【なにわ日記】ジョージアの山に立つ教会

ゲルゲティ三位一体教会(ステパンツミンダ・ジョージア) ゲルゲティ三位一体教会(ステパンツミンダ・ジョージア)

コーカサス3国のひとつジョージア。北はロシア、東はアゼルバイジャン、南はアルメニア、西はトルコに囲まれたキリスト教の国です。長い歴史の中でペルシア、オスマントルコといったイスラム王朝に支配された年月が長かったのにも関わらずキリスト教を守り続けてきた、たくましい国です。コーカサス山脈の山懐にも立派な教会が立っていました。

標高約2,200mにあるゲルゲティの三位一体教会。名峰カズベキ山(5,033m)をバックに建つ凛とした教会で、ソ連侵攻の折、ここにあるマリア様のアイコン(イコン)が燃やされそうになったが、マリア様の手から不思議な光が放たれ、兵士たちがおびえて難を逃れたという伝説があり、このイコンに祈ると病が治るといわれ「奇跡を起こすマリア」としてジョージアでも信仰を集めているそうです。

急坂の上にあるので村からは4WDに乗り換えて登ります。いっしょに行きませんか?6/21発がもう少しで催行です。

様々な文明、様々な民族、様々な宗教が交わるコーカサス。世界遺産もたっぷり。伝統的な文化やコーカサス山脈の美しい自然をじっくり回るコースです。
出発日設定2020/06/20(土)~2020/09/12(土)
ご旅行代金515,000円~608,000円
出発地東京、大阪、名古屋

詳細を見る