原のコロナ休業日記 Vol.41 旅行会社は悪者か?

 二日間、お休みをいただきました。少々考えすぎだと思い休養を取ることにしたのですが、やっぱり考えてしまいます。仕方がありませんが、とにかくペースダウンです。

 日々日常は、コロナを一瞬忘れてしまうこともしばしばあるようになってきました。あれほど、コロナばかりやっていたテレビも、他のニュースを流していますし、街も、元通りとはいきませんが、“新しい生活様式”を取り入れながら、店も再開され人通りも増えてきました。邪推かもしれませんが、第2波が心配といいつつ、もう一か月もしたら、ほとんど何をしても気にしなくなるのではないでしょうか。

 しかし、私ども旅行会社は何も変わっていません。「いつからモンゴルにいけますか?」「夏には行けますか?」「秋にはネパールはどうですか?」そんな問い合わせをもらう度に、行けない理由を説明し、秋以降の再開も、目途は今のところ立っていないと正直に説明していると、折角問い合わせをいただいたのに申し訳ない、という気持ちでいっぱいになります。

 GO TOキャンペーンも、“ゴートーキャンペーン”などと揶揄されたり、“旅行会社を通さないとキャンペーンを受けられないのは、旅行会社への優遇だ”などとまで言われたりしています。旅行会社は、今、収入がゼロだということをご理解いただけないないのでしょうか。居酒屋やカラオケ、ホストクラブなどは、マスコミで取り上げられ、PCR検査を定期的に受けてもらうなどの救済策が講じられようとしていますが、旅行会社は、こんな状況でもなんだかすっかり悪者扱いです。

 都知事選が間近です。コロナのこと、そしてオリンピックのことが争点になるはずです。海外旅行に行けるか否かは争点にも何もなりませんから、次のような主張をしてくれる人に投票します。➀PCR検査を経済活動で使える道を開くこと。➁徹底した検査と隔離で安全・安心の都・日本を作ること。➂すべての入国者を検査する仕組みを作ることで海外渡航を可能にしオリンピック開催への道を開くこと。

 休業補償や新しい生活様式だけでは、経済は活性化しないし、安全・安心は得られず、第2波がきたらまた自粛に戻ってしまいます。今回だけは、私たちが進むべき道を示せるに方に投票しようと思います。

シェアする

コメント一覧

旅行会社の収入がゼロだということくらい、分かっています。 旅行会社が悪者扱いなど、されていません。   検査精度について基本的な知識は持っておられないのでしょうか? 感度、特異度と御判定(陽性、陰性)の確率、絶対数など、素人の私でも、この数カ月で理解が進みましたが。 社長さんなんですから、被害者意識に凝り固まらず、客観的に状況を認識された方か良いかと思います。 私の勤務先の上司、経営層が、こんなんでは、コロナ事態があっても無くても、先行き不安を覚えます。

ネパール好き2020.06.11 04:47 pm

その②    ”そとあそび ”  という、私が使う 国内の、素晴らしいsightがあります。  しかし、乗馬、宿泊、食事の三点がそろっているのは、少ないので、自分で、手配しますが、この頃、歳のせいか、面倒になってきました。これを心配しないで済む、ほしの家のようなsystemが有れば、嬉しくて。

いちかわ2020.06.20 08:07 pm

人を雇い、その家族の生活も厚生も人生観も価値観もすべて保障、補償、保証し続ける重圧、責任に耐えるtop。    一方、topの気概に賛同する社員は、その方に傾倒しつつも、更なる向上を求め、彼に疎まれるのを覚悟してでも(?!)提言し、協力を惜しまない(でしょう?)。     風の旅行社は、きっと、大丈夫。    

J2020.06.29 07:29 pm

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA