原のコロナ休業日記 Vol.10 出張パチンコと緊急事態宣言拡大

茨城県へ出張パチンコ続々!と聞いて、そうなるだろうなと思いました。パチンコは中毒になりますからそう簡単には止められないし、毎日、仕事のようにパチンコ屋に“出勤”するパチプロの人たちがいますから、彼らにとっては死活問題です。毎朝、私が使っている西武新宿線の駅のバス停近くのパチンコ屋に朝並んでいた人たちも、きっとどこかに出張していると思います。

 私も足立区で働いていたころには結構やりました。毎日通ってフィーバー台を調べ、その店の傾向をつかみ、開店前から並んでフィーバー台を奪取する。その繰り返しを地道に毎日にやらないとパチンコは勝てません。私は、たまに予定が空いた平日の夕方か、土日にやる程度でしたから負けてばかりでした。一年ほどで飽きてしまいましたが、パチンコ屋には、相当数の常連客と毎日朝から通ってくるパチプロがいます。彼らは、茨城県でもどこでも行くだろうなと想像できます。パチプロで食える人は少ないといわれていますが、そこがギャンブルの怖いところでしょう。
 
 出張パチンコのせいではないでしょうが、緊急事態宣言が全国に拡大されました。感染が広がっている大都市などから他県への移動を止め、GWの人の動きを封じ込めるのが狙いだといいます。むしろ遅いくらいで当然のこととは思いますが、これで旅行会社の仕事として若干残っていた沖縄などへの国内旅行も、暫くはできなくなったといえるでしょう。今は我慢です。

 昨日、NHKのニュースをご覧になったお客様から、3件のコメントを頂きました。スタッフの励みになります。これからも応援の程よろしくお願いいたします。

シェアする

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA