知られざる高原湖から温泉へ

天山山脈展望! キルギス・キャンプトレッキング 9日間

4名催行日本語ガイド

美しいキルギスの自然を歩き、トレッキングのハイライト、アラクル峠(3,860m)へ!

カザフスタンから国境越えで、瑞々しいキルギスへ(往復で異なる国境を越えます)

美しい木造の三位一体教会(カラコル)

超タフなミリタリージープでアプローチ

テンシャンモミが美しいカラコル谷がトレッキング開始地点

初日は森と花の中を標高差400mほど登ります

6月下旬~8月上旬にかけて、瑞々しい谷には高山植物がたくさん

初日はテンシャンモミとナナカマドの森のキャンプ

トレッキング2日目はアラクル湖畔まで約600m登ります。花々とマイナスイオンに癒されます

この沢筋を詰めるとアラクル湖です

天気と時間によって様々な表情をみせるアラクル湖(3,550m)

7月中旬まではまだ凍結している部分があるかもしれません。朝はアラクル湖がいちばん美しい瞬間です

変りやすい山の天気。雨の後に手が届きそうな距離に虹が現れるかも

3日目は、湖畔のキャンプを出発して峠越え!

峠直下はガレ場。少々きつい登りですが、振り返ると…

眼下にアラクル湖とその奥に天山山脈の主脈が望めます

峠の下りもこんなガレ場。7月上旬までは残雪の場合もあります。

峠(後方の稜線)を下りると、牧歌的な草原の谷になります

3泊目は小川が流れるケルディック谷の草原キャンプ

お花畑と瑞々しい草原キャンプ

午後は比較的時間に余裕があるので、ダイニングテントでのんびりと

4日目は放牧地を越えて、反対の谷・アルティンアラシャンまで650mほど下ります

雪解け水の量によっては、一部渡渉する場合があります

アドベンチャラスな丸太の橋も

GOALの温泉保養地アルティンアラシャン

源泉かけ流しの温泉で湯ったりリフレッシュ

温泉小屋を男女別に貸しきって使用します

ビシュケクのオシュバザール

下山後はイシククル湖畔のホテルで半日のんびりします

出発日設定2019/08/09(金)
旅行代金408,000円
出発地東京・大阪・名古屋・福岡
POINT
  • 華麗なる天山の景色をワイルドに楽しむキャンプトレック
  • 森のキャンプ~高山湖のキャンプ~草原のキャンプを楽しむ
  • イシククル湖畔のリゾートにも滞在
  • 往復で異なる2つの陸路国境越えも楽しむ
詳細

<天山山脈を望む花と温泉の旅>
テンシャンモミに囲まれた瑞々しい渓谷と緑の草原とお花畑、そして万年雪を抱いた天山山脈と美しき高原湖。
“シルクロードのスイス”とも称されるキルギスの豊かな大自然の中を3泊4日でキャンプトレッキング!ガレ場や小川の渡渉など少し足元の悪いところもありますが、本来2泊3日で歩ける距離ですので、体力的にはトレッキング初心者でもOK。トレッキングの他にも、イシククル湖畔滞在や民家の食事、遺跡やバザール訪問、そしてカザフスタンとキルギスの陸路国境越えなど盛りだくさん。きっとキルギスが大好きな国になりますよ。


※レベル表示について

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京・大阪・名古屋・福岡 ソウル アルマトイ

午後:東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡より空路、ソウルで乗り継いでカザフスタンのアルマトイ(1,640m)へ。

夜:到着後、日本語ガイドがお迎えし車でホテルへ。

ホテル
2日目

アルマトイ<国境越え>カラコル

終日:車で国境を越え、乾燥したカザフスタンから瑞々しいキルギスへ入り、イシククル湖東岸の街カラコル(1,700m)へ。(走行:約375km、約7時間)
夕食は民家でウイグル家庭料理を楽しみます。

ホテル
3日目

カラコル カラコル谷シロタ

午前:カラコル市内観光。聖三位一体教会、ドンガンモスクを訪れます。その後、ミリタリートラックで未舗装路を進みカラコル谷(2,550m)へ。(走行:約30km、約1時間半)

<トレッキング1日目>

午後:大自然の中でピクニックランチ。その後テンシャンモミとナナカマドの林に囲まれたシロタ(2,950m)までトレッキング。(徒歩:約3時間)森の中のキャンプを楽しみます

テント
4日目

シロタ アラクル湖

<トレッキング2日目>

終日:樹林帯を抜け、高山植物を愛でながらピクニックランチを楽しみ、沢沿いのガレ場を登りアラクル湖(3,550m)までトレッキング。到着後、エメラルドグリーンの湖と美しい山なみを望みながら、湖畔でのキャンプをお楽しみください。(歩行:約3時間半)

テント
5日目

アラクル湖アラクル峠ケルディック谷

<トレッキング3日目>

終日:5,000m級の峰々が連なる天山主脈を望むアラクル峠(3,860m)を越え、ケルディック谷(3,200m)までトレッキング。(歩行:約4時間半)
お花畑と瑞々しい草原の広がる牧歌的な風景の中で最後のキャンプです。

テント
6日目

ケルディック谷アルティンアラシャン アクス村イシククル北岸

<トレッキング4日目>

午前:草原帯の谷を下り、再びテンシャンモミの樹林帯を抜け、温泉地アルティンアラシャン(2,560m)までトレッキング。
到着後、ラドンかけ流しの温泉でトレッキングの疲れを癒します。(歩行:約3時間)

午後:ミリタリートラックと車を乗り継いで、イシククル北岸へ。(走行:約160km、約4時間)

ホテル
7日目

イシククル北岸 ビシュケク

午前:昼食前までフリータイム。イシククル湖畔のリゾートでおくつろぎ下さい。

午前:車でビシュケクへ。途中、カラ・ハーン朝の都バラサグン跡といわれるブラナの塔と石人群を訪れます。(走行:約260km、約4時間半)

ホテル
8日目

ビシュケク <国境通過> アルマトイ

午前:活気溢れるオシュバザールを訪れた後、車で往路とは異なる国境を越え、カザフスタンのアルマトイへ。(走行:約250km、約4時間半)

夜:夕食後、空港へ。

深夜:空路、乗継地のソウルへ。

機内
9日目

ソウル 東京・大阪・名古屋・福岡

午前:ソウルで乗り継いで帰国の途へ。

  :10:30~16:00、東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)・福岡到着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/08/09(金) ¥408,000 東京・大阪・名古屋・福岡 催行決定
最少催行人員 4名(定員12名) 添乗員 同行なし。現地係員がご案内。(但し8名以上の場合は同行)
利用予定航空会社 アシアナ航空
利用予定ホテル

アルマトイ:オラトル、アスターナ、アンバサダー、ドストゥク
ビシュケク:ビー・ホテル、プラザ、アクケメ、シルクロードロッジ
カラコル:アミール、グリーンヤードホテル、タガイタイ
イシククル北岸:カルヴァン・イシククル、ロイヤルビーチ、ラドゥガ、アウローラ
トレッキング中:テント泊(1人部屋ご利用の方にはテントもお一人でご利用いただけるように用意いたしますが、2泊目の“アラクル湖”ではキャンプスペースが限られるため男女別2名一張りとなる場合があります。予めご了承下さい。)

お一人部屋追加代金 31,000円 テント泊を含みます
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
(2019年6月1日)国際線:9,000円

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 帰国時に有効期間が6ヶ月以上残っているパスポートが必要です。
各国空港税/査証

●事前徴収
・国際観光旅客税:1,000円
・成田空港諸税:2,610円、関西空港諸税:3,040円、中部空港:2570円、福岡空港:970円
・カザフスタン旅客サービス料:2801テンゲ(約950円)
・韓国空港税:10,000ウォン/2回(約2,090円)

●査証(ビザ)
キルギス、カザフスタンとも査証不要。
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 195,000円~265,000円(日本~アルマトイ往復/出発日・予約クラスにより異なります。)
その他

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代など。

●ご注意
・このコースは標高3,000m以上の高所に宿泊するため、高山病にかかる恐れがあります。健康に不安がある方は必ず事前に医師にご相談ください。また、海外旅行保険への加入をお願いしております。
・一部、日本のアルプスのようなガレ場やザレ場など、足元の悪い箇所もあります。
・1人部屋ご利用の方にはテントもお一人でご利用いただけるように用意いたしますが、2泊目の“アラクル湖”ではキャンプスペースが限られるため男女別2名一張りとなる場合があります。予めご了承下さい。
・アルティン・アラシャンはラドン温泉です。入浴時間は30 分までを目安とし、体調に合わせてご入浴下さい。また、グループ内の男女別で貸切利用ですので、水着は不要ですが、入浴セットは各自ご用意下さい。
・各都市のホテルは、基本的にバスタブが無くシャワーのみとなります。

●レベル(レベル表示について
高所レベル:1
トレッキングレベル:3●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

このご旅行は早割90の適用対象です。

このご旅行はツアーアレンジが可能です。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/08/09(金) ¥408,000 東京・大阪・名古屋・福岡 催行決定

いってきました!

出発日:2017.07.14

評価:

自然条件とはいえ、本来のルートを辿れなかったのが残念。ポーターがテンポの遅い我々より更に遅れテント1泊目のテント設営、夕食が大中に遅れた。トイレテントのフレームが壊れていて設営できなかった。

おかえりなさい!

ご迷惑をおかけし申し訳ありません

出発日:2017.07.14

評価:

3年来憧れてたアルクル湖、晴天に恵まれ、その美しい姿を見え大感謝です。下山の時(ガイドの)Aさんがストックを斜面にさし、私の足を確保して下さり、大変助かりました。機会がありましたら、感謝してますと、お伝え下さいませ。河を渡る時は、脇をかかえてもらい、草原を下る時、山を背景にした草木々の美しさに、夢の中を歩いているみたいな楽しい日々でした。
ただ一つ困ったことは、トイレのテントが故障し、悪かったことです
お花畑の中を歩き、河沿いにそって行った秘湯も見られ楽しいコースでした。
現地スタッフ始め、皆様のおかげで楽しい山旅が出来ました。
ありがとうございます。

出発日:2017.06.23

評価:

緑と水の豊かな国で、トレッキング中の景色は素晴らしく、現地ガイド、ポーター、ドライバーの方達のもホスピタリティに溢れていて、素晴らしい旅になりました。アラクル湖畔やケルディック谷での夜空は満点の星で天の川や流れ星も見れました!
トレッキング中に登山靴の底が剥がれるアクシデントがありましたが、すぐにテーピングで補強頂き、キャンプ場に着いた後に靴底を縫って頂けたので、無事に4日間、歩く事が出来ました。
本当にありがとうございます。

キルギスへの移動がカザフスタン経由のため、往復、各2日、計4日も取られたのが残念だった。カザフスタンの入出国の対応があまり良くない事もあったので、キルギスに直接入出国し、もっとキルギスで過ごす時間が長くなる行程になると良いと思う。
トレッキングの天候は雨時間が予想以上に長く、テント内の物が濡れて、対応に苦労した。大きなゴミ袋を多めに持って行く必要があった。また、テントは3-4名用に2名と聞いていたが、実際は2名用だったようで、雨の日の片付けや準備をするスペースがなく、少し不便だった。また、雨による増水で河を渡る場所が複数あって、水も冷たく、流れも速いので、ガイドとポーターの2人のサポートが無ければ難しかったと思う。
登山靴は5年間を超えたら買い換えて行く方が安心。

もっと見る