お客様アンケート「いってきました」とはご旅行アンケートの一部項目を、評価の良否に関わらず公開しています。
おかえりなさい とは弊社代表取締役 原 優二 が書いております。 詳しくはこちら

テーマ別

風カルチャークラブ

バードウォッチング

登山・トレッキング

乗馬ツアー

女子企画

サッカー交流

スタディツアー

自転車の旅

お祭

ハネムーン

クルーズ

ベンガルの伝統と自然が息づく農村で新年を迎える6日間

出発日:2015.12.29

評価:

バングラディッシュの独立の歴史すらうろ覚えの状態で出掛けたのですが、特にUBINIGの新農民運動の活動を知ることが出来て良かったです。現地の人々は知恵も元気もあり、自分たちの活動に誇りと責任を持ち、NGOのリーダーと思しき方も人として尊敬できる風格をお持ちで、本当の豊かさや持続可能性について学びが多かったです。しかも、私が生まれたのと同じ時期からその活動を化学肥料を使えば大きな野菜を楽に沢山作ることが出来るが、逆に健康を害する恐れがあることを伝え、人々の行動を動かしていく。なんと粘り強いことよと思いました。
また、クルーズ船での船下りが正直時間が持つかしらと思っていたけど、船での食事は素晴らしくおいしいし、何より肥沃な大地がもたらしてくれる洪水を期待して川沿いで農業をする姿など、古からの人々の知恵を垣間見られて大満足でした。
バングラでびっくりしたのは、外国人が珍しいのかバシバシスマホで写真を撮られたことです。10代ぐらいの都会の男の子は意外とチャラく、「あなたは美しいから(?)一緒に写真を撮ってくれ」などとしれっと言ってのけます。宗教上の制約がありつつも、歴史上培われてきたものと現代との感覚にギャップがあってその落差が面白いなあと思いました。
ダッカでの人々のギラギラした様子から農村での慎ましい暮らしまで、生きるってシンプルでいいんだよなあと考えさせられた旅でした。

今後とも五感をフル活用できる旅をよろしくお願いいたします。

ベンガルの伝統と自然が息づく農村で新年を迎える6日間

出発日:2015.12.29

評価:

イスラムな国?インド?ネパール?TOYOTA車ばかり走っているけど日本!?・・・隣国のいろいろな要素が凝縮し、”どこにも似ているけどどこでもない”という独特の雰囲気の国でした。また、観光客慣れしていない国でもあるようで、どこでもじろじろ見られてどきどきしますが、みなさんやはりご親切なので、行ってよかったなぁと思います。移動手段やレストラン等も限られタ郊外でどう過ごすか、今回の企画はこの点へのこだわり/研究が素敵だなぁと感じました。

バングラデシュの世界遺産とダッカを巡る8日間

出発日:2015.09.03

評価:

たいへん魅力的な国でした。また行きたいと思っています。

バングラデシュの世界遺産とダッカを巡る8日間

出発日:2015.09.03

評価:

まだ雨季なのに天候に恵まれ、現地の人の生活、食事、買い物と観光、それに撮影も全てに満足した旅行でした。
「アジア最後のフロンティア、バングラデシュ」とAさんが言っておりましたが、まさにその通りで今までの海外旅行の中でも心に感じる旅となりました。ありがとうございました。

水・大地・人に彩られた国 バングラデシュの豊かさを知る7日間

出発日:2014.09.14

評価:

なかなか大手旅行会社では味わうことのできない最高の旅でした!!

【先入り2日間】水・大地・人に彩られた国 バングラデシュの豊かさを知る7日間

出発日:2014.09.12

評価:

###############################################################################################################################################################################################################################################################

水・大地・人に彩られた国 バングラデシュの豊かさを知る7日間

出発日:2014.09.14

評価:

###############################################################################################################################################################################################################################################################