お客様専用電話番号が変更になりました
営業日:月・木曜日(11:00〜17:00)
東京本社 03-3228-5173 / 
大阪支店 06-6195-8043

国内ツアー一覧 
新型コロナウイルス感染防止に向けた当社の取り組み
※休業中のお電話でのご連絡につきましては留守番電話にて承ります。営業日に折り返しご連絡いたします。

眞鍋じゅんこさん&鴇田康則さんと歩く

東京湾岸あるき 陸から海から今むかし「世界的大会の名残と東京港歴史さんぽ」

選手村の遠望

有明体操競技場

出発日・参加費

出発日 時間帯 参加費 お申込み(受付状況)
2021/9/25(土) 10:00〜15:00 ¥4,950 募集中

講座概要

私たちの目の前に広がる海、東京湾。
江戸時代に始まった埋立ては、この100年で拍車がかかり、湾岸の約9割の海岸線が埋め立てられました。これらの場所を古地図と現代地図を見比べながら、地理・地質・産業・文化・漁業に食文化と、その土地に秘められた盛りだくさんの素顔を探って歩きます。
時には舟で海からながめ、時には漁師さんと漁業体験をして、漁業文化を実感します。かつて海辺にあった神社仏閣の祭礼に、往年の面影を探ります。もちろん海辺の土地ならではの、おいしいものを食べることも。
世界的なスポーツ大会もあり、これからも東京湾岸は大きく変わってゆくでしょう。それを静かに観察してゆきたいと思います。

今回のテーマは…「世界的大会の名残と東京港歴史さんぽ」

世界に注目を浴びたスポーツ大会会場。それがどんな場所にあったのかを歩きつつ、江戸時代から現在に至る東京港の埋め立ての歴史をたどります。

*昼食は弁当持参または購入場所をご案内します(各自支払い)。
*都バスやゆりかもめに乗車(各自払い)しますので、 ICカードに1500円ほどチャージがあると便利です。
*大会後工事等で、当日はまだ内部が見えない・近づけない場所があるかもしれません。ご了承ください。

~当日の流れ~
りんかい線東京テレポート駅集合後、都バスやゆりかもめの車窓や乗り降りしながら会場跡を歩きます。また東京港を学ぶ施設を見学し、その歴史や役割を学びます。※天候などにより行程の順番が入れ替わる場合があります。

当講座では、感染予防の観点からイヤホンガイドを使用いたします(使用料は講座代金に含まれます)。イヤホンガイドとは、話し手が所持する送信機を通じて、複数の受信機へ音声を届けるツールです。

講師

眞鍋 じゅんこ (まなべ じゅんこ)

東京湾の漁師町を訪ね続けるフリーライター

1959年東京生まれ。ベトナムに通っていた頃、そこに古き良き日本があった。そして日本中の村や離島を訪ねて、カメラマンの夫・鴇田康則と記録し続けてきた。面白いことや人を見つけると、じっとしていられない。東京・千葉・神奈川にまたがる東京湾をくまなく取材し、たくさんの面白いことや場所、人を見つけた。著書に『ニッポンの村へゆこう』(筑摩書房)、『産む快感』(自然食通信)、『うまい江戸前漁師町』『中古民家主義 』(交通新聞社)、『アジアで麺』『ベトナムわんさか共和国』(トラベルジャーナル・共著)などがある。また、月刊誌『散歩の達人』(交通新聞社)にて『1964→2020東京オリンピックを歩く』を連載。ブログ『眞鍋じゅんこのまっすぐには歩けない』

担当講座一覧

講師

鴇田 康則 (ときた やすのり)

1954年東京生まれ。広告や雑誌、レコードジャケットなどの撮影と共に、アフガニスタンなど中央アジアや北米、タイ、ベトナム、などの人々の生活風景を写真に収めて歩く。現在、日本の村や東京の町歩きの他、東京湾の漁師や村の暮らしを記録。「中古民家主義」(交通新聞社)など眞鍋との共著の写真を担当。各種散歩系の雑誌の取材では、下町から山村まで様々なところを歩きカメラで撮影。著書『中古民家主義 』(交通新聞社)』、『うまい江戸前漁師町』(交通新聞社)、『ニッポンの村へゆこう』(筑摩書房)。また、月刊誌『散歩の達人』(交通新聞社)にて『1964→2020東京オリンピックを歩く』を連載。

講座条件・その他

会場 りんかい線・東京テレポート駅集合
定員 16名
持ち物 弊社からご予約頂いた方へお送りする資料にてご確認ください
備考 ●講座代金に含まれるもの 講師代、資料代など
お申込み 【お電話】0120-987-553
【Eメール】info@kaze-travel.co.jp ※講座名、住所、氏名、お電話番号、参加人数をお書き添えください。
【WEB予約】ページ下部のボタン(黄色)よりお進みください。

講座予約

出発日 時間帯 参加費 お申込み(受付状況)  
2021/9/25(土) 10:00〜15:00 ¥4,950 募集中