添乗報告記●キラッと☆スリランカ6日間(2016年4月)

添乗ツアー名 ● <風の女子企画>キラッと☆スリランカ6日間
2016年4月30日(土)~2016年5月5日(木) 
文・写真 ● 前田優希(大阪支店)


スリランカは果物の種類も豊富!

 インドの南の島国スリランカ。スリランカには、宝石、紅茶、アーユルヴェーダ、占星術・・・など女子心くすぐるキーワードがたーくさん!風の女子企画「キラッと☆スリランカ6日間」は、世界遺産を訪れるだけ訪れるありきたりなスリランカツアーではなく、あえて女性限定にして(男性の皆様、ごめんなさい)女子が気になるポイントを集めた新企画。そんなツアーの内容をいくつかご紹介したいと思います。

体も心も癒される!森のホテルでのんびり2連泊


森の中でマイナスイオンを浴びてリフレッシュ


 スリランカ第二の町キャンディでは、森の中にあるホテル「キャンディサマディセンター」に泊まりました。このホテルは、昔瞑想の施設として使われていたそうで、鳥や虫の声しか聞こえない大自然の中のホテルです。丸1日はフリータイムなので、自然の中でのんびり過ごしたり、ヨガをしたり、アーユルヴェーダ・マッサージで日頃のコリをほぐしたり・・・・。山奥でwifiが繋がらない場所なので、デジタル・デトックスしながら忙しい毎日を忘れ、みなさんそれぞれの時間を過ごしながらリフレッシュしました。


部屋は離れで各部屋それぞれコンセプトが違います

部屋の中の様子(一例)




自然の中で1時間30分の本格ヨガレッスン

今回お世話になったヨガの先生



 アーユルヴェーダとは、インドやスリランカなどで昔から伝わる伝統医療で、西洋医療が悪いところを直接的に治療するのに対して、日々の食事・精神面の健康、瞑想、ヨガでなど体全体のバランスを整えることで病気に取り組む考え方です。その治療の一種でもあるのがアーユルヴェーダ・トリートメント。アーユルヴェーダの代表的な治療法のひとつであるオイルマッサージは、自然から作られたオイルを使うので、疲れをとることはもちろん、お肌にもとてもいいものです。トリートメントにも様々種類があり、中でも特徴的なのが「シロダラ」。額に温かいオイルを少しずつたらす施術で、頭や目などに効果的だそうです。オイルが額に落ちる度にぼわーんと頭があたたかくなり気持ちがいいです。通常は数週間施設に滞在して、自分の体にあったプログラムに沿って食事改善などとあわせて受ける方が効果的だそうですが、数時間受けるだけでもだいぶ体が楽になります。

 アーユルヴェーダをされる方に忠告です!終わったあとは頭から全身オイルまみれになりますので、受ける時はオイルで汚れてもいい服装で。マッサージ中は、パンツ1枚になります。男性の施術士の場合もすべてを見せることになりますので、抵抗がある方は事前に女性施術士をリクエストしてください。


マッサージの後は、薬草のスチームバスでオイルを体になじませます

あったかいオイルを額にたらすシロダラ

フレンドリーなマッサージの施術士



一般公開されていない!?宝石工房見学

 スリランカは世界有数の宝石の産地です。中でも代表的なものがブルーサファイアで、英国キャサリン妃の婚約指輪(故ダイアナ妃の婚約指輪を受け継がれたもの)にもスリランカ産が使われていたことでも有名です。ブルーサファイア以外にもルビー、キャッツアイ、ガーネットなど数多くの種類が産出されます。

 このツアーの目玉でもあるコロンボ市内の宝石工房を特別訪問。ここは、誰もが知っている数々の欧米高級ブランドに宝石を加工して卸している工房で、一般の人は中には入れない場所です。中はどの部屋に入るのにも厳重にセキュリティーがかかっており、ちょっとトイレに行くにも一苦労。手のひらの上で見せてもらった小さな石が、市場で何十万、何百万もするのかと思うと・・・。


占星術の先生から自分にあった宝石を選んでもらいます(写真は鑑定中の様子)

コロンボ市内にある宝石工房




石を研磨している様子

研磨されたブルーサファイア



作業スペースに入りいろんな宝石を見せてもらいました

この石が高級ジュエリーになっていきます


 スリランカではインドと同様に星占いが盛んで、誕生時、結婚時など自分の一生で大切な時期には占星術の先生に自分の運勢を診てもらう習慣があります。(ご希望の方は、ツアー中見てもらうことも可能です。)占星術には、生年月日・生まれた時間・生まれた場所のデーターが必要で、それに基づいて自分のホロスコープ(天体の配置図)を調べてもらいます。診てもらう先生によっては、ホロスコープとあわせて手相も見てもらえるので、爪のマニキュアなどはとっておいた方がいいです。今回は、今から2040年までの運勢を診断してもらいました。運勢とあわせて自分のパワーストーンを教えてもらえるので、宝石の購入を検討されている方は、お買いもの前に診断を受けることをおすすめします。

田舎の村訪問


牛車に乗って田舎の村を訪問



 風の旅行社のツアーではお馴染みの民家訪問。スリランカでも田園が広がる田舎の村を訪れ、泥や藁など自然素材で作られた伝統的な造りの家を見学しました。様々なスパイスから作られたカレーなど美味しい家庭料理もご馳走になりました。お皿は水をはじく素材の蓮のはっぱ。現地の人と同じように、スプーンは使わず右手で食べる体験も。スリランカ式の食べ方は、お皿の上のおかずやご飯をよく混ぜて、3本の指の第二関節までを使って、押し込むように口に入れます。慣れていないと手を汚してしまいなかなか難しいのですが、現地の人は全く汚さずやはりとても上手に食べます。蓮の葉のお皿とスプーンいらずなので、洗い物も楽チン。エコなライフスタイルです。


村に到着

泥や藁などで作られた家




スリランカの伝統的な家の造り

キッチン拝見、かまどの様子




家庭料理をいただきました

お皿は水をはじく素材の蓮の葉です




葉で屋根を編む作業を見せてもらいました

お米の脱穀作業を体験



スリランカといえば!セイロンティー

 スリランカは輸出量で世界第一位を誇る紅茶大国。ムレスナやディルマなどの紅茶ブランドは日本でも有名です。よく耳にする「セイロンティー」とはセイロン(スリランカの旧称)で産出される紅茶の総称です。キャンディはセイロンティーの五大産地の一つ。紅茶園を訪れ、紅茶の製法を見学しました。見学の後は、紅茶の試飲や購入も可能です。一番グレードの高い紅茶は100グラム5,000円くらいするものもありましたが、品質のいい紅茶がお手頃価格で購入できるので、お土産にもお勧めです。


萎凋作業(風通しのよい室内で生葉を広げて水分を飛ばす)

揉捻作業(萎凋でしおらせた茶葉をもみこむ)



醗酵作業

製品になった紅茶



これ以外にも世界遺産シギリヤロックや仏歯寺など、見逃せない観光スポットももちろん訪れます。スリランカの人々はとても明るく親しみやすい方が多いように思えました。そんなスリランカの人々の笑顔にも癒された毎日でした。

関連ツアー

【風の女子旅】宝石、料理、アーユルヴェーダで輝こう

キラッと☆スリランカ6日間

出発日設定2016/04/30(土)~2016/09/17(土)
ご旅行代金321,000円~329,000円
出発地東京

風の女子企画公式facebookページ