2名様から催行出発日限定日本語ガイドが付きます英語ガイドは付きません添乗員は同行しません特別講師は同行しません

バラエティ豊かな“食”も楽しむ

ヒマラヤ展望のんびり湯ったりハイキング6日間

  • 最初の宿泊地はオーストラリアンキャンプのロッジ
  • アンナプルナサウスを眺めながらハイキング
  • 山の暮らしが感じられます
  • ヒマラヤの絶景が望める「つきのいえ」 露天風呂
  • 月明かりに浮かぶ聖山マチャプチャレ
  • 上質な空間が自慢の「はなのいえ」 目の前にマチャプチャレが聳えます
  • 温かみのある「はなのいえ」の部屋 テラスからはヒマラヤが 贅沢な空間でゆっくり過ごします
  • 「つきのいえ」の家庭料理、ポカラ・ローカルレストランのダルバート、「はなのいえ」の和食

<お手軽だけど一級品のヒマラヤ展望が待っています!!>
聖山マチャプチャレやアンナプルナ連峰の大パノラマを望むオーストラリアンキャンプ、直営ロッジ「つきのいえ」、マウンテンリゾート「はなのいえ」を、無理のないのんびりハイキングで泊まり歩きます。いずれも遮るものなくその山々を独り占めできる抜群のロケーションです。
そして「つきのいえ」と「はなのいえ」では、ハイキングの疲れを五右衛門風呂で“湯ったり”リフレッシュ。

<食事にもちょっぴりこだわりました>
ポカラでは風スタッフが必ず行くお勧めのローカルレストランでネパール料理を、「つきのいえ」では地元の鶏、野菜を使った家庭料理を、「はなのいえ」では併設する有機無農薬農法で育てた野菜中心の和食を、カトマンズでは民族舞踊を見ながらちょっと高級なネパール料理フルコースを楽しみます。
ツアーポイント
1. アンナプルナ大展望地オーストラリアンキャンプ泊
2. ヒマラヤを望む露天風呂が自慢の直営ロッジ「つきのいえ」に宿泊
3. 洗練されたマウンテンリゾート「はなのいえ」に宿泊
4. 山村の暮らしにふれる1日3時間以内のハイキング
5. ローカルレストラン含め食事にもちょっぴりこだわっています

このツアーは割引サービスが適用されます。


関連よみもの

添乗員報告記


このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求

スケジュール
 都市内容 (宿泊地)
1東京・大阪・名古屋
乗継地
カトマンズ
午前:東京(成田または羽田)・名古屋(中部)・大阪(関西)より空路、乗り継いでネパールの首都カトマンズへ。
夜:到着後、日本語ガイドがお迎えし車でホテルへ。
  宿泊●ホテル泊 食事● - / 機内 / 機内
2カトマンズ
ポカラ
カーレ
オーストラリアンキャンプ
午前:国内線でポカラへ。到着後、レイクサイド散策と風スタッフお勧めのローカルレストランでネパール料理のランチ。
午後:車でカーレ(1,770m)へ。そこから、アンナプルナ連峰と聖山マチャプチャレを望むオーストラリアンキャンプ(2,060m)までハイキング(歩行=約1時間半)。天候に恵まれれば、夜は満天の星空にも期待。
  宿泊●テント泊 食事●朝 / 昼 / 夕
3オーストラリアンキャンプ
ダンプス
午前:ダンプスへ(1,650m)。野鳥の声に包まれながら、森の中を下るのんびりハイキング(歩行=約1時間半)
午後:山村の友人宅を訪ねたような「つきのいえ」で、ヒマラヤを望む露天五右衛門風呂と、地元の鶏や野菜を使ったネパール家庭料理をお楽しみ下さい
  宿泊●つきのいえ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
4ダンプス
アスタム
午前:アスタムへ(1,450m)。尾根沿いの道を進み、農家を訪ねたり、山村の生活を垣間見ながらのんびりハイキング(歩行=約3時間)
午後:マウンテンリゾート「はなのいえ」でのんびりお過ごし下さい。夕食は併設する有機無農薬農法で育てた野菜中心のやさしい味付けの和食です
  宿泊●はなのいえ泊 食事●朝 / 昼 / 夕
5アスタム
ポカラ
カトマンズ
午前:朝の展望を楽しんだ後、車でポカラ空港ヘ。(走行=約1時間)国内線でカトマンズへ戻りフリータイム。(夕食前まで街歩きに便利なタメル地区のホテルをご用意いたします)
夜:民族舞踊を見ながらのちょっと高級なネパール料理フルコースのディナーの後、車で空港へ。
夜:空路、乗り継いで帰国の途へ。
  宿泊●機内泊 食事●朝 /  - / 夕
6乗継地
東京・大阪・名古屋
午後:東京(成田または羽田)・大阪(関西)・名古屋(中部)着。
  宿泊●泊 食事●機内 / 機内 /  - 
出発日・旅行代金(1名様あたり)
東京・大阪・名古屋
2018年4月25日(水)328,000円
2018年5月2日(水)328,000円
2018年9月15日(土)、9月22日(土)298,000円
2018年10月3日(水)、11月21日(水)288,000円
▼以下、出発日が過ぎたツアーは、参考料金としてご覧ください。
2018年4月21日(土)278,000円
ご旅行条件・他
最少催行人員●2名(定員8名)
添乗員●同行なし。現地係員がご案内。
利用予定航空会社●キャセイパシフィック航空、中国南方航空
利用予定ホテル●<カトマンズ> *カゼ・ダルバール、マーシャンディ、ヴァイシャリ、ガンジョン *のホテルは一部バスタブのないシャワーのみの部屋になる場合があります。 <オーストラリアンキャンプ> ロッジ <ダンプス> つきのいえ(男女別の相部屋)、*隣接するロッジ(一人部屋ご利用の場合) <アスタム> はなのいえ
お一人部屋追加代金●25,000円
燃油特別付加運賃(旅行代金に含まれません)●(2017年11月1日)
国際線7,820円~11,400円
ネパール国内線は旅行代金に含んでいます。
●注意点
※「つきのいえ」は5部屋(最大10名様)しかないため、一人部屋の指定はできません。一人部屋ご利用の場合は、隣接するロッジにお泊りいただきます。隣接ロッジにお泊りの方にも食事や五右衛門風呂は「つきのいえ」を利用していただきます。

※2日目のハイキングは標高差300mの登りとなり、ところどころ急な石段が続く部分がありますが、特別な技術や装備は必要ありません。


●旅行代金に含まれないもの
【事前徴収】
(2017年10月現在)
・成田空港諸税2,610円
・羽田空港諸税2,670円
・関西空港使用料3,040円
・中部空港使用料:2,570円
・香港保安税90香港ドル(1,340円)
・香港空港建設費230香港ドル(3,420円)
・広州空港税180元(3,090円)
・カトマンズ空港諸税3,260ルピー(3,540円)

●旅券(パスポート)
ネパール査証(VISA)申請時に有効期間が6ヶ月以上の旅券(パスポート)が必要です。

●査証(VISA)
このご旅行にはネパールの査証(VISA)が必要になります。
査証代金(実費・手数料込み)
・東京申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7320
・大阪申請の場合 ネパール滞在15日以内¥7,620
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。
 
●燃油特別付加運賃及び空港諸税
【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税について をご覧下さい。

いってきました! お客様の声

  • 2016-12-23発/総合評価★★★

お天気にも恵まれ、絶景を楽しむことができたのには満足。荷物はもっと車が運ぶところが多いと思っていたので、あれもこれもとたくさん持っていってしまいました。ポーターさんがサンダルで何人分もの荷物を運んでくださり、本当に申し訳なかったと思っています。のんびりできたことはとてもよかったのですが、ポカラやカトマンズでもう少し時間があったらよかったのに…と思っています。
(ガイドの)Aさんがあれこれ考えてお料理を注文してくださったが(オーストラリアンキャンプ)、Aさんたちと同じものを食べてみたかった。      

  • 2016-12-23発/総合評価★★★★★

朝のマチャプチャレ、アンナプルナの絶景。おいしい料理、最高!

つきのいえ、はなのいえにWiFiの設備を設けてほしい。また、どちらも暖房がなく、早々にベッドインせざるをえないが、暗くて本も読めない。電池式の照明を携行すればよかった。
グループごとに食事を変えるとか、ひと工夫あっても良いのではないか? 例えばオーストラリアンキャンプの夕食は(昼食も)グループごとに注文できたはず。(つきのいえは同じ料理にするほかないですよね)
朝がいいですね。4:30頃の北斗七星。6:30-7:00頃のアンナプルナやマチャプチャレ。7:15頃から早くもガスがかかりはじめ神秘的。ガスや雲のない朝が最高です。

おかえりなさい
つきのいえ、はなのいえにWiFiは、嘗ては賛否両論ありましたが、今は、あの風景、間隙をその場からリアルに伝えたいという要望が多くございます。素朴さを失わないよう心掛けてやってみたいと思います。      

  • 2016-04-30発/総合評価★★★★★

出発前大阪支店のAさん、ガイドのBさん、つきのいえのCさん、カトマンズ支店のDさん、全てが親切で楽しい旅行ができました。
マチャプチャレ、アンナプルナ連邦があまりよく見えなかったのが残念(季節が悪かったのかも) 、また行きたいです。

おかえりなさい
天候が悪くて残念です。またお出かけください。綺麗ですよ!      

すべての「いってきました」を表示
このツアーを仮予約する
お問い合わせフォーム
パンフレットご請求