つむじかぜ931号 縦横無尽に旅をする! 中央アジアをめっちゃ楽しめ! 号

つむじかぜ931号


縦横無尽に旅をする!
中央アジアをめっちゃ楽しめ! 号


特集1 今年の夏、秋は中央アジアへ 「残席僅か」のツアーが目白押し

今年の夏は中央アジアのツアーが「熱い」! 残席僅かのツアーや、もうすぐ催行決定のツアーが目白押しです。中央アジアの草原を、バザールを、オアシスを、そして古戦場を! 馬で、車で、列車で! 縦横無尽に駆け抜けて下さい!


★8/11発 残席2! まもなく締め切り!

3名催行日本語ガイド早割

夏の間、遊牧民が家畜を放牧する大草原(ジャイロ)となる、高山湖ソンクルへ。峠を越えて、谷を渡り、「ユルタ」に泊まりながらの騎馬トレックです。
出発日設定2024/07/05(金)~2024/08/02(金)
ご旅行代金498,000円~523,000円
出発地東京

詳細を見る

★9/1発 あと1名で催行人員到達!

天山山脈の懐・イシククル湖南岸を馬で旅する

キルギス・絶景騎馬トレック&キャンプ 9日間

4名催行日本語ガイド早割

イシククル湖南岸の高原を、天山山脈を仰ぎ見ながら、ワイルドに馬で旅する3泊4日の騎馬トレックコース。乗馬初級者から、キャンプは初心者でも参加OKです。
出発日設定2024/06/28(金)~2024/08/30(金)
ご旅行代金568,000円
出発地東京

詳細を見る

★9/26発 もうすぐ催行決定!

中央アジア3か国をバスで縦走します。荒涼としたカザフスタンの大地を抜けると、山と森と湖のキルギス。景観や文化を楽しみつつ、玄奘三蔵の足跡もたどります。そしてウズベキスタンの首都タシケントへ。
出発日設定2023/09/26(火)
ご旅行代金555,000円
出発地東京・大阪

詳細を見る

★10/6発 もうすぐ催行決定! 9/22、12/29も集客あり!

2名催行日本語ガイド早割

お米と小麦の両方を主食して食す中央アジアは世界的に見ても珍しい地域です。ウズベキスタンの豊かな食と昔から伝わる手しごとを体験する7日間です。
出発日設定2024/04/26(金)★~2025/01/17(金)
ご旅行代金397,000円~438,000円
出発地東京・大阪

詳細を見る


特集2 国内講座・ツアーをピックアップ 風カルチャークラブ

高野山の植物や樹木、鳥、動物などを観察する2日間の旅。人工の森(ゲンジの森)と、人の手の入らない自然の森を対比して、高野山独自の生物と共存していく森のつくり方や、現状の問題点など大切なポイントを解説いただいき、実際に森を整備するための間伐体験をします。

<日帰り講座>

★7/9(日)は催行決定! 地元在住・政所名積さんが案内する

地元在住・政所名積さんが案内する

里山の昆虫観察 in 秦野 ~オオムラサキを探せ!~

梅雨入りと同時に発生する雑木林の王者オオムラサキ。 上空を悠然と飛ぶ姿、勇猛果敢にライバルを追いかけまわす姿、近くに飛んできたときに聞こえる鳥のような力強い羽音。蝶とは思えない強靭な筋肉が繰り出す迫力の飛翔。梅雨の晴れ間に最も活発に活動します。当日どうか晴れますように・・・ 同時期に発生するルリボシカミキリやヤマトタマムシなども探します!
出発日設定 2024/07/07(日) 催行人員到達 2024/07/10(水) 募集中
ご旅行代金6,490円
出発地神奈川県秦野市(小田急線・秦野駅集合・解散)

詳細を見る

★催行決定・残席僅か! バードウォッチング

出発日設定 2023/07/15(土) 終了
ご旅行代金5,500円
出発地伊豆急行 城ヶ崎海岸駅

詳細を見る


<国内ツアー>

★催行決定・残席あり! 長年現地へ通う山下裕先生が同行

7月下旬は、高原でも湿原でも梅雨が明け、植物観察には絶好の季節です。天気も安定し、ゆったり歩き観察しましょう。春の残りの花や秋に咲く花も見られるでしょう。湿原では、シモツケソウ、ヤナギラン、コバイケイソウなど。高原では、ニッコウキスゲやマツムシソウなどが迎えてくれることでしょう。 車山の山頂から見る蓼科山・八ヶ岳連峰や甲斐駒ヶ岳などの山々の景色も見どころです。
出発日設定 2023/07/22(土) 終了
ご旅行代金46,200円
出発地長野県 JR茅野駅 集合・解散

詳細を見る

★催行決定・まだ募集中! ~小原比呂志さん・藤井久子さんと歩く~

出発日設定 2023/07/28(金) 終了
ご旅行代金53,800円
出発地屋久島空港または安房港

詳細を見る

★募集中! 高野山寺領森林組合の協力で歩く保護林

高野山寺領森林組合の協力で歩く保護林

[終了]【現地集合】9/9(土)発 高野山の森を学ぶ 2日間

6名催行

高野山・奥ノ院と摩尼山周辺、和歌山県が指定する保全上重要なエリアは、千年続く森であり、時代により移り変わってきた森です。巨樹と植物を中心に、高野山寺領森林組合で活動されている西田さんと歩きます。
出発日設定 2023/09/09(土) 終了
ご旅行代金39,800円
出発地高野山

詳細を見る

★募集中! 山伏ガイド・上野勝美さんと歩く大峰奥駈道入門2


《縁shop5》2WAYアドラスバッグ7/5より発売開始!

ウズベキスタン出張から3か月、
コットンとシルクの混合生地アドラスで作った
2WAYアドラスバッグ7/5(水)発売です。
ウズベキスタンの伝統的なテキスタイルであるアドラス生地、
今回は3種類の「ブルー」「イエロー」「ピンク」
の3種類の生地で製作しました。
こちらのバッグは、紐を2重にすると脇に密着したバッグに、
1重にすると巾着にすることができ2通りの使い方ができる
2WAYバッグです。
また、紐はハサミで簡単に切ることができますので、
ご自身にぴったりの長さに調整可能です。
軽くて持ち運びにも便利ですので
旅のお供にも、普段使いにも使えるバッグです。
縁shop5のwebページよりお求めいただけます♪


ウズベキスタンの布小物


風の向くまま・気の向くまま ―第七百五十五話―

代表取締役 原 優二


鈴木裕子さん


日曜日の夕方、秋葉原の電気街は外国人だらけだった。予期してはいたが 「日本人はどこだ!」と叫びたくなるほどの外国人の群れ、群れ、群れ! サブカルチャーの聖地は、賑やかさを通り越して頭痛がしてくるほどだ。中野もサブカルを求め外国人は来るが遥かに大人しい。秋葉原はサブカルの雰囲気ムンムンだ。中野でよかった。私には秋葉原は辛すぎる。

この日は、18時半から万世橋区民会館で“異世界の愉しみ!”というイベントがあり、鈴木裕子さんが「3時間しゃべります。誰か来て」というので、私が拝聴しに出掛けた。鈴木さんとは5月に都心の某ホテルで開催されたモンゴル観光の或るイベントで出会った。「こういう本出しました!」と猛烈に営業をかけられた。

この人、面白そうだと直感し、後日、事務所に来ていただいた。わたしは、彼女のことは知らなかったが、会社には、「その人の本読みました!」というスタッフもいたくらいだから、知る人ぞ知る“話題の人”である。その人の本とは『まんぷくモンゴル!公邸料理人、大草原で肉を食う』(私たちの旅ブックス、鈴木裕子著)だ。題名からしてインパクトがある。

鈴木さんは、在モンゴル日本大使館で3年間公邸料理人をされていた。前職は、保育園で18年間、調理師。本人曰く“給食のおばさん”だった。食べることと作ることが大好きで、日本料理、西洋料理、中国料理、すし料理、給食用特殊料理、麺料理に分かれる専門調理師実技技能士の資格をすべて取得。それを活かしたいと思っていて見つけたのが公邸料理人という仕事。

“外国で料理人の仕事をするなんて面白そう”と応募。「あなたモンゴルでも行く?」という窓口の担当者の意味深長なことばに、モンゴルという国を全く知らずに頷いてしまったようだ。しかも、暑いところよりどちらかというと寒いところがいいという理由だけで! “でも”とは「にでも」なのか「であっても」なのか解らないが、どこか、私と経歴が似ている。

期せずして始まった、モンゴルでの公邸料理人の生活で感じた「食べる」に関することを思いっきり文字に落とした一冊だ。私は、「そうなんだよ。その通り、え? 少し違うかも? え? そんなの初耳だぞ!」ってなことを思いながら楽しく読めた。文章は、何故か詩的な感じがする。簡易な文章だが妙に哲学的でもある。

この本の雰囲気を幾つかのキーワードでお伝えしたい。「赤いはいのちの色」「肉こそ人が食べるもの」「聖なるミルクのおかげさま」「知れば知るほどモンゴルのお乳は飲みものであるより食べものだった」「美味しいはいつもしあわせ」「モンゴルにないものは日本にあるかもしれないが、日本にないものはモンゴルにすべてある」。

鈴木さんは、大好きなモンゴルに健康としあわせを贈りたいと「Japanese chef YUKO’s vegetable and cookbook for MONGOLIANS」というモンゴル語の本をモンゴルで出版された。赤、緑、黄色、茶、白の野菜のカラー写真がふんだんに使われている。モンゴル人に野菜料理を教えるなんてなんと大胆なことかと驚いてしまう。第一、モンゴル人に読んでもらうために日本人が本を書いたという話はあまり聞かない。

この夏は2か月間、日本語が通じない遊牧民の世界で過ごすそうだ。もっとパワフルになって帰ってこられるに違いない。楽しみだ。

≫「風の向くまま・気の向くまま」一覧




今週の更新情報 旅心くすぐる情報満載





お茶の間 旅空間 〜今週の気になるTV番組〜

▼8月7日まで放送予定 (月・火)23:10〜23:15 テレビ朝日【ベトナム】
世界の車窓から「ベトナム南北縦断1800キロの旅」
南北に細長い国土を統一鉄道の長距離列車で旅をする。
▼7月11日(火)06:30〜06:45 NHKBSプレミアム 【沖縄・鳥】
ワイルドライフ 命の輝き 「沖縄 やんばる 飛ばない鳥と地面を掘るキツツキ」
緑に輝く亜熱帯の森で、世界でもこの島にしかいない鳥たちの不思議を見つめた。
▼7月13日(木)12:00〜12:30 NHKBSプレミアム 【サウジアラビア】
驚き!地球!グレートネイチャー「不思議な白黒大地▽初公開サウジアラビア」
外国人の訪問が観光客にも許されるようになり、砂漠の国のイメージを覆す数々の絶景が姿を現す。
▼7月13日(木)18:00〜19:00 NHKBSプレミアム 【トルコ】
世界ふれあい街歩き「トルコ イスタンブール」
大帝国の都、東西交易の拠点として栄えてきた街で歴史を感じ、温かくてエネルギッシュな人々と出会う。
▼7月13日(木)19:30〜21:00 NHKBSプレミアム 【日本の山】
にっぽん百名山「九州の霊峰・英彦山へ 〜修験の道“峰入り古道”〜」
百名山を含む三百名山全てを踏破した田中陽希さんが旅する。

※次号932号は2023年7月13日頃の配信予定です

——————————

■つむじかぜ931号(風の旅行社ウェブマガジン)

発行日 :毎週1回発行
発行 :(株)風の旅行社
送信日:2023年7月6日
送信元 :(株)風の旅行社
■ツアー、ご旅行手配、旅行説明会に関するお問合せ
・東 京
TEL:03-3228-5173  FAX:03-3228-5174
・大 阪
TEL:06-6195-8043  FAX:06-6195-8044
・mail
info@kaze-travel.co.jp
■「つむじかぜ」に関するご意見・ご要望
info@kaze-travel.co.jp
どうぞ、お気軽にご連絡ください。

 

つむじかぜバックナンバー

 

Copyright(C) 2002-2023 KAZE TRAVEL CO.LTD., All rights reserved.
(サイト内の文章・画像の無断転載を禁ず)