4/6(月)〜5/6(月)の間は臨時休業中です。ウェブサイトからのお問い合わせ・仮予約は可能ですので、お気軽にご相談ください。
尚、通常よりもご返信に時間がかかる場合もございます。何卒ご了承ください。

南太平洋の知られざる島国

マオリのふるさとクック諸島10日間

3名催行英語ガイド添乗員同行
出発日設定2019/05/17~2019/08/02
旅行代金要問合せ
出発地
早割60
詳細

クック諸島

クック諸島はニュージーランドと自由連合の関係にある島国で、日本は2011年3月25日クック諸島を承認しました。
クック諸島はポリネシアの海域に浮かぶ24の珊瑚礁と火山島で構成される島国で、総面積は237平方キロメートルです。
クック諸島は北クック諸島、南クック諸島に分かれ、北クック諸島には環礁が多く、ペンリン、マニヒキ、プカプカなどがあります。南クック諸島には主島であるラロトンガ島、美しい海で知られるアイツタキ島、隆起珊瑚の島マンガイア、観光客がまれに訪れるアチウ、ミチアロ、マウケなどがあります。

国民の9割を占めるマオリ族は、ポリネシア人の一派で、その起源はここクック諸島またはタヒチ群島と言われています。現在のニュージーランドであるアオテアロアに船団を組んで渡来したのが9世紀から10世紀と考えられており、クック諸島にはそのはるか以前に、マオリ族が定住していたと考えられています。
マオリ族の神話によると、伝統的な航海者であるクペという人物が、「ハワイキ」からアオテアロアに来航し、再びハワイキに戻ってアオテアロアの存在を同族に伝えたということになっています。そのハワイキがどこであったか、文献がなく、口伝であるため、比定は難しいと考えられています。ちなみに残りの1割は、マオリと他のポリネシア系民族あるいはヨーロッパ系白人との混血、そして現地人化した白人の植民・移民の子孫です。

主要産業は観光業で、ほかにノニの生産と加工、真珠の養殖、パパイヤの輸出、マグロ漁業などで生計を立てています。

今回は、クック諸島の主島で首都アバルアのあるラロトンガ島と、白い砂と青い海が印象的な環礁アイツタキを訪れます。

★ラロトンガを観よう
ラロトンガは知る人ぞ知る絶景の宝庫です。クック諸島屈指のビーチといわれるムリ・ビーチ、古代から守られてきた神域マラエ、まるで指のように天に聳えるザ・ニードルなどが見られます。海水浴のチャンスがあるので、水着やタオル、ビーチ・シューズなどをぜひ、お持ち下さい。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2019/05/17 要問合せ 終了
2019/06/21 要問合せ 募集中
2019/08/02 要問合せ 募集中
最少催行人員 3名 (定員8名) 添乗員 添乗員が同行します。 同行します。
利用予定航空会社 ニュージーランド航空
利用予定ホテル

【ラロトンガ】エッジウィーター・リゾート&スパ、クラブ・ラロ、マジック・リーフ、サンセット・リゾート、アロア・ビーチサイド・イン、ムリ・ビーチコンバー、ソカラヴィラズ、パシフィック・リゾート・ラロトンガ、ラロトンガ・ビーチバンガローズ、クックス・ベイ・ヴィラズ、ムリビーチ・クラブ、リトル・ポリネシアン・リゾート

一人部屋追加代金 50,000円
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
(2018年09月現在)国際線¥0(ニュージーランド航空)※運賃に組み込まれています。

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

その他

●注意点
※ 往路/復路ともにオークランドでは宿泊しません。復路は香港経由となります。
※ 日差しが強いので、各自日焼け対策をお願い致します。
※ 海水浴をするチャンスがあります。水着・タオルをご用意下さい。
※ ラロトンガ縦断トレッキング、ラロトンガ古道一周ウォーキングがあります。。足場の悪い場所もありますので、トレッキング・シューズをお持ちください。履きならしてご参加ください。
※ リーフ(珊瑚礁)を歩きます。滑る場所もありますので、マリン・シューズをお持ちください。
※ 虫が苦手な方は、携帯用蚊取線香など、虫よけをお持ちください。

●旅行代金に含まれないもの
各国空港税、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費。

【事前徴収】
・成田空港諸税:2,610円
・ニュージーランド旅客保安料:¥1,850 (NZD11.85x2回)
・ニュージーランド旅客サービス料:¥5,580 (NZD17.87x4回)
・ニュージーランド到着時国境審査料:¥2,470 (NZD15.79x2回)
・ニュージーランド出発時国境審査料:¥460 (NZD2.94x2回)
・ニュージーランド物品サービス税GDT:¥10,600 (JPY10,600)
・香港空港保安料:¥675 (HKD45x1回)
・香港空港建設費:¥2,400 (HKD160x1回)
・クック諸島出国税:¥4,290 (CID55.00 現地精算)
<2018年09月現在>

●旅券(パスポート)の残存期間
帰国時に残存期限が6ヶ月以上有効及びパスポートの未使用ページが3ページ以上ある旅券が必要

●査証(ビザ)
不要。

●大阪・名古屋発及び、その他の地方都市発の場合
・羽田空港~成田空港間の交通費は含まれておらず、この交通機関はお客様ご自身の手配・ご負担になります。
・羽田~成田空港間のリムジン代は片道3,000円(2013年5月現在)。
・福岡・札幌・沖縄など地方発はお問い合わせ下さい。●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

・このご旅行は、英語ガイドがご案内します。

・このご旅行は「早割60」の適用対象です。(ご出発日の前日から起算して60日前までのご成約で、ご旅行代金を5,000円割引いたします)

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2019/05/17 要問合せ 終了
2019/06/21 要問合せ 募集中
2019/08/02 要問合せ 募集中