2020年9月23日〜9月25日 11:00〜17:00 
東京本社・臨時開業

お電話でのお問い合わせは 0120-987-553 へお願いします。詳しくはこちらをご覧ください。
なお、現在海外ツアーに関しましては、当面の間、募集を中止しております。何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

車と船で走破する!

ギアナ三国ハイライト11日間

7名催行英語ガイド
出発日設定2013/10/11
旅行代金999,000円
出発地東京
早割60
詳細

スペイン語、ポルトガル語が飛び交う南米にあって、異色の国・地域が3つあります。
その名もギアナ三国。ガイアナとスリナムという2つの独立国と、フランス領のギアナから構成されています。知られざる国・地域だからこそ、一日、一日新鮮な光景を目にすることができるでしょう。

(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)

ガイアナ:
西にベネズエラ、東にスリナム、南にブラジルと国境を接し、大西洋とカリブ海に面する元イギリス領。
国名は、先住民(アラワク系)の言葉で“豊かな水”に由来。その名の通り、内陸部に広がる熱帯雨林、ギアナ高地などから流れる幾筋もの川、そして水煙をあげるカイエチュールの滝などが、この国の水源。
最初に入植を試みたのはオランダで、17世紀から18世紀にかけて、3つの植民地を設立しました。紆余曲折の末、イギリスが現在のガイアナを獲得、その植民地首府をジョージタウンと命名しました。
この国の目玉はなんといってもギアナ高地と熱帯雨林の広がる平野との境目にあるカイエチュールの滝。滝の高さ226mは、シングル・ドロップの滝としては世界最大級。水煙とどろく滝は、迫力満点です。

スリナム:
西にガイアナ、東にフランス領ギアナ、南にブラジルと国境を接し、大西洋とカリブ海に面する独立国。
もとの宗主国はオランダで、国名は先住民の言葉で、先住民の一派であるスリネン人に由来しています。
国土の半分はギアナ高地に属し、数多くの川がこの国の植物や、国民を育んでいる、まさに“川の国”。
オランダはこの地に入植し、開墾し、多くのアフリカ系奴隷を大農場開鑿に従事させました。その結果、逃亡奴隷=マルーンを数多く生み出し、マルーンの文化という人為的な生活文化を作ってしまいました。
世界文化遺産に登録されたパラマリボには、瀟洒な木造建築が立ち並び、まるで中世に迷いこんだよう。
近年のインドネシア人の移民により、アジア色の濃い国となっています。小舟での川下りもたのしみ!

フランス領ギアナ:
南米に残った最後の非独立地域、フランス領ギアナ。西にスリナム、南と東はブラジルと国境を接し、大西洋に面しています。長らくフランスの植民地でしたが、1946年には海外県に変更されました。
18世紀末、フランスはギアナ流刑地を建設し、折から増えた政治犯を中心とした囚人をギアナに送り、1953年に流刑制度が廃止されるまで『呪われた土地』や『緑の地獄』と呼ばれ恐れられていました。
フランスなので、インフラは三国で最も整備され、観光事業にも力を入れています。かつての流刑地はサンローラン・ドゥ・マロニや悪魔諸島で観光客を迎え、宇宙センターではロケット発射台も見学でき、県都カイエンヌには、おしゃれなカフェやレストラン、ショップ、ブティックなどが軒を並べています。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

(大阪・名古屋) 東京・大阪

午前:名古屋(中部)発。空路、東京(成田または羽田)へ)

夜: 東京(成田)発/大阪(関西)発、空路ドバイへ。

機内
2日目

ドバイ ニューヨーク ジョージタウン

早朝:ドバイ着。飛行機を乗り換え、ニューヨークへ。

ニューヨークでは入国/税関審査を受けます。

午後または夕刻: 空路、ガイアナの首都ジョージタウンへ。

夜: ジョージタウンに到着後、専用車でホテルへ。

ホテル
3日目

ジョージタウン カイエチュールの滝 ジョージタウン

朝: 送迎車でジョージタウン空港へ。小型機でカイエチュールへ。

着陸の少し前、カイエチュールの滝を上空から眺めるチャンスがあります(好天時)

カイエチュールの滝では遊歩道を歩き、3つの観瀑台を巡ります。

観光後、小型機でジョージタウンへ。

到着後、昼食。

午後: ジョージタウンを観光します。

聖ジョージ大聖堂/市庁舎/スタブロック市場・外観/ウマナ・ヤナ先住民復元家屋/大西洋のビーチを見て、ホテルへ。

ホテル
4日目

ジョージタウン スプリングランド (国境) 二ウ・ニッケリー パラマリボ

朝:ジョージタウンを出発。専用車でガイアナ側国境スプリングランドへ。

スプリングランドでガイアナを出国。フェリーに乗って、コーランティン川を渡河。

対岸ニウ・ニッケリーでスリナムに入国。専用車で、首都パラマリボへ。

昼:道中のローカル・レストランで郷土料理(インド系カリー&ロティを予定)

パラマリボ到着後、ローカル・レストランで夕食(インドネシア系料理を予定)

ホテル
5日目

パラマリボ

朝食後、首都パラマリボの観光。

ヤシ庭園/マルーン市場/中央市場/世界文化遺産パラマリボ歴史地区/モスクと

シナゴーグが隣接する場所/大聖堂

昼食はローカル・レストランで軽食

午後:コメウィネの大橋を渡り、かつての大農場地区の観光へ。

魚の燻製屋さん<車窓>/ニューアムステルダム砦/コメウィネ川の川下り

ホテル
6日目

パラマリボ アルビナ (国境) サンローラン・ドゥ・マロニ クールー

朝:パラマリボを出発。専用車でスリナム側国境アルビナへ。

アルビナでスリナムを出国。渡し舟に乗って、マロニ川を渡河。

対岸サンローラン・ドゥ・マロニでフランス領ギアナに入国。

ボートで、流刑地の監獄史跡へ。添乗員と案内人が再現ドラマ?をやります。

昼:道中のローカル・レストラン(中国系のお店を予定)

クールー到着後、ローカル・レストランで夕食(マルーン系クレオール料理を予定)

ホテル
7日目

クールー 悪魔諸島(ロワイヤル島) クールー

朝:送迎車で埠頭へ。

カタマラン船に乗って、悪魔諸島ロワイヤル島へ。約1時間のクルーズです。

到着後、流刑地の史跡めぐり。

教会/病院跡/1953年まで使用されていた灯台/牢獄跡/ロープ塔/サル生息地

昼食は島の食堂でクレオール料理を予定

観光後、再びカタマラン船に乗って、クールーへ。

ホテル
8日目

クールー 宇宙センター クールー カイエンヌ

朝:宇宙センターへ。簡単な登録と検査の後、見学バスに乗って施設を見学。

ソユーズや、ベガ、アリアヌなどのロケット発射台や、管制塔を見学します。

クールーに戻って昼食後、首府カイエンヌに向かいます。

カイエンヌ到着後、ホテルにて小休止。

夕刻:カイエンヌ市内ウォーキングツアー

ヤシ公園/木造のカイエンヌ資料館/旧砦の展望台/大聖堂/商店街

ホテル
9日目

カイエンヌ

朝:市場見学。珍しいフルーツやローストチキン、スパイスのお店などを見ます。

昼食後、空港へ。

夕刻:空路、パリ/オルリー空港へ。

機内
10日目

パリ(オルリー空港) パリ(シャルルドゴール空港) ドバイ

早朝または朝:パリ/オルリー空港に到着。連絡バスでシャルルドゴール空港へ。

空路、ドバイへ。到着後、飛行機を乗り換えます。

機内
11日目

ドバイ 東京・大阪

早朝:ドバイを出発。空路、帰国の途へ。

夕刻:東京(成田)/大阪(関西)帰着。

(空路、名古屋(中部)へ)

機内
出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2013/10/11 ¥999,000 東京 終了
最少催行人員 7名 (定員10名) (定員10名) 添乗員
利用予定航空会社 エミレーツ航空、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、カリビアン航空、スリナム航空、エール・カライブ航空、エールフランス航空
利用予定ホテル

【ジョージタウン】カラ・ロッジ、 デューク・ロッジ、ロライ
マ・レジデンス・イン【パラマリボ】エコリゾート・イン、トラリカ・ホテル、レジ
デンス・イン【クールー】ロシェ、アトランティス、ル・グロス・ベック【カイエン
ヌ】ベストウエスタン・アマゾニア、ノボテル、ケル・アルベルト
(※ホテル・旅館の規模が小さいため、分宿となる場合があります) ※ギアナ三国内のホテル・旅館は、基本的にバスタブなしのシャワーのみとなります

燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
国際線¥50,000(エミレーツ航空利用時)国際線 ¥5,000円(カリビアン航空利用時)国際線142ユーロ(エールフランス航空利用時)(約¥8,100)

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

その他

●注意点
※ 黄熱病予防接種証明書(イエローカード)が必要です。予防接種は必ずご旅行出発の10日前までにお受け下さい。
※ ガイアナでは蚊やダニなど刺す虫がいますので肌を露出しない服装をご準備下さい。

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、ESTA登録料、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費。

【事前徴収】
・成田空港諸税:¥2,540
・米国空港税:¥4,100
・フランス領ギアナ空港諸税:60ユーロ(約¥8,100)
・フランス空港諸税:¥3,540-
<2013年5月1日現在>

●旅券(パスポート)の残存期間
入国時に残存期限が6ヶ月以上有効及びパスポートの未使用ページが見開きで3ページ(左ページから連続6ページ)以上ある旅券が必要

●査証(VISA)
不要。乗り継ぎ地米国においては米国電子渡航認証システム(ESTA)の登録必要です。ESTAの認証はお客様ご自身で認証登録を行ってください。登録料としてUS$14が必要となります。

●大阪・名古屋発及び、その他の地方都市発の場合
・羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。
・羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,000円(2013年5月現在)。
・福岡・札幌・沖縄など地方発はお問い合わせ下さい。

・このご旅行は、英語ガイドがご案内します。

・このご旅行は「早割60」の適用対象です。(ご出発日の前日から起算して60日前までのご成約で、ご旅行代金を5,000円割引いたします)

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2013/10/11 ¥999,000 東京 終了

このツアーに関連するタグ

#tachibana