【風スタッフ近況 シーズン2】密を避け地元でリフレッシュ

葛西臨海公園とTDLの間から出航!

葛西臨海公園とTDLの間から出航!


地元や隣接県など近場への旅行で、国内観光産業を推進しようと、マイクロツーリズムが提唱されているようです。遠方への旅行は、その回数が限られてしまいますが、行きやすい近場ならリピート率も高まると、なるほど。

さて、先月は副業先の先輩と、奥多摩方面で渓流釣りを楽しんできました。
昨年も二人で行ったのですが、その時は先輩がイワナを一匹釣っただけ。湿った薪で必死に焼き、分けあった塩焼きの旨さが忘れられず、今年こそは一人一匹以上食べようと。今回は毛ばりをやめて、二人とも餌釣り(ミミズ)にしました。本気モードです。結果は二人で良型のイワナが4匹。乾いた薪も拾え美味しく焼き上げることができました。しかし塩を忘れてしまい、味は昨年を超えることができませんでした。次回(来年?)は「塩必携」を誓い合いました。

そして昨日、風の旅行社のお客様でもありもはや友人でもある方(ここでは「師匠」)にお誘いいただき、東京湾の船釣に行ってきました。船釣は人生初体験。何から何まで師匠に用意してもらい、風カルチャークラブの嶋田と風の漁師川上と合計四人で、乗り合い船で出航。ターゲットはタコとキス。最初に師匠がタコを釣り上げ、その後川上~嶋田と連続ヒット。私はナマコみたいなかなりグロいものが連続して引っかかるだけで、だんだんリールを巻き上げるのが恐ろしくなりました。それでもタコ釣り終了間際に一匹ゲット。
その後はキス釣り。キスやイシモチのほかアジなどか釣れていました。下船後は宴会突入と行きたいところですが、魚の捌きの為家路を急ぎました。
私のタコは小さかったので「タコ飯」に、イシモチは塩焼きが面倒になりぶつ切りにして味噌汁へ、家族にも好評でした。
キスは開いて冷凍したので、近々天ぷらにします。

旨そ~、あ塩忘れた

旨そ~、あ塩忘れた

今まで、レジャーなどリフレッシュしたい時は遠出しがちでしたが、地元もいいものですね。この盆休み帰省できない皆さま、地元旅を是非。

大漁祈願の勝負Tシャツ!

大漁祈願の勝負Tシャツ!

コメント一覧

お久しぶりです。 荻原さん、釣りもされるのですね。私の印象は山人というものしかありませんでしたので、意外でした。 私もなかなか初心者を抜け出せませんが、北アルプスに行くことはあります。しかし今年はどの山小屋も収容人数を減らしたり、食事や寝具の提供を控えたり、中には営業そのものができない山荘もあると伺いました。新型コロナはこんなところにも影響を及ぼしている様です。 平成16年から続いていた風ツアー連続参加も16年で中断となってしまいましたが、きっとまた再開できるものと信じております。 まだまだ大変かと思いますが、熱中症と感染症対策の上、乗りきってください(今回の感染症対策と熱中症対策は敵対する関係にあること、お気づきでしょうか?)。

森 裕記2020.08.07 01:00 pm

お久しぶりです! 菅平から真田の郷を通り千曲川に流れる「神川(かんがわ)」の横で育ったので、川釣りは長いです。しかし、海無しの信州育ちですので、海釣りや海の魚には疎く。。。今回の経験で海の魚苦手意識が少し解消されました。 感染症対策と熱中症対策の相反は、マスクの有無??なんでしょう、ちょっとわからないです。 特別な夏、お互いに気をつけて乗り切りましょう。

おぎわら2020.08.08 09:58 pm

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA