世界遺産パハルプール訪問と伝統帆船リバークルーズも

2025/2/7(金)発 バングラデシュ・シレット自然探訪8日間 -国内最大の茶畑と滝、インド国境も訪ねる-

6名催行日本語ガイド

バングラデシュ国境の街・ジャフロンJaflong

インドとの国境(Zero Point)を訪問

ラワチャラ国立公園(Lawachara national park)

ラワチャラ国立公園(Lawachara national park)

キリスト教徒でモンゴル系カシ族の村を訪問

ハイビスカスの花

バングラデシュ最大の滝「マドブクンドの滝」

シレット近郊・ホリプール村

シレット近郊・ホリプール村

スリモンゴルの茶畑

街の名物” 7 Layer Tea "

ラワチャラ国立公園(Lawachara national park)

ここから全国に石が運ばれ、主に道路の舗装材の材料になる

ハズラット・シャージャラルの霊廟

伝統帆船でチャーターリバークルーズ

池は人々の生活に密接した存在

リキシャは今でも庶民の足

ショドルガットの渡し舟

ショドルガット船着場

活気あふれる市内

ダッカ市内のフェアトレード店

出発日設定2025/02/07(金)
旅行代金337,000円
出発地東京
POINT
  • ジャフロンで、インド国境の喧騒と採石場の現場を訪問
  • シレットでは国内最大の滝や世界最大規模の茶畑、ジャングルの国立公園へ
  • 喧騒の街ダッカでバングラデシュのエネルギーを感じる
  • 喧騒を離れてベンガル伝統帆船リバークルーズや農村散策も
早割90&120
詳細

5月頃に料金確定予定!

バングラデシュ北東部・シレットで自然探訪

バングラデシュの北東部、インド国境や採石場天然ガスの村国内最大の滝世界最大規模の茶畑ジャングルの国立公園など自然と資源が豊かな場所を訪問するツアーです。

ジャフロンはインドとの国境「Zero Point」で知られる一方、デルタ地帯のバングラデシュにとっては貴重な採石場の町。ここで破砕し細かくされた石が、現在も大掛かりな道路工事が継続する全国の道路建設現場などへ運ばれていきます。

シレットでは、バングラデシュのイスラム教徒にとって聖地とされている、ハズラット・シャージャラルの霊廟、池や岩山や地面から天然ガスが自噴するというホリプール村などを訪問。石油や石炭資源の乏しいバングラデシュでは、シレットの天然ガスが発電の主力である他、ガソリンに代わる燃料としてタクシーなどで広く使われています。

インドのトリプラ州に接し、広大な茶畑で知られるスリモンゴル。国内で大量に消費される紅茶”チャ”と、海外輸出用もほぼこのスリモンゴルで生産されている茶葉です。

ラワチャラ国立公園は、スリモンゴルの東側に広がるジャングルの森の国立公園猿や鳥、昆虫、樹木の解説を公園のネイチャーガイドが解説(英語)してくれます。広大な公園を全て見て回ろうとすると少なくとも3日はかかりますが、自然観察好きの方は主要なエリアを散策するだけでも十分楽しめます。また、国立公園になる前から元々この地で暮らして来たキリスト教徒のカシア族の集落を訪問し、村の方々とお話するのも楽しい時間でお勧めです!

首都ダッカでは人々のエネルギーを感じる一方、喧騒を離れて伝統船で伝統帆船でのんびりリバークルーズ郊外のアムラボ村では農村散策も。

日付 スケジュール 食事 宿泊
1日目

東京ダッカ

午前:東京(成田)より空路、バングラデシュの首都ダッカへ。

ホテル
2日目

ダッカノルシンディー県アムラボ村シレット

午前:車でノルシンディー県・アムラボ村へ(走行=約1時間45分、約50km)。着後、地域密着型で村を支援するNGOスタッフと一緒に、のんびりと農村を散策します。織物工房や民家訪問など村人との交流も楽しめます。

午後:車で、バングラデシュ北東部最大の都市シレットへ(走行=約5時間半、約200km)。

夕刻:着後、ホテルへ。

ホテル
3日目

シレットジャフロンインド国境ホリプールスリモンゴル

午前:車で市内にあるハズラット・シャージャラル(Hazrat Shahjalal)の霊廟へ。14世紀に開拓と共に人々の定住化とイスラム教の布教を行い、信仰を集めた偉人が眠るこの場所は、国内のイスラム教徒にとって聖地とされています。その後、車でインドと国境を接する町、ジャフロンへ(走行=約2時間半、約50km)。着後、石の少ないバングラデシュでは貴重な採石の現場やインドとの国境(ゼロポイント)などを見学

午後:車で、村にある池や岩山や地面から天然ガスが噴出しているホリプールへ(走行=約1時間15分、約35km)。着後、実際にガスが出ている様子を体感してみましょう。その後、車でインドのトリプラ州に接し、広大な茶畑で知られるスリモンゴルへ(走行=約3時間、約100km)。

ホテル
4日目

スリモンゴルマドブクンドの滝スリモンゴル

午前:車で国内最大の落差を誇るマドブクンドの滝へ(走行=約2時間半、約90km)。着後、滝までアップダウンのある舗装道を滝つぼまで歩いて行きます(徒歩※片道=約20分、約1km)。

午後:車でスリモンゴルへ戻ります(走行=約2時間半、約90km)。夕刻:着後、世界でも最大級の茶畑を訪れます。天気が良ければ整然と植えられた茶の木と、葉の蝋質が太陽光に反射してキラキラ輝くその光景をご覧いただけます。また、地元のカフェを訪れてこの街の名物“7 Layer Tea”と呼ばれる、7層になっているお茶を試してみるのも良いでしょう。

ホテル
5日目

スリモンゴルラワチャラ国立公園ダッカ

午前:車でラワチャラ国立公園へ(走行=約15分、約5km)。着後、公園のネイチャーガイドが合流し、公園内にいる猿や鳥、昆虫、樹木を見学したり、キリスト教徒のカシア族の集落を訪問し村人との交流をお楽しみください。

午後:車で一路ダッカへ(走行=約5時間半、約180km)。

夕刻:ダッカ到着。

ホテル
6日目

ダッカ

終日:ダッカ市内・郊外観光。ベンガルの古都ションルガオンを訪問したり、細かい路地に軒を接するバザールなど人々の暮らしが垣間見えるオールドダッカやダッカが水の都だということを感じられる大きな船着場ショドルガット何でも揃う市場・ニューマーケットなどを見学。

ホテル
7日目

ダッカ

午前:車で一路、ポッダ(ガンジス)河の船着場マワ・ガットへ(走行=約35km、約1時間30分)。着後、伝統的クルーズ船PANSI・NAO号でポッダ(ガンジス)河のチャーターリバークルーズを楽しみます(航行=約2時間)。船上では、ベンガル料理の昼食を取り、川に寄り添い生活する人々の暮らしを垣間見ながらゆっくりお過ごしください。

午後:車でダッカ市内へ戻り、世界最大のNGO・BRAC(ブラック)が経営するフェアトレード店『ARONG(アーロン)』を訪問

夕刻:シャワーやパッキングのため、ホテルへ。※お部屋は出発までご利用いただけます。

夜:市内で最後の夕食後、車で空港へ。

深夜:ダッカより空路、帰国の途へ。

機内
8日目

東京

午前:東京(成田)到着。

出発日 旅行代金 出発地 催行状況 他
2025/02/07(金) ¥337,000 東京 募集中
最少催行人員 6名 (定員16名) 添乗員 添乗員は同行しません。 同行なし。現地係員がご案内。(但し10名以上の場合は同行)
利用予定航空会社 ビーマンバングラデシュ航空
利用予定ホテル

<ダッカ>イノテルラグジュアリービジネス、ダッカゴールデンイン
<シレット>ローズビュー、スターパシフィック
<スリモンゴル>パラゴン

一人部屋追加代金 42,000円 ホテル泊
燃油特別付加運賃
(旅行代金に含まれません)
(2024年5月1日)国際線0円

【ご注意】燃油特別付加運賃及び空港諸税についてをご覧ください。

旅券(パスポート)の残存期間 有効期間が6ヶ月以上、未使用査証欄が2ページ以上残っている旅券(パスポート)が必要です。
各国空港税/査証

●事前徴収
(2024年4月1日現在)
・成田空港諸税:3,010円
・国際観光旅客税:1,000円
・ダッカ空港諸税:15,820円

●査証(ビザ)
このご旅行にはバングラデシュの査証(ビザ)が必要です。現地空港取得(実費無料)で取得します。
※外国籍の方は、査証(ビザ)が必要な国が異なりますのでご確認ください。

ビジネスクラス追加代金 お問い合わせください。
その他

●ツアー代金に含まれないもの
各国空港税、燃油付加運賃、査証代金、日程表に含まれない食事代、その他個人的な出費、クリーニング代、追加費用など。

*地方発について
福岡など地方発はお問い合わせ下さい。●より詳細な条件はご旅行条件書(募集型企画旅行)をご確認ください。

・このご旅行は、日本語ガイドがご案内します。

お申し込みの流れはこちら

ツアー仮予約

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他  
2025/02/07(金) ¥337,000 東京 募集中

このツアーに関連するタグ

#自然観察 , #新企画 , #野生動物観察 , #国境 , #船