つむじかぜ 766号 楽しい旅情報満載! こんな時こそ気分を盛り上げよう! 号

つむじかぜ766号



楽しい旅情報満載! 
こんな時こそ気分を盛り上げよう! 号


【東京本社 臨時休業のお知らせ】
東京都知事の要請を受け、3/26(木)、3/27(金)については、東京本社を臨時休業させていただきます。お急ぎのご用件の場合は、大阪支店(TEL.0120-987-803)へご連絡いただきますようお願い申し上げます。

【5/15迄の海外ツアー実施取り止めについて】
新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受け、弊社が取り扱う国・地域は日本人の入国制限や入国後14日間の隔離といった政策が打ち出され、事実上ツアー実施が困難となりました。
つきましては、5月15日出発までのツアーは、国内対象ツアーを除き、実施を取り止めさせていただきます

現在、ご旅行代金の返金手続きを進めておりますが、万一漏れがございましたら弊社までご連絡ください。
尚、5月15日以降出発のツアーに関しましては、4月15日ごろに判断し順次ご連絡申し上げます。
弊社といたしましては、可能な限りツアーを実施して参る所存ですが、ご理解のほどお願い申し上げます。

旅をできることが当たり前になっていた私たちにとって、今回のこの事態は、なんの屈託もなく旅の楽しさや旅の素晴らしさを味わえた日々が、どんなに貴重なものだったかを痛感させてくれています。

今は、国や都の要請にも可能な限り協力し、社員一人一人が、自分と家族、友人、同僚を守ることを第一義として臨んでおります。一日も早く収束し、また旅ができるようになる日を待望するとともに、皆様の無事を祈念いたします。

株式会社風の旅行社 代表取締役 原 優二  


特集1 モンゴルの湖畔で嫌なことは忘れてしまおう


2020年度の「風のモンゴル」をお手に取っていただいた方から、反響の多いツアーの一つが「馬に乗らない」モンゴルツアーです。

花満開のシーズンに合わせた設定で満天の星空にも期待できる設定日。野鳥も多くわたってくるフブスグルの湖畔の自然の中でのんびりと過ごしてみませんか?


モンゴルの花・鳥・野生動物と出会う旅

花咲くフブスグル 湖畔の休日8日間

2名催行日本語ガイド

出発日 旅行代金 出発場所 催行状況 他
2020/07/19(日) ¥428,000 東京、大阪 2名催行
2020/07/26(日) ¥398,000 東京、大阪 催行人員到達
フブスグル湖は世界第2位の透明度をほこるモンゴル最大の淡水湖。湖畔の花畑を散策したり、トナカイに会いに行ったり。夜は満天の星空をお楽しみ下さい。

詳細を見る


特集2 【コーカサス特集 第2弾】今度はジョージアを大特集!



栃ノ心やワインの話題で耳にすることが増え、日本ではなじみの薄いコーカサス地方。 (以前はロシア語読みの「カフカス」と呼ばれてました) ジョージアは、コーカサス諸国の中では一番知られた国ではないでしょうか?

旧称グルジア。古くはギリシア神話にも現れ、世界で2番目にキリスト教を国教にした歴史ある地域です。 しかし、それ以外にも知られざる魅力がジョージアにはあります。 美しいコーカサスの山々や、歴史に埋もれかけた中世ジョージアの教会においしい料理などたっぷりご案内いたします。


ジョージア 旅の基本情報ジョージア ツアー一覧


特選! テーマいろいろKAZEの国内企画

「カメラ片手に旅に出る」は、4月4日(土)に玉川上水近辺で開催。ゆっくり撮影しながら4時間、約6キロの行程をを歩きます。―俳句、短歌のように写真で「いま」を切りひらく― あなたのいままでの蓄積を写真に表していきませんか?


出発日設定2020/01/18(土)~2020/06/06(土)
ご旅行代金4,400円
出発地

詳細を見る


出発日設定2020/02/15(土)~2020/05/23(土)
ご旅行代金9,350円
出発地JR青梅線羽村駅、多摩都市モノレール玉川上水駅

詳細を見る


出発日設定2020/04/26(日)
ご旅行代金4,400円
出発地段戸湖駐車場

詳細を見る


\ ツアー・講座カレンダー /



今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載


決して遊んできたわけではありません


youtuberっぽくレポート


参加者の声も



お待ちかね!風のイベント情報

風のイベント


【大阪開催】大草原で乗馬デビュー! 夏のモンゴルツアー説明会

今はまだまだ厳しい寒さがつづくモンゴル。3~4月の春嵐の季節を抜け、6月を過ぎた頃から草原が青くなり始めてベストシーズンへ向かっていきます。皆さんの思い描く青い大草原のシーズンは?どんな服装がいいの?乗馬なんてしたことがないけど出来るの?などなど、皆さんの知りたい情報を写真とともにお話します。少人数の説明会ならではの質問コーナーで旅の悩みもスッキリ!お気軽にお越しください。

  • 日 時:5/9(土)、6/13(土) 15:00~16:00
  • 会 場:ハービスPLAZA3階 旅のセミナールーム(大阪・梅田)
  • 参加費:無料  ※事前申込み制


【東京開催】草原乗馬を詳しく解説! 夏のモンゴルツアー説明会

モンゴルってどんな国? モンゴルの乗馬って実際どんな感じなの? ほんとに未経験者から馬に乗れるの? などなど、モンゴルに行きたいけれど、ちょっと不安な方のための説明会。いずれの会も同内容で開催します。ご都合の良い設定日にご予約ください。

  • 日 時:5/23(土)、6/20(土) 15:00~17:00
  • 会 場:風の旅行社セミナールーム(東京・中野)
  • 参加費:無料  ※事前申込み制


海外サイクリングの魅力を語る -アンコールワット・モロッコ・モンゴル・ヒマラヤ越えほか-

海外での自転車旅の魅力をサイクリングガイドの丹羽隆志さんが楽しい語りで紹介いたします。「海外サイクリングがちょっと気になっていた」という方、まずは写真だけでも見にいらしてみませんか? 当日は、モンゴルスタッフ・ゾルも駆けつけます!

  • 日 時:6/17(水) 19:00~20:30
  • 会 場:風の旅行社セミナールーム(東京・中野)
  • 参加費:無料  ※事前申込み制

 



風の向くまま・気の向くまま ―第五百九十話―

代表取締役 原 優二


●オーバーシュート


「都市封鎖もありうる」いよいよ始まるのかと身構える思いだ。少々コロナ騒動に疲れてきたが、残念かな、コロナとの戦いはこれからが本番だろう。それにしても、欧米と日本の現在の差に驚く。私は、日本は実によくやっていると思う。経済活動を続けながら感染者も抑え込む、というバランスが保たれている国はほとんどないが、日本はそれが今まではできてきた。もちろん、この先は分からない。

日本は、意図的に検査をせず感染者の数を少なく抑えてきた。“何故検査をしないのだ!”と半ばヒステリックな批判を加藤厚労大臣も浴びてきた。中には、こんな誤魔化しをするのは、オリンピックができなくなると困るからだろう、などという批判もあった。

しかし、必要な人だけしか検査しないという方針を頑なに貫き医療崩壊阻止の1点に絞って対応がなされてきた。並行してクラスターを徹底的に追いかけて新たなクラスターに繋がらないようにもしてきた。こんな面倒な作業を粛々とやることが日本人にはできる。感染の拡大するスピードを落としてピークの山を低くするというあの図を、私も何回も見た。その間に医療体制を整え、治療薬ができるのを待つ。この作戦にはつくづく感心した。成功したら国民栄誉賞ものだ。

2009年の新型インフルエンザの教訓が生きているそうだが、専門家、医療関係者をはじめとした多くの方々の献身的な努力の賜物だ。本当に頭が下がる。しかし、次第に感染経路が追えない感染者が増えてきてオーバーシュートが何時起きてもおかしくない、と専門家会議の尾身副座長が記者会見し、それが冒頭の小池都知事の言葉に繋がった。なんとかあと少し持ちこたえてほしいものである。

≫「風の向くまま・気の向くまま」バックナンバー


お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼3月27日(金) 7時00分~7時15分 NHKBSプレミアム 【ネパール】
グレートヒマラヤ撮影日誌 §2エベレスト(10)「大展望!氷の頂へ」
ヒマラヤを東西に貫く世界で最も過酷なトレイル。世界最高峰エベレストを巡り絶景を切りとる。第10話は6187mのパルチャモから2か月間廻ったすべての山々を見渡す!
3月28日(土) 19時30分~21時00分 NHKBSプレミアム 【ペルー等】
異世界ホテル旅「“クセが強い”あるじの宿」
ペルーは登山ガイドが手作りした断崖絶壁に張りつくホテル。誓約書にサインし、命がけで岩を登らなければ宿泊できない。その究極ぶりに斎藤は「手汗をかいてきた」とゾクゾク!
4月2日(木) 12時00分~12時30分 NHKBSプレミアム 【グアテマラ等】
驚き!地球!グレートネイチャー選▽南北アメリカ大激突~中米・マグマと水の奇跡
南北アメリカ大陸の懸け橋、中央アメリカ。そこは80もの活火山がひしめく燃え盛る大地。グアテマラでは、2分おきに噴火する不気味な火山に遭遇!驚異の「火の絶景」を生み出した大地殻変動の謎を解き明かす!


編集後記


クズザンポラー! 激辛も大好き山田です。

先月の編集後記でもふれていましたが、激辛大国ブータンへ出張に行ってきました。当然、たくさんの激辛料理を食べてきたのです。

ブータンの唐辛子はいわゆるブランド唐辛子(ハバネロ、キャロライナリーバー、ブートジョロキア)のような邪悪な辛さのものではなく、基本的に辛い物が好きな方ならおいしく食べられるレベルのものがほとんど。具体的に言うと、辛さを数値化するのにスコヴィル値というものがありますが、おそらく、20,000~40,000SHU程度のものかなと感じます。

ちなみに日本の鷹の爪で40,000~50,000SHU。韓国のチゲなどに使う唐辛子が20,000SHU、有名なハバネロで100,000SHU、キャロライナリーパーはなんと2,200,000SHUだったりします。ということで旨辛メニューを食べたい方はぜひ、「今週の更新情報」からレポートをご覧ください。

(やまだ)



※次号767号は2020年4月2日頃の配信予定です

——————————
 
■つむじかぜ766号(風の旅行社ウェブマガジン)
発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社 
送信日:2020年3月26日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:0120-987-553  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:0120-987-803  FAX:06-6343-7518
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。


つむじかぜバックナンバー


Copyright(C) 2002-2020 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)