せ 東京 要問合せ
2025/08/08(金) 要問合せ 東京 要問合せ
2025/09/05(金) 要問合せ 東京 要問合せ
最少催行人員 8名 (定員20名) 9/6発の定員は9名、9/8発の定員は12名です 添乗員 添乗員が同行します。 (成田から成田まで)※参加者が14名以上となった場合、添乗員は2名同行します。※添乗員2名のうち1名は現地にて合流・離団する可能性があります。
利用予定航空会社 MIATモンゴル航空/アエロモンゴリア
利用予定ホテル

<アルタンボラグ>
ほしのいえ〈ゲル泊〉
※ほしのいえはいずれも原則として男女別3〜4人1室の相部屋になります。2名占有または家族ゲルご希望の方は、追加料金にて対応できる場合もございますのでお問い合わせください。

燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
2,000円(基準日2024年02月1日)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 モンゴル入国時に6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要。
各国空港税/査証

●旅行代金に含まれないもの(2024年5月現在)
【事前徴収】
・成田空港使用料:3,010円
・国際観光旅客税:1,000円
・モンゴル諸税:30$(約4,800円)

●査証(ビザ)
不要
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 150,000円~260,000円(日本~ウランバートル往復/出発日・予約クラスにより異なります。MIAT利用のみ)
その他

【注意事項】
・ツーリストキャンプ〈ゲル泊〉について
ツーリストキャンプはいずれも原則として男女別3〜4人1室の相部屋になりますが、2名占有または家族ゲルご希望の方は、追加料金にて対応できる場合もございますのでお問い合わせください。

・乗馬日数は半日のみの乗馬の場合0.5日として計算しています。

・より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

・このご旅行は、日本語ガイドがご案内します。

・このご旅行は「早割60」の適用対象です。(ご出発日の前日から起算して60日前までのご成約で、ご旅行代金を5,000円割引いたします)

お申し込みの流れはこちら

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2024/06/28(金) ¥338,000 東京 満席・キャンセル待キャンセル待ちは「お問い合わせ」よりご連絡ください
2024/07/26(金) ¥353,000 東京 催行人員到達・残席僅か キャンセル出ました!1名さま募集中!
2024/08/09(金) ¥373,000 東京 満席・キャンセル待キャンセル待ちは「お問い合わせ」よりご連絡ください
2024/09/06(金) ¥338,000 東京 満席・キャンセル待キャンセル待ちは「お問い合わせ」よりご連絡ください
2024/09/08(日) ¥353,000 東京 募集中 追加設定!アエロモンゴリア利用
2025/06/27(金) 要問合せ 東京 要問合せ
2025/07/25(金) 要問合せ 東京 要問合せ
2025/08/08(金) 要問合せ 東京 要問合せ
2025/09/05(金) 要問合せ 東京 要問合せ

たびとも募集

2024/09/08女性

【担当者より】今期最後の「ほしのいえ」乗馬ツアーです!追加設定のラストチャンスです!

いってきました!

出発日:2023.08.11

評価:

宿泊地がほしのいえに固定されており、メインも「乗馬」とシンプルな軸のツアー内容だったのが自分に取ってはかなり良かったです。間にコンサートやモンゴル相撲、羊の解体などもあり、飽きない、昼寝する時間もあって最高でした。馬にはまた乗りたいです。(駈足できるのはモンゴル?)

出発日:2023.08.11

評価:

青い空の下、緑の大地を颯爽してきました。期待以上の面白さに感激。また、知り合った方々と草原を駆け抜けたいです。
モンゴル人と紹介されたAさんは、親切で明るくてよく気が付くとてもいい方でした。彼女がまた、スタッフとして会えることを祈ります。

おかえりなさい!

Aは、日本人の学生で弊社が頼んでほしのいえに駐在して貰いました。2024年の4月から大阪支店で働く予定です。

出発日:2023.08.11

評価:

死んでも忘れられないくらい素晴らしい思い出ができました。
風の社員の方々が、モンゴル現地で細密に企画し、打合せをしていただいたから、今回のツアーが参加者にとって楽しいものとなり、一生忘れられないものになったのだと思います。
乗馬という事故が起こるかもしれない企画をあえて取り組んでいただくこと、馬人にとってはとてもありがたいものでした。やめないで下さいね。「客」ではなく、「友人」として、モンゴルの方々が接してくれたことに違いないと思います。(風の旅行社社員添乗員の)AさんもBさんも体を張って下さいました。本当に感謝しております。ありがとうございます。
一つ心残りなのはバッタの佃煮が作れなかったことです。不殺生の国には合わないですかね。

おかえりなさい!

バッタの佃煮ですか?イナゴの佃煮のようにするんでしょうか。モンゴルは不殺生の国ではありません。むしろ、羊などの5畜を天の恵みとして食べてたり毛皮を利用しています。

出発日:2023.08.11

評価:

お天気にも恵まれ、又、(風の旅行社社員添乗員の)Aさん、Bさん。(現地ガイドの)Cさん、仲のいいモンゴル人スタッフ、旅の仲間に恵まれて最高に楽しい旅となりました。
もっとモンゴルの馬に慣れて次回はAさんのように自由に草原を走り回りたいです!

おかえりなさい!

モンゴルの草原を疾走するその爽快感は何物にも代えがたいですね。また、お出かけ下さい。

出発日:2023.09.01

評価:

事前に説明会で現地での行動に関して教えていただいき準備できたので、不便なことはありませんでした。
ガイドの方や馬を見てくださるスタッフも非常に注意されて安心して乗馬を楽しめました。

今回は、お天気に恵まれて非常に楽しい日を過ごすことができました。

出発日:2023.09.01

評価:

私のような初心者でも,駈歩ができるまでに丁寧に教えてくれて,日本ではこんなに短期間で乗れないので,乗馬をやったと思えるくらい,充実しています。思うように出来ない私にも,諦めずに背中を押してくれてありがとうございました。

おかえりなさい!

また、来年もモンゴルへお出かけください。どんどん上手になります。

出発日:2023.09.01

評価:

(乗馬にもう少し自由度が欲しい。前後左右を現地人インストラクターや乗馬指導員に囲まれ、がんじがらめの状態で行進するのは息が詰まる。多少列を離れるとか、道路から外れて草地を進んでも問題ないと思うのだが…..もちろん現地人の親切心からの指導には感謝している)

おかえりなさい!

安全上の配慮からだと思います。モンゴルの馬は基本的に野生です。思いのままに乗れるようになるには、かなりの時間がかかります。今夏は、現場の判断だと思います。どうぞ、ご理解ください。

出発日:2023.06.30

評価:

馬に乗る時間が少なかったので、仕方ないことなのですが。
今回は雨続きであまり馬に乗れなかったため、どうしても満足度は低めです。やはり乗馬がメインのツアーなので。でも天気のことは仕方ありません。そういうこともある。(旅行商品ではありませんが)登山をしていればしょっちゅうです。
そして条件が悪い中でもそれなりに機嫌よく過ごすには自分の努力や気の持ちようも大切だと私は思っています。ただアウトドア慣れしていないと難しいのかもしれませんね。
もう少し手助けがあると良かったように思います。

例えば、モンゴル語講座とか。帰国後に思いついたのですが。。キリル文字で自分の名前をかけるようになるとか。私はモンゴル人スタッフの皆さんの名前を手帳に書いてもらって、名の由来や意味を尋ねて遊んでおりました。(ほしのいえのスタッフ)AとBの二人に踊りを教えてもらったのも楽しかったです。雨の中、同じメンバーでゲルにこもっていると、雰囲気がネガティブに傾きやすく、不満大会のようになりがちなので。今後の備えとしてぜひ何かご検討下さい。

雨ゆえに印象に残ったのは雨の中を疾走したこと。目を開けているのも大変で、本当は危険だったのかもしれませんが、笑っちゃうほどのインパクトで忘れられない思い出になりました。二度目は遠慮しますが(笑)

雨雲を眺めるのもわりと好きです。何しろ遠くまで見渡せるので、降っている所とそうでない所が一度に見えるのがおもしろいと思いました。

乗馬中、一つだけ気になることがあります。誰が全体をコントロールしているのか不明瞭でとまどいました。乗馬インストラクターなのか、日本語ガイドなのか、添乗員なのか、”この人より先へ行ってはダメ”というような安全上のルールもあいまいでした。Cチームも私を含め必ずしも技量が十分あるわけではないので、指示者や指示を明確にしていただけると安心だと思いました。

次の目標はジャルマンの騎馬トレックキャラバンです。懐がさびしいので、、すぐ来年にも、というわけにまいりませんが、そのうちきっと申し込みますので、ツアーをなくさないで下さいね。
(風の旅行社社員添乗員の)Cさんをはじめ、みなさんにはお世話になりました。気の合うお友達もできて、思い返せばいい旅でした。ありがとうございました。

おかえりなさい!

ご丁寧なメールに、まずは御礼申し上げます。30年モンゴルツアーを作ってきましたが、ツアー中毎日終日雨が降ることなど、今迄、数度しかないのですが、今後は、増えてくるのかもしれません。備えが必要になりそうです。ゲルの中で何をするのか、再度、考えたいと思います。
雨の日の乗馬は、鐙(アブミ)の皮や腹帯が緩んだりして危険が伴いますから、できるだけ避けております。全体のコントロールに関しては、再度確認を取ります。貴重なご意見を頂き感謝致します。10/13からウランバートルで反省会をしますので、その際も取り上げます。

出発日:2023.08.11

評価:

(ほしのいえの)スタッフがほとんど入れ替わっているとのことであったが、以前と変わらないクオリティが維持されており、快適かつ安全に過ごすことができました。

実質4日間のほしのいえ滞在中に乗馬以外にもゲル訪問や馬頭琴コンサートなどイベント盛り沢山でのんびりしつつ色々楽しむことができ充実した内容でした。関係スタッフの皆さんに感謝してます。また行きたいと思います。

・各ゲルの入口に設置された人感ライト。夜中の移動時の安全面の配慮としてはよいのだが、星空を観察するには明るすぎてちょっと邪魔。ゲルに入る時も目に直接ライトが当たって眩しすぎたりするので、光量を落とすかライトの向きをもう少し下向きにするなど一工夫欲しいところです。

おかえりなさい!

コロナ禍を乗り越えてほしのいえも再開しましたが、スタッフは、大分入れ替わりました。今後も、快適に過ごしていただけるよう精進して参ります。

出発日:2023.08.11

評価:

添乗員の皆さんがとても感じがよく、エネルギッシュで頼りになりますが、陰で支えてださっている方々のお力もあって快適に滞在ができるのだと感謝しています。(ガイドの)Aさんもまだいらっしゃるのでしょうか。モンゴル以外に経験はないのでわかりませんが、モンゴルについてはとても安心してお願いしています。いつもありがとうございます。

今回はとても速い馬に乗らせていただいてありがとうございました。未知のスピードを体験することができたことで、次回に向けてモチベーションが上がりました。恐怖心なく落ち着いて乗れたのも多くのサポートスタッフさんがついてくださったおかげだと思います。Bさんにも「来年は一人で乗れるね!」と言っていただき、同じ馬かどうかはわかりませんが、このような馬にまた乗れることを夢見て体を鍛えます。
慣れない新しいスタッフが多い中でも、一生懸命良いツアーにしようとしてくださっているお気持ちが伝わってきました。ご一緒した参加者の皆さんにも助けられて楽しい夏の思い出となったこと、本当に感謝しています。

今回、ウランバートルに行かなくても最低限欲しかったものはバーゲルのお土産ショップと空港で買えたのですが、馬グッズのお店に行けるとより良いかなと思います。かっこいい馬のTシャツやグッズはウランバートルでもこれまであまり巡り会えなかったです。特に、自分の乗った馬の色に近いものがあればきっと記念に買ってしまうのですが。(おそらく2018年にノミンデパートで見つけた馬が描かれたレザーの定期入れは、今でも愛用している私の宝物です。ちなみに日本でも馬柄のグッズをよく探しますが、なかなかセンスの良いものに巡り合いません。猫や犬やペンギンはたくさんあるのに!)

ほしのいえでチャツァルガンのジュースやウォッカ割りを飲めると乗馬の疲労回復にも効きそうだと思います。ビールやワインと一緒にプライスリストになっていたらお金出してでも飲みたいです。

もっと見る