ツアー関連情報

夏の親子(家族)旅行に「モンゴル」がおススメできる理由

 
_MG_3704_R
(草原という遊び場では、子供たちもすぐに仲良しに)




モンゴルは家族旅行にピッタリ

モンゴルは小さなお子様を連れての旅行にもっとも向いている国のひとつです。
ずばり、理由を挙げるなら、

その1 成田空港から直行便でフライト時間がわずか4時間半~5時間! 面倒な乗り継ぎも必要なし。しかも、午後出発、昼頃の帰国なので前泊や後泊も不要です。
その2 「観光」がメインではなく「体験」が旅行のメイン
その3 どこまでも広がる草原だから大人も子どもも自由にのびのび過ごせる
その4 大自然のど真ん中で五感を大いに刺激してくれる
その5 どんなに騒いでもだれも気にしないから叱らないで済む!(笑)
その6 風の旅行社の直営キャンプ「ほしのいえ」ならウランバートル空港から車でたった2時間。お子さんが飽きる前に到着します。「いざ」という時も移動が短いのが心強い

小さなお子さまでも乗馬できます
(小学生未満の小さなお子様でも乗馬できます)





モンゴル乗馬は、いわゆる、よくある牧場などの柵に囲まれた中での乗馬体験ではなく、大自然の中での乗馬。体を思い切り動かしたあとにやって来る幻想的な夕焼け、そして訪れる満天の星空…

大人でさえ感動的な大自然の演出をぜひ、お子様と体験してみてはいかがでしょう?


_MG_3703_R
(みんなでゲルを作るのも貴重な体験)




お子様の乗馬について

モンゴルに来たらやはり乗馬をして頂きたいものです。では、実際に乗馬が可能な目安をご案内します。地域によっては馬のサイズや鞍の形も様々ですが参考にして頂けたら幸いです。

1人での乗馬は130cmくらいから

お子様1人での乗馬
写真のように、1人で馬に跨り、鐙(あぶみ。足を乗せる馬具)に足を乗せるには大体、少なくとも130cmくらいの身長が必要です。このように引き馬であれば問題はないのですが、常歩(なみあし)、速歩(はやあし)、駈歩(かけあし)となると馬を止める腕力も必要となりますので、11歳~12歳(小学校高学年生)以上が目安になると思います。




130cm以下だと遊牧民がサポート

小さなお子様の乗馬
身長が130cm以下のお子様や、腕力に自身のないお子様、また10歳以下のお子様の場合、写真のように遊牧民が後ろに跨って馬をコントロールする形で一緒に乗馬を楽しむことが出来ます。ただ、モンゴルの子どもたちは3歳くらいから乗馬を始めますので、年齢や身長が足りなくても、親御さんの同意の元、現地のスタッフや遊牧民の判断によって1人で乗馬をさせてくれることもあります。






乗馬を安全に楽しむために

風の旅行社では全ての乗馬をされる方にヘルメットの着用を義務付けており、特に小さなお子様が体験される乗馬については安全のため乗馬スタッフや遊牧民が一緒に乗ったり、引き馬をしながらの常歩が基本となりますのでご理解ください。なお、「ほしのいえ」「そらのいえ」「アルブルドキャンプ」を利用するツアーは弊社オリジナルの安全装具「エアジャケット」(Sサイズ・フリーサイズの2種類)をご用意しています。

IMG_9868s

エアジャケットの着用
エアジャケットはSサイズが最も小さいサイズになります。おおよそ120cm前後の方から利用可能ですが、特に1人で乗馬をされる場合、モンゴルの馬は小柄ではありますが、落馬の危険は常に伴いますので、着用されることをお勧めいたします。




もちろん、モンゴルでの体験は乗馬だけではありません。
大草原で暮らす遊牧民のお宅(ゲル)を訪れて草原で生き抜く生活の知恵を垣間見たり、家畜の乳を絞ったり、保存食でもある乳製品作りを見学したり・・・。

_MG_3487_R(ひろ~い大草原で凧揚げも爽快!)



日本のような都会の生活では想像もできない「生きる力」がモンゴルには詰まっています。
ぜひモンゴルで記憶に残る家族旅行を!