原のコロナ休業日記 Vol.17 ハローワークも進化しています

 ハローワークへ行ってきました。これで4回目です。前回は夕方行ったら待ち時間含めて2時間半ほどかかったので、今回は、朝一で行ってみました。西武新宿駅の北口を出て職安通りに出ればすぐです。8時30分に庁舎が開くので8時10分ごろ行きましたが、4番の整理券をもらえ待たずに済みました。

 なんと、郵送で休業計画の提出や支給申請が出来るようになっていました。あまりにも件数が多いのでハローワークの手続きを分業にしたようです。一番時間が掛かるのは最初の相談です。この部分をハローワークのカウンターで担い、他は、「ハローワーク助成金事務センター」が郵送で受けるというわけです。

 最初の相談では、制度が全く分からないので一から質問し説明を受けますから時間が掛かります。その時は分かったつもりでも、会社に帰って書類を作る段になると不明なことが山ほど出てきます。しかし、今は、ハローワークに電話してもつながりませんから、また、ハローワークに行くしかありません。これを何度か繰り返します。初めに提出する申出書と初回の休業計画書に数種類の添付書類を添えますが、休業以外に教育訓練、出向助成などを受けると添付書類は10種類を優に超えます。休業計画を実行したら助成金の支給申請を行いますが、この時にも多くの添付書類の提出が必要です。しかし、これを乗り越えれば、あとは毎月同じことの繰り返しです。休業だけなら、そんなに難しくはありません。

 それでも、申請を諦めてしまう人がいると聞きます。代わりにやってあげたいくらいですが、代理人は不正受給の連帯責任を取らされますので、とてもやる気にはなりません。社会保険労務士もそのため引き受けたがらないのです。確かに面倒ですが、当事者ならやるしかありません。諦めるなんて出来っこありません。

シェアする

コメント一覧

飯田高校18回卒業生です。御社には、ブータン旅行とペルーを個人旅行で組んでいただき楽しみました。 ブータンは、Nさんが添乗いただき、ペルーは、クスコの女性添乗員さんと、カラル遺跡は、現地のガイドさんに添乗していただきました。 こんな時期は、御社のような特長ある旅行社はすごく大変かと思います。何かお手伝いできることがあればいいなと思っています。 皆さんの明るい笑顔が戻ることを心から願っております。

横山 二三男2020.04.29 04:21 pm

休業が延長になったと伺いました。経営されている方として、そのお気持ちは計り知れません。 新型コロナウィルス、仮に収束したとしても、社会が元通りになるのは何年かかるでしょうか。風の旅行社さんも、相当な影響を受けられたと伺います。日本の会社がこの状況ということは、各国の現地スタッフの皆さんも同じ状況ということになります。 休業されているスタッフの皆さん、生活は大丈夫なのでしょうか。健康状態もとても気になります。どうか、お体を大切にし、営業再開された際は、旅行の相談、乗っていただくよう、お願いします。

森 裕記2020.04.29 10:54 pm

コメントを残す

※メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA