営業日:月・木曜日(11:00〜17:00)
東京本社 03-3228-5173 / 
大阪支店 06-6195-8043

国内ツアー一覧 
新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み

※休業日のお電話でのご連絡につきましては留守番電話にて承ります。営業日に折り返しご連絡いたします。

みのぶ道を歩く

【現地集合】11/18(金)発:久遠寺と七面山登山 3日間

5名催行

日蓮宗最大級の堂宇である大本堂と朱塗が映える祖師堂

甲府盆地と金峰山も望めます

七面山から富士山を望む

神秘的な一之池

標高1720mの山中に建つ敬慎院

登参道には休憩が出来る坊があります

出発日設定2022/11/18(金)発
旅行代金63,800円
出発地身延駅集合・解散
POINT
  • 日蓮宗総本山・身延山の懐、門内商店街に佇む歴史ある宿に宿泊します。
  • 荘厳な伽藍の久遠寺と日蓮上人が9年間起居した御草庵跡を訪れます。
  • 歴史を感じるみのぶ道を辿り表参道から七面山・敬慎院を目指します。
  • 七面山での宿泊は、七面山奥之院の寺院です。
詳細

みのぶ道は「 参詣道」「身延往還」「身延山追分道」とも呼ばれ、かつては、身延山久遠寺から三光堂、思親閣、赤沢宿、羽衣白糸の滝、七面山敬慎院へと続く、険しい修行の道でした。
日蓮宗の開祖・日蓮上人が拓いた聖地・身延山、その弟子たちが拓いた霊地・七面山をつなぐ道は、身延詣に往来する道となりました。
今もなお、荘厳な寺社仏閣、宿場の風情や門内の賑わい、鳴り響く団扇太鼓とお題目を唱える人々の祈りの声、神聖な自然の風景に出会うことができます。
今回は、初日に日蓮宗の総本山である久遠寺、日蓮上人が9年間起居した御草庵跡を訪れ、2日目・3日目で表参道を登り七面山と 敬慎院を目指します。

古谷 朋之 (ふるや ともゆき)

岩手県出身。1973年生まれ。風の旅行社OB。株式会社KAZEエクスペディション代表取締役。
大学入学時より本格的に登山を始め、雪山、岩登りと登山に明け暮れる日々を送る。ナムナニ峰(7,694m)東壁初登攀等の多くのヒマラヤ登山を行った後、風の旅行社に入社。
風の旅行社名古屋を立ち上げた後、湘南に移転し登山に特化すべきKAZEエクスペディションと社名を変更し今に至る。
NPO富士山測候所を活用する会 御殿場班、山岳ガイド風の谷 常勤ガイド、かながわ山岳ガイド協会所属、日本ヒマラヤ協会 常務理事。

歩行レベル
歩行日数2日間
レベルについて
日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

身延駅 久遠寺門内商店街

午後1時45分 JR身延駅集合

身延駅よりタクシーを利用して久遠寺の三門へ。

三門から菩提梯(高さ約100m、287段の階段)を登って久遠寺本堂へ。本堂域を散策した後、日蓮上人が9年間起居した御草庵跡を訪れます。

その後、歩いて門内商店街にある歴史ある宿へ。

ホテル
2日目

門内商店街白糸の滝中適坊敬慎院七面山奥之院

朝:タクシーを利用して七面山登山口の近くにある白糸の滝(500m)へ。

白糸の滝を訪れた後、登山開始。

徒歩にて、中適坊(1067m)敬慎院(1720m)七面山(1983m)奥之院(1658m)へ。

奥之院泊

※一般の旅館とは異なり寺院での宿泊となります。夕勤・朝勤にもご参加いただきます。

★標高差:上り=1483m、下り=325m ★歩行時間:約5時間半

宿坊
3日目

奥之院明浄坊角瀬身延駅

早朝:奥之院を出発。

徒歩にて、奥之院(1658m)~明浄坊(1422m)~角瀬(320m)へ。

角瀬よりタクシーを利用して身延駅へ。

午後:身延駅にて解散。

★標高差:下り=1338m ★歩行時間:約2時間20分

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2022/11/18(金)発 ¥63,800 身延駅集合・解散 募集中 3日間・5名催行
最少催行人員 5名 (定員8名) 添乗員 添乗員は同行しません。 登山ガイド・古谷朋之さんが同行します。定員(8名)に達した場合、添乗員も同行します。
利用予定航空会社 なし
利用予定ホテル

いさご屋旅館(1日目)
七面山奥之院(2日目)

その他

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2022/11/18(金)発 ¥63,800 身延駅集合・解散 募集中 3日間・5名催行