ラサ写真[LHASA・TIBET]

最近撮った写真から。
.


風のラサ・ツアーにも含まれているサンゲドゥンク(千仏)の神仏レリーフ。
長い間工事していたが、今年になってやっと綺麗になった。
.


マニ石①「犬を殺してしまった罪と穢れが浄化しますように・・」
サンゲドゥンクの周囲には、動物を殺生してしまった
懺悔のマニ石が溢れている。猫や魚、ヤクなどもある。
このあたりの多種多様なマニ石もサンゲドゥンクの霊場の魅力か。
.


マニ石② チベットでは悪い噂や風評は、ミカと呼ばれる悪霊によって
広められると信じられている。これはそのミカの悪霊祓いのマニ石。
「口、口、口、口、口・・・」と彫られている。そのまんまだ。
下に見えるは、その口と眼。これもそのまんま。
「嫉妬の口」と「嫉妬の眼」を表わしている。

ミカの悪霊祓いに関して、実は僕は昔から興味があったので文章を少しまとめた。
今年に出版される民博の『研究報告』に載る予定なので、
興味のある方はそちらを見てください!
学術誌だが平易な文章で書いたので、誰でも読めるはず。
.


二週間前、ムルニンパにて。
グルリンポチェの真言を唱えるため、どこからともなく大勢のおばあちゃんたちがこの時期、
ジョカン寺裏のムルニンパに集まってくるのだ。して、その雰囲気は・・・。
チベット初・中級者は、相当のショックを受けると思うので、「心して」行かれるよう。
.


ラサの財神タプチラモの真似らしい。同じくムルニンパにて。
.


昨日はチベット暦4月15日、サカダワ(涅槃会)
一年で最も聖なる日である。
バルコルには夕方から五体投地をするチベット人が集まってきた。
例年より少ない気がしたが、それでもいつもと違う気が漂う。
敢えて表現すると、荘厳さが大音響で流れ続けているような感じか。
それにしても五体投地でバルコルをまわるチべタンの約8割が若い女性だったのは・・。

チベットに関心のあるみなさんは、ぜひこの時期のラサを一度は体験して欲しい。
.


5月頭ぐらいまで、ラサの周囲の山々には雪があるのだ。
夏でも、天候によっては山頂だけ雪が降る。
これから来られるみなさんはお楽しみに!
タルチョのかかっているチベット風の建物は僕の宿。
.


最後に一首。
涅槃会の 西日に遊ぶ 猫たちを 今宵待つのは 月光浴
(涅槃会・サカダワの日は満月なので)

Daisuke Murakami

5月26日
(ラサの)天気: 晴れ一時雨
(ラサの)気温: 6~19度
(ラサでの)服装: 昼間はシャツ、フリースなど。 夜は(厚手の)フリース、ジャンパー、薄手のダウンなど。 日焼け対策は必須。 空気は非常に乾燥しています。念のために、雨具は持ってきたほうがよいでしょう。また、風も強く吹くことも多いので、マスクなども役立ちます。

村上大輔の講座・説明会情報(東京開催)


【講座】
[rt id=”oz-k-muratyo7″ type=1]
[rt id=”oz-k-muratyo” type=1]
【説明会】
[rt id=”ev-tibetteiki1″ type=1]

シェアする