作家・芝田勝茂さん同行

【現地集合】5/31(金)発:古事記の神々をめぐる旅「その4・南九州(宮崎・鹿児島)」3日間

6名催行添乗員同行

イメージ

イメージ・神社

霧島神宮

イメージ・神社2

復元遺跡

海イメージ

お乳水

鵜戸神宮本殿

鬼の洗濯板

青島神社鳥居

御神門の扁額には「鴨就宮」

出発日設定2024/05/31(金)
旅行代金108,500円
出発地鹿児島空港
POINT
  • 古事記の神々をめぐる旅のシリーズ第四回目です!
  • 今回は、南九州(宮崎・鹿児島)の神々を訪ねます。
詳細

~第4回となりました。~

第1回「イザナミとイザナギの淡路島」(2022年初夏)、第2回「スサノオとオオクニヌシの出雲」(2022年秋)、第3回「欠史八代と豪族たちの大和」(2023年初夏)。中野の風の旅行社・セミナールームから飛び出した「古事記の神々をめぐる旅」。手探りのツアーも、もう第4回目。毎回、古事記にまつわる遺跡や神社をめぐるたび、さまざまな発見がありました。
今回は、いよいよ南九州です。海幸彦と山幸彦=海の民と山の民が出会う古代神話の伝承は、この地を舞台とし、天孫が降臨した高千穂の峰も、大和ではなく、この南九州に存在します。
ニニギ降臨ののち、数代をへて神武東征がはじまります。東征軍の中枢をになったクメのハヤトとは、鹿児島に住む勇猛な一族でした。宮崎県と鹿児島県。神話と伝説の里で「アマ(天、海)から降臨した神々の物語を追いかけてみませんか。古事記・南九州の巻、はじまりはじまり!

~「神武東征」の出発地~
古事記では、神武東征であれほど活躍する「クメのハヤト」。なのに、いつか宮中の番人、遠い辺地の蛮族のような扱いです。これは「海人族」も同様で、平安時代の宮廷では、かつての栄光はどこへやら、になってしまいます。歴史は繰り返す。明治維新にあれほど貢献した薩摩の若者は、革命が終わると西郷とともに、ねこそぎ討伐されてしまいます。革命軍(東征軍)の中核をなしたクメのハヤトを送り出した「クマソ」、いまその痕跡があるのでしょうか。さらに、天孫が降臨したという「高千穂の峰。」南九州には、「霧島山」にそびえる「高千穂」と、もうひとつの「高千穂山」があります。いったい、なぜ、「天孫降臨地」が二カ所も存在するのでしょうか?謎は尽きません。そもそもいったいなぜ、神武たちは東へ向かったのでしょう。
神武が向かった大和には「ニギハヤヒ」がすでにナガスネヒコやモノノベ氏をしたがえて君臨していました。「ニニギ」と「ニギハヤヒ」との関係は?そして、「九州」とは、いったい?
「古事記」も、「日本書紀」も、神武東征のおおまかな筋はかわりません。南九州での、山幸彦と海幸彦の物語。ウガヤフキアエズや、コノハナサクヤという、まるでネイティヴ・アメリカンの名前のような、古代の生活に即したネーミングのゆたかなひびき。かれらは神話に直結した伝統を背負って、中つ国=ヤマトにむかって船をすすめます。その出発点となった、南九州。そこには、「出雲」の大王や、「親魏倭王」の印を持つ女王たちとは異なる、独自のパワーを発揮した「天孫族」がいたようです。
第4回は、神話から地上に降りたって、いよいよこの国を支配しようとした東征軍の王の故郷をさぐります。いくつかの神宮、神社、そして古代遺跡、伝説の地を経めぐり、二千年の時間をわたしたちの掌にとりもどしてみましょう。

2014年、2017年に「風カルチャークラブ」で古事記の講座を担当した児童文学作家・芝田勝茂と、大学で旅行学の教鞭をとる水野恭一が旅先案内人をつとめる、新鮮な視点と解釈による「古事記」を旅する三日間です。

※5月31日(金)の羽田空港から鹿児島空港と、6月2日(日)の宮崎空港から羽田空港までの航空券は8名以上の場合、団体券にて手配できますので、お問合せください。往復の航空券代金は39,500円になります。
*5/31(金):ANA621 羽田空港/鹿児島空港 09:05/10:55
*6/02(日):ANA614 宮崎空港/羽田空港 15:55/17:35
※発着時間は多少変更する場合があります。尚、原則としまして3月29日(金)で販売を終了いたします。

※ご自身で手配される場合は上記料金より安い「スーパーバリュー」などもありますが、お支払い期限が予約日を含めて2日以内となり、取消料も早めにかかりますので、ご注意ください。

ファンタジー作家

芝田 勝茂 (しばた かつも)

石川県羽咋市生まれ。児童文学作家。著書にファンタジー『ふるさとは、夏』(福音館文庫・産経児童出版文化賞)『ドーム郡シリーズ三部作』(『ドーム郡ものがたり』『虹への旅』『真実の種、うその種』日本児童文芸家協会賞他・小峰書店)古典に題材をとった『サラシナ』『虫めずる姫の冒険』(あかね書房)。また近未来を描く『進化論』『星の砦』(講談社)がある。編訳に『ガリバー旅行記』『西遊記』『ロビンソン・クルーソー』子ども向けリライトに『銀河鉄道の夜』『坊っちゃん』(学研)伝記『葛飾北斎』(あかね書房2016)『織田信長』(学研2018)など。『空母せたたま小学校』シリーズ(そうえん社2015-2016)や『ぼくの同志はカグヤ姫』(ポプラ社・2018)では近未来と古典文学が融合する、ユニークなファンタジー世界を描く。日本ぺンクラブ会員。
2013年から2018年まで『縄文サマーキャンプ』を山梨県で個人主催で実施した。
HP『時間の木』http://home.u01.itscom.net/shibata/index.html

担当講座一覧

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

鹿児島空港 熊襲の穴隼人城上野原遺跡熊襲城跡日当山温泉

★1日目 

午後(12時30分頃):鹿児島空港集合

鹿児島空港より車にて、熊襲の穴~隼人城~上野原遺跡~熊襲城跡~日当山温泉

夕刻:日当山温泉の宿へ。

ホテル
2日目

日当山温泉鹿児島神宮霧島神宮高千穂河原狭野神社飫肥ホテル

★2日目 

午前:宿より車にて、鹿児島神宮へ。

見学後、霧島神宮~高千穂河原~狭野神社~皇子原神社へ。

その後、飫肥市のホテルへ。

※昼食は立寄り先の食堂などで各自お取りください。

夕刻:ホテルへ。

ホテル
3日目

ホテル鵜戸神宮青島神社宮崎神宮宮崎空港

★3日目 

午前:ホテルより車にて、鵜戸神宮~青島神社~宮崎神宮を見学し、その後、宮崎空港へ。

※昼食は宮崎空港でお取りください。

午後(13時半ころ):宮崎空港にて解散。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2024/05/31(金) ¥108,500 鹿児島空港 募集中 3日間・6名催行
最少催行人員 6名 (定員10名) 添乗員 添乗員が同行します。
利用予定バス会社 (有)さつま観光バス
利用予定ホテル

日当山温泉:ホテル京セラ
飫肥市:ホテルシーズン日南

その他

○1泊目のホテル京セラは1部屋、2名様~3名様の相部屋になります。
※お一人部屋をご希望の方は、お問合せください。宿に確認してみますが、ご希望に添えない場合もあります。
〇2泊目のホテルシーズン日南では、一人部屋(シングルルーム)と二人部屋(ツインルーム)を用意しています。
●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2024/05/31(金) ¥108,500 鹿児島空港 募集中 3日間・6名催行